南条隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤城
プロフィール
リングネーム 赤城
南条 隼人
ミラクルマン
マッハ隼人(2代目)
ダークレンジャー
牛若丸
本名 植栗 正和
身長 170cm
体重 90kg
誕生日 (1967-12-08) 1967年12月8日(51歳)
出身地 群馬県前橋市
所属 北阪神プロレスリング
スポーツ歴 キックボクシング
トレーナー ミスター・ヒト
ジョージ高野
高野拳磁
デビュー 1993年2月13日
テンプレートを表示

赤城(あかぎ、1967年12月8日 - )は、日本覆面レスラー。本名:植栗 正和(うえくり まさかず)。

経歴[編集]

1993年2月13日PWCにて牛若丸のリングネームで、対弁慶(保坂秀樹)戦にてデビューし、その後FMWにて「超電戦士バトレンジャー」のライバル「ダークレンジャー」として1993年10月15日に再デビュー、1994年7月17日にマッハ隼人(2代目)のリングネームでデビュー、1995年7月に覆面を脱ぎ素顔に、その後、フリーとなって新日本プロレスなどで活躍。

その後、大阪プロレスでヒーロー系覆面レスラー「ミラクルマン」として活動しているという噂があったが、2011年1月9日、TAKAみちのくによって正体を暴かれて1月26日、大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナでの「ミラクルマン興行」で対戦。

2011年6月3日、プロレス興行会社「FFFプロレスリング」を設立して8月27日に大阪府立体育会館第二競技場で旗揚げすることを発表[1]

9月、地域密着型のプロレス団体「京都プロレス」を旗揚げすることを発表[2]

12月28日、大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナで開催された『三都物語』での土井成樹とFFFタッグ選手権に挑戦しクボタブラザーズに勝利し2代目王者に輝く。

2012年1月、方向性の相違から京都プロレスを退団。

4月22日、大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナで開催された『南条隼人20周年記念興業~FOREVER ROAD』で藤波辰爾とシングル戦を行う。

5月、FFFプロレスリングがC&Bグループの傘下に入る。

6月29日、、大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナで開催された『FRONTIE ROAD』で「アップルみゆき」とノーロープ有刺鉄線ストリートトルネードタッグデスマッチFFFタッグ選手権に挑戦し、空牙ブギーマンに勝利して3代目王者に輝く。

8月26日、京都FAN-Jで開催されたFREEDOM ROADではメインゲストのジャガー横田の欠場にも関わらず、満員の中でFFFタッグ選手権に挑戦して来たツバサRay相手に初防衛に成功する。

2013年4月14日後楽園ホールにて開催されたKAIENTAI DOJO主催興業で、長年の夢だった、インディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級王座に挑戦し、王者、リッキー・フジに見事勝利してチャンピオンの座に輝く。

11月3日、「FFプロレスリングの道場であるFFF Factoryのオープニングイベントが開催されて各界の著名人や有名プロレス団体からも、お祝いが届いた。 その後、FFF Factoryでは毎月Factory Gameが開催され、シークレットゲストにはコンドル村浜武洋くいしんぼう仮面、ツバサなどが出場している。

9月1日、FFFプロレスリングは解散したことにより予定されていた試合は全て中止となった。

12月23日、アパッチプロレス軍大会にてレスラー活動再開。

2016年2月13日、デビュー記念日に赤城に改名。

4月10日、川西市アステホールで赤城は自身が設立した北阪神プロレスリングの旗揚げ戦を開催。

得意技[編集]

赤城プレス(旧:ハリケーンプレス)
スカイツイスタープレスと同型。
赤城ドライバー(旧:ハリケーンドライバー

タイトル歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • 兜王ビートル(2005年、河崎実監督)‐兜勇一/兜王ビートル役(主演)
  • おっさんのケーフェイ(2019年月16日、谷口恒平監督)‐森田真司役[3]

脚注[編集]

  1. ^ FFF(トリプルF)プロレスリング - 南条(マッハ)隼人のRe☆start 2011年6月3日
  2. ^ 明日京都プロレスプレ旗揚げ!! - 南条(マッハ)隼人のRe☆start 2011年9月22日
  3. ^ おっさんのケーフェイ” (日本語). 映画-Movie Walker. 2019年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]