諸橋晴也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諸橋 晴也
諸橋 晴也の画像
プロフィール
リングネーム 諸橋晴也
ビッグ諸橋
ビッグ・ルード
謎覆面M
諸橋晴子
本名 諸橋 晴也
身長 171cm
体重 85kg
誕生日 1977年8月24日
出身地 千葉県流山市
所属 フリーランス
デビュー 1997年
テンプレートを表示

諸橋 晴也(もろはし せいや、1977年8月24日 - )は日本プロレスラー千葉県流山市出身。フリーランス。身長171cm、体重85kg。AB型。弟に元プロレスラーの諸橋正美

来歴[編集]

折原昌夫が主催していたメビウスに入門し、1997年5月17日IWA・JAPAN北茨城市民体育館大会における対江川英知戦でデビュー。1999年1月15日WAR後楽園大会において、ドクターストップのかかった江川の引退マッチで再デビュー(江川は翌年復帰)。その後休業していたが2002年6月6日、Club ATOM大会の対スーパー宇宙パワー戦でDDTプロレスリング所属選手として復帰。2009年1月1日付けでユニオンプロレスに移籍した。

2011年6月2日より村上和成(ビッグ村上)からリングネームを譲り受ける形で「ビッグ諸橋」に改名。その後、ユニオンプロレスに参戦した師匠格の折原から「ルード(ヒール)になれ」と指南されるが、2012年1月3日の試合でリック・ルードをモチーフとしたキャラクターにチェンジ。リングネームを「ビッグ・ルード」とした。同年7月29日より「諸橋晴也」に戻す。

2012年9月、DDTの新規事業としてストレッチ専門店「ベストストレッチ」が開店。トレーナーとしての経験を買われ、諸橋が店長に就任した。

2015年10月、ユニオンプロレス解散に伴い、DDTに復帰。

2016年3月いっぱいでDDTを退団。今後はフリーとして活動。ベストストレッチ柏店では通常通りの勤務を行う。のちに独立するため柏店が閉店。

人物[編集]

マイクパフォーマンス中は、「このヤロー!!」をよく使用し、ひとしきりしゃべった後、「バーカ!!」と言って退場することが多い。

髪の毛が少ないため、事ある毎にネタにされている。このため、増毛・ウィッグ販売を手掛けるスヴェンソンのモニターに選ばれ、広告に起用されている。

クリス・ベノワを尊敬しており、彼の得意技を使いこなす。

2008年と2009年にはボディビルに挑戦し、千葉県大会および関東クラス別選手権で好成績を収めた。

DDTの総選挙での演説放送の際は変なおじさんになりきって登場する。時折試合でも変なおじさんをモチーフとしたムーブを披露する。

得意技[編集]

クォーラルボンバー
技名の由来は漫画『キン肉マン』に登場したネプチューンマンの同名の必殺技。
クォーラル・ドライバー
垂直落下式ブレーンバスター
クリップラー・クロスフェイス
シャープシューター
ワイルドボム
非常に速い速度で叩きつける変型のパワーボム。
ジャーマン・スープレックス
ダイビング・ヘッドバット

タイトル歴[編集]

DDTプロレスリング

入場曲[編集]

  • NOFX 「Don't Call Me White」

外部リンク[編集]