レミギウス・モリカビュチス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レミギウス・モリカビュチス
基本情報
本名 レミギユス・モルケヴィチュス
(Remigijus Morkevicius)
通称 レミーガ
リトアニアの闘神
小さなミルコ
国籍  リトアニア
生年月日 (1982-08-10) 1982年8月10日
没年月日 (2016-12-21) 2016年12月21日(34歳没)
出身地 カウナス
所属 リングス・リトアニア
→ティタナス
身長 168cm
体重 66kg
階級 ミドル級HERO'S
バックボーン キックボクシング
テンプレートを表示

レミギウス・モリカビュチスRemigijus Morkevicius1982年8月10日 - 2016年12月21日)は、リトアニア男性総合格闘家キックボクサーカウナス出身。ティタナス所属。

小さなミルコ」「リトアニアの闘神」の異名を持ち、強力なパンチを持つ。

来歴[編集]

幼い頃に当時のリトアニアの不安定な政治情勢(リトアニア独立革命)の影響により、両親の元をやむなく離れ、祖母に預けられて育った。現在祖母は、老人性骨粗鬆症にかかり、杖無しでは歩くことが困難な状況にある。闘病中の祖母の治療費を捻出するためにレミギウスは闘い続けた。

レミギウスは2016年12月21日、リトアニア第2の都市カウナスで射殺された。

2017年3月2日、所英男勝村周一朗が中心に追悼委員会が記者会見し、追悼チャリティTシャツproject「Samurai Remyga-yell」が発表された。

ZST[編集]

2004年11月3日、ZST-GP2 オープニングステージのフェザー級(-65kg)トーナメント1回戦でボウラム・ベラーニと対戦し、右ストレートでKO勝ち。

2005年1月23日、ZST-GP2 ファイナルステージのフェザー級トーナメント準決勝で宮川博孝と対戦。宮川のタックルに膝蹴りをカウンターで合わせ、1RKO勝ち。決勝戦で大石真丈と対戦し、パンチラッシュでKO勝ちを収め優勝を果たした。試合後のマイクアピールで、モリカビチュスは前大会の決勝戦で敗れた後、東洋哲学を学んだことや、利己主義を捨てたことを明らかにした。

HERO'S[編集]

2005年7月6日、初参戦となったHERO'Sのミドル級(-70kg)トーナメント1回戦で村浜武洋と対戦し、1R左フックでKO勝ち。9月7日、HERO'Sミドル級トーナメント準々決勝で高谷裕之と対戦し、2RマウントパンチでTKO負け。

K-1[編集]

2005年10月12日、K-1 WORLD MAX 2005 〜世界王者対抗戦〜でK-1ルールに初挑戦。安廣一哉から6度もダウンを奪った。

2005年11月5日、K-1 FIGHTING NETWORK KOREA MAX 2005でイ・スファンを左ストレートでKO。また、4度ダウンを奪った。

2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!にて永田克彦と対戦し、判定負け。

2006年2月4日、K-1 WORLD MAX 日本代表決定トーナメントのスーパーファイトにて我龍真吾に1R開始8秒左跳び膝蹴りでKO勝ち。なお、この試合はK-1史上における最短KO記録である。

2006年4月5日、K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント開幕戦で魔裟斗と対戦。2RTKO負け。

2008年7月7日、K-1 WORLD MAX 2008 FINAL8のスーパーファイトでアンドレ・ジダと対戦し、1RKO負け。

2010年3月28日、K-1 WORLD GP 2010 IN WARSAW -EUROPE GP Elimination Tournament A-のスーパーファイトでミハウ・グロガフスキーと対戦し、ドロー。

2010年4月10日、K-1 WORLD GP 2010 IN VILNIUS -EUROPE GP Elimination Tournament B-のスーパーファイトでジョエル・クノークと対戦し、1RKO勝ち。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 12 4 0 0 0 0
5 1 3 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
稲津航 1R 1:15 KO(左ストレート) ZST.9 2006年2月18日
× 永田克彦 5分2R終了 判定0-3 K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! 2005年12月31日
Ramazi Jakharydze 1R 0:08 KO(キック) HERO'S LITHUANIA 2005 2005年11月26日
× 高谷裕之 2R 4:16 TKO(マウントパンチ) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2005年9月7日
村浜武洋 1R 1:14 KO(左フック) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2005年7月6日
ダニー・ベルゲン 腕ひしぎ十字固め Shooto Lithuania: Chaosas 2005年4月7日
大石真丈 1R 3:13 KO(スタンドパンチ連打) ZST-GP2 ファイナルステージ
【フェザー級トーナメント 決勝】
2005年1月23日
宮川博孝 1R 0:48 KO(跳び膝蹴り) ZST-GP2 ファイナルステージ
【フェザー級トーナメント 準決勝】
2005年1月23日
ダニー・ベルゲン 1R 1:12 三角絞め Shooto Lithuania: Bushido 2004年11月20日
ボウラム・ベラーニ 1R 0:05 KO(右ストレート) ZST-GP2 オープニングステージ
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2004年11月3日
× 小谷直之 1R 2:07 腕ひしぎ十字固め ZST BATTLE HAZARD 01 2004年7月4日
× 所英男 1R 3:30 三角絞め ZST.5 2004年5月5日
アルテミジェ・シテンコフ 1R 1:28 フロントチョーク Shooto Lithuania: Vendetta 2004年4月4日
内山貴博 1R 1:48 KO(左ストレート) ZST GT-F 2004年3月7日
× マーカス・アウレリロ 1R 1:48 三角絞め ZST GP 決勝大会
【準決勝】
2004年1月11日
矢野卓見 1R 4:37 KO(パワーボム) ZST GP 決勝大会
【2回戦】
2004年1月11日
メノー・ディクストラ 1R 0:20 KO(膝蹴り) ZST GP 開幕戦
【1回戦】
2003年11月23日
坪井淳浩 1R 0:41 KO(膝蹴り) THE BATTLE FIELD ZST 4 2003年9月7日
所英男 1R 1:45 KO(膝蹴り連打) THE BATTLE FIELD ZST 3 2003年6月1日
坪井淳浩 2R 1:37 KO(右膝蹴り) THE BATTLE FIELD ZST 2 2003年3月9日
ダリウス・バルリス 1R 2:05 チョークスリーパー RF 2002: Vol. 2 2002年4月28日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジョエル・クノーク 1R 0:39 KO K-1 WORLD GP 2010 IN VILNIUS -EUROPE GP Elimination Tournament B-
【スーパーファイト】
2010年4月10日
ミハウ・グロガフスキー ドロー K-1 WORLD GP 2010 IN WARSAW -EUROPE GP Elimination Tournament A-
【スーパーファイト】
2010年3月28日
レオ・ボニンゲール 3R終了 判定3-0 MMA BUSHIDO HERO'S 2008
【K-1ルール】
2008年11月8日
× アンドレ・ジダ 1R 1:43 KO(右アッパー) K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8
【スーパーファイト】
2008年7月7日
× 魔裟斗 2R 1:56 TKO(タオル投入) K-1 WORLD MAX 2006 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【1回戦】
2006年4月5日
我龍真吾 1R 0:08 KO(左跳び膝蹴り) K-1 WORLD MAX 2006 〜日本代表決定トーナメント〜
【スーパーファイト】
2006年2月4日
イ・スファン 2R 2:50 KO(左ストレート) K-1 FIGHTING NETWORK KOREA MAX 2005 2005年11月5日
安廣一哉 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2005 〜世界王者対抗戦〜 2005年10月12日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]