両国ピーターパン2011〜二度あることは三度ある〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
両国ピーターパン2011〜二度あることは三度ある〜
イベント詳細
シリーズ 両国ピーターパン
主催 株式会社DDTプロレスリング
開催年月日 2011年7月24日
開催地 日本の旗 日本 東京都墨田区
会場 両国国技館
試合数 9試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 8,660人(超満員)

両国ピーターパン2011〜二度あることは三度ある〜』(りょうごくピーターパンにせんじゅういち〜にどあることはさんどある〜)とは、日本のプロレス団体DDTプロレスリングによる、両国国技館で行われた興行である。

概要[編集]

  • 2010年2度目の両国国技館大会にて次期大会開催を発表。
  • 過去の大会同様、ダーク・マッチは国技館側との交渉を経て特例として国技館全域を使って行われた。そのため観客のほとんどが試合を追いきれないため、会場内のモニターにその模様が中継された。
  • 肛門爆破は事前に投票による選挙で選ばれ、去年に引き続き中澤マイケルの肛門爆破がオープニングセレモニーとして行われた。起爆は国内引退をしたディック東郷がバズーカ砲によって行った。
  • 全試合終了後、翌年の大会は日本武道館での開催を発表。今回も選手を除く一部の関係者しか知らされていなかった。

全試合結果[編集]

ダークマッチ 大中華統一中原タッグ選手権試合
ザ・グレート・サスケ
リッキー・フジ
(王者組)
21分3秒
シットダウンひまわりボム
高木三四郎
澤宗紀
(挑戦者)
王者組が防衛に失敗。変態★大社長が王者組となる。
第1試合 次世代ドラマチックファイト
石井慧介 9分25秒
ニールキック
入江茂弘
第2試合 アイアンマンランブル
アントーニオ本多
(挑戦者)
21分46秒
卍固め
佐々木大輔
(第869代王者)
[退場順]ゴージャス松野、美月凛音大石真翔チェリー愛川ゆず季ヨシヒコタノムサク鳥羽泉州力DJニラ星誕期ミスター6号菊地毅さくらえみ、佐々木大輔
ゴージャス松野
(挑戦者)
16時49分
花道にて
ゴージャス☆スクールボーイ
アントーニオ本多
(第870代王者)
ゴージャス松野が第871代王者となる
第3試合 スペシャルシングルマッチ
MIKAMI 8分41秒
ヴォルカニックボム
ポイズン澤田JULIE
第4試合 KO-Dタッグ選手権試合 4WAYタッグ
中澤マイケル
ケニー・オメガ
(挑戦者)
13分15秒
オメガのクロイツ・ラスからのジャックナイフ式エビ固め
GENTARO
ヤス・ウラノ
(挑戦者)
マサ高梨
関本大介
(挑戦者)
16分37秒
ぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールド
中澤マイケル
ケニー・オメガ
(挑戦者)
マサ高梨
関本大介
(挑戦者)
23分31秒
雪崩式タカタニック
HARASHIMA
HERO!
(王者組)
マサ・関本組が王者となる
第5試合 サマーナイトフィーバーin両国 5対5イリミネーションマッチ
高木三四郎
佐藤光留
高尾蒼馬
平田一喜
彰人
24分20秒
ダインビングギロチンドロップ
矢郷良明
松永智充
スーパー・シット・マシン
大家拳號
鈴木みのる
●彰人 4分43秒 殺人コブラツイスト 矢郷○
○平田 7分10秒 横入り式回転エビ固め マシン●
●平田 7分46秒 バックドロップ 松永○
○佐藤 12分40秒 OTR 矢郷●
●佐藤 14分36秒 ゴッチ式パイルドライバー みのる○
▲高木 18分20秒 OTR みのる▲
○高尾 20分13秒 OTR 大家●
第6試合 IWGPJr.ヘビー級選手権試合
飯伏幸太
(王者)
13分50秒
フェニックス・スプラッシュ
プリンス・デヴィット
(挑戦者)
飯伏が初防衛に成功
第7試合 スペシャルシングルマッチ 3分30R
男色ディーノ 3R 2分58秒
ゲイ道クラッチ
ボブ・サップ
メインイベント KO-D無差別級選手権試合 無制限一本勝負
石川修司
(第36代王者)
27分24秒
ダイビングダブルニードロップ
KUDO
(挑戦者)
第36代王者が防衛に失敗、KUDOが第37代王者に認定される。

外部リンク[編集]