ZST王者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ZST王者一覧は、総合格闘技団体「ZST」の王座変遷表である。5分無制限ラウンド制が採用されていたが、2010年のZST.23から5分5ラウンド制に変更となった[1]

王座[編集]

ウェルター級(-75.0kg)[編集]

氏名 在位期間 防衛回数 備考
日本の旗 内村洋次郎 2007年10月7日 - 2008年12月20日 0
- 空位 2008年12月20日 - 2009年1月25日 - 内村のライト級転向により空位
2 日本の旗 渋谷修身 2009年1月25日 - 2010年5月2日 0
- 空位 2010年5月2日 - 2011年11月23日 - 渋谷の引退により空位
3 日本の旗 山田哲也 2011年11月23日 - 2013年11月2日 1 ○ 濱岸正幸(ZST.33)
- 空位 2013年11月2日 - 2013年11月23日 - 山田のライト級転向により空位
4 日本の旗 濱岸正幸 2013年11月23日 - 2016年7月3日 2 ○ 高橋弘(ZST.46)
○ 山田崇太郎(ZST.48)
- 空位 2016年7月3日 - 2016年8月7日 - 濱岸の王座剥奪により空位
5 日本の旗 山田崇太郎 2016年8月7日 - 現在 0

ライト級(-70.0kg)[編集]

氏名 在位期間 防衛回数 備考
日本の旗 小谷直之 2012年11月23日 - 2016年7月3日 0
- 空位 2016年7月3日 - 現在 - 小谷の王座返上により空位

フェザー級(-65.0kg)[編集]

氏名 在位期間 防衛回数 備考
日本の旗 奥出雅之 2011年11月23日 - 2013年11月11日 1 ○ 伊藤健一(ZST.33)
- 空位 2013年11月11日 - 2013年11月23日 - 奥出の負傷により空位
2 日本の旗 森興二 2013年11月23日 - 2014年10月16日 0
- 空位 2014年10月16日 - 2014年11月23日 - 森の体重超過により空位
3 日本の旗 加藤惇 2014年11月23日 - 現在 1 ○ 樋沼朝光(ZST in YOKOSUKA vol.2)

バンタム級(-60.0kg)[編集]

氏名 在位期間 防衛回数 備考
日本の旗 藤原敬典 2009年5月24日 - 2015年5月24日 4 清水俊一(ZST.23)
○ 清水俊裕(ZST.27)
○ 房野哲也(ZST.31)
○ 倉岡幸平(ZST.43)
2 日本の旗 柏崎剛 2015年5月24日 - 現在 2 ○ 加藤惇(ZST.49)
○ 渡部修斗(ZST.53)

フライ級(-55.0kg)[編集]

氏名 在位期間 防衛回数 備考
日本の旗 田沼良介 2010年11月23日 - 2014年8月11日 1 ○ 矢島雄一郎(ZST.33)
- 空位 2014年8月11日 - 2014年8月31日 - 田沼の王座返上により空位
2 日本の旗 八田亮 2014年8月31日 - 2015年2月22日 0
3 日本の旗 伊藤盛一郎 2015年2月22日 - 現在 2 ○ 矢島雄一郎(ZST.47)
○ 坂巻魁斗(ZST.50)
日本の旗 坂巻魁斗 2015年11月23日 - 2016年4月17日 0

トーナメント[編集]

大会 階級 氏名 開催年月日
ZST GP ライト級 ブラジルの旗 マーカス・アウレリロ 2004年1月11日
GT-F フェザー級 日本の旗 所英男 2004年3月7日
ZST GP2 フェザー級 リトアニアの旗 レミギウス・モリカビュチス 2005年1月23日
GT-F2 フェザー級 アメリカ合衆国の旗 バレット・ヨシダ 2006年5月27日
フェザー級王者決定トーナメント フェザー級 日本の旗 奥出雅之 2011年11月23日
ウェルター級王者決定トーナメント ウェルター級 日本の旗 山田哲也 2011年11月23日
ライト級王者決定トーナメント ライト級 日本の旗 小谷直之 2012年11月23日

脚注[編集]

外部リンク[編集]