岡嵜康悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡嵜 康悦
基本情報
本名 岡嵜 康悦
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-07-03) 1979年7月3日(40歳)
出身地 大阪府大阪市
所属 総合格闘技道場コブラ会
→フリーランス
→中之島MMAアカデミー
身長 171cm
体重 60kg
階級 バンタム級
バックボーン 柔道シュートボクシング空手
テンプレートを表示

岡嵜 康悦(おかざき こうえつ、1979年7月3日 - )は、日本男性総合格闘家大阪府大阪市出身。中之島MMAアカデミー主宰。柔道黒帯。元修斗世界バンタム級王者[1]

来歴[編集]

2004年4月11日、田村貴生戦でプロ修斗デビュー。11月25日、新人王トーナメント決勝で田澤聡と対戦、5分2Rの本戦では岡嵜の反則減点もあり引き分け、延長戦では反対に田澤が反則を犯したため失格となり、岡嵜がフェザー級新人王となった(公式記録は引き分け)[2]

2006年11月4日、田澤聡と2年振りに再戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2007年5月18日、山本篤と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。

2008年3月28日、修斗世界フェザー級(-60kg)王座決定戦で上田将勝と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2009年10月18日、初代修斗環太平洋フェザー級王座決定戦で扇久保博正と対戦。1Rにスリーパーでキャッチを奪われるも、2Rに右フックでダウンを奪いパウンドでKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

2010年7月19日、修斗環太平洋フェザー級王座防衛戦で徹肌ィ郎と対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座の初防衛に成功した[4]

世界王座獲得に専念するために2011年1月30日付けで修斗環太平洋フェザー級王座を返上した[5]

2011年4月29日、修斗伝承 2011で勝村周一朗の持つ修斗世界フェザー級王座に挑戦し、右ストレートでダウンを奪いパウンドでKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年5月18日、修斗世界フェザー級チャンピオンシップで扇久保博正と対戦し、スリーパーホールドで一本負けを喫し王座陥落した。

2013年5月31日、ONE FC初参戦となったONE FC 9の世界バンタム級暫定王座決定戦でビビアーノ・フェルナンデスと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2017年5月、大阪府大阪市北区に自身のジムファイトシェイプジム AQUA UMEDAを開設した。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
16 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
10 3 1 6 0 1 0
5 0 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× アンドリュー・レオーネ 5分3R終了 判定0-3 ONE Championship 38: Tribe of Warriors 2016年2月20日
× ケビン・ベリンゴン 5分3R終了 判定0-3 ONE FC 23: Warrior's Way 2014年12月5日
ユサップ・サーデュラエフ 2R 4:32 TKO(パウンド) ONE FC 18: War of Dragons 2014年7月11日
ジョシュア・アルバレス 2R 3:13 リアネイキドチョーク ONE FC 13: Moment of Truth 2013年12月6日
× ビビアーノ・フェルナンデス 5分5R終了 判定0-3 ONE FC 9: Rise to Power
【ONE FC世界バンタム級暫定王座決定戦】
2013年5月31日
× 扇久保博正 3R 3:32 スリーパーホールド 修斗
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2012年5月18日
勝村周一朗 2R 2:24 KO(右ストレート→パウンド) 修斗伝承 2011
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2011年4月29日
徹肌ィ郎 5分3R終了 判定3-0 修斗 The Way of SHOOTO 04 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜
【修斗環太平洋フェザー級チャンピオンシップ】
2010年7月19日
扇久保博正 2R 2:08 KO(右フック→パウンド) 修斗 SHOOTO GIG TOKYO 3
【修斗環太平洋フェザー級王座決定戦】
2009年10月18日
× 上田将勝 5分3R終了 判定0-3 修斗 BACK TO OUR ROOTS 08
【修斗世界フェザー級王座決定戦】
2008年3月28日
山本篤 5分3R終了 判定2-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 03 2007年5月18日
田澤聡 5分3R終了 判定3-0 修斗 GIG WEST 6 2006年11月4日
田中寛之 5分2R終了 判定2-0 修斗 GIG WEST 5 2006年6月3日
田澤聡 5分2R終了 判定0-0 修斗 THE ROOKIE TOURNAMENT 2004 FINAL
【新人王トーナメント フェザー級 決勝】
2004年11月25日
ホソイ・タカヒロ 5分2R終了 判定2-0 修斗 GIG CENTRAL 6 2004年9月12日
田村貴生 5分2R終了 判定3-0 修斗
【新人王トーナメント フェザー級 1回戦】
2004年4月11日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 加藤紳 4分1R終了 判定20-25 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【フェザー級 1回戦】
2001年9月24日
松尾健一 2R 2:00 腕ひしぎ十字固め 淡路フリーファイト 2001年7月28日

獲得タイトル[編集]

  • 修斗フェザー級新人王(2004年)
  • 初代修斗環太平洋フェザー級王座(2009年)
  • 第7代修斗世界フェザー級王座(2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 当時はフェザー級(-60kg)王座
  2. ^ 生駒、久保山と男の再戦約束 BoutReview 2004年12月16日
  3. ^ 【修斗】逆転KO勝利で岡嵜が初代環太平洋王者に! ガイが風田に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月18日
  4. ^ 【修斗】王者強し!3大タイトルマッチはランバー、土屋、岡嵜が初防衛 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月19日
  5. ^ 岡嵜康悦が環太平洋王座を返上 X-SHOOTO 2011年2月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代修斗環太平洋バンタム級王者

2009年10月18日 - 2011年1月30日

空位
次タイトル獲得者
扇久保博正
前王者
勝村周一朗
第7代修斗世界バンタム級王者

2011年4月29日 - 2012年5月18日

次王者
扇久保博正