NOFX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NOFX
NOFX5.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ジャンル メロディック・ハードコア
パンク・ロック
スカ・パンク
活動期間 1983年 -
レーベル エピタフ・レコード
ファット・レック・コーズ
公式サイト NOFX // officialwebsite
(英語)
メンバー エリック・サンディンドラムス
エリック・メルヴィンギターボーカル
ファット・マイクベース、ボーカル)
エル・ヘーフェギタートランペット、ボーカル)
旧メンバー スコット・セラーズ (ドラムス)
スコット・アルダール (ドラムス)
デイヴ・アレン (ボーカル)
デイヴ・カシラス (ギター)
スティーヴ・キッドウィラー (ギター)

NOFXノーエフエックス)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のパンク・ロック・バンド。

特色[編集]

パンク・ロックメロディック・ハードコア(メロコア)の草分け的存在。非常にスピーディでポップな楽曲が特徴であり、近作ではキーボードなども取り入れた幅広いサウンドを持つ。スカ、メタル、カントリーなどの楽曲も秀逸であり、その影には途中加入したエル・ヘーフェの存在が大きい。殊にドラムの、いわゆる「ツービート」の速さは他に類を見ないBPMであり、さらにライブではより加速する傾向にある。

特に人気のある曲は

Linoleum

The Quitter

Bottles to the Ground

The Longest Line

Nowhere

Dinosaurs Will Die

My Vagine

This Machine Is 4

Green Corn

Bob

Separation of Church and Skate

Louise

Falling in Love

Six Years on Dope

The Malachi Crunch

I'm Telling Tim

Leave it Alone

Total Bummer

13 Stitches

Liza and Louise

Seeing Double At The Triple Rock

72 Hookers

It's My Job to Keep Punk Rock Elite

Flanco Un-American

Soul Doubt

The Brews

My Sycophant Others

Stickin In My Eye

Mattersville

Day to Daze

Cokie The Clown

The Moron Brothers

Please Play This Song On The Radio

She Didn't Lose Her Baby

Pt.y Enema

などである。

略歴[編集]

1983年、当時高校生だったファット・マイク(本名:マイク・バーケット)、エリック・サンディン、エリック・メルヴィンによって結成された。バンド名はネガティヴFXに因んでつけられており、「ダサいバンドにはなりたくない」と言う意味でNOFXとなった。実質的なリーダーであるファット・マイクより、ギターのエル・ヘーフェの方がファットである。

ハイスクール時代に組まれたバンドであった為、私生活の事情などによって結成当初はバンドの入れ替えが激しかった。1989年に発売したアルバム『リベラル・アニメーション - Liberal Animation - 』と『S&Mエアラインズ - S&M Airlines - 』によりヒットするものの、当時メンバー内でマリファナが流行し、それに嫌気がさしてスティーヴ・キッドウィラーが脱退しエル・ヘーフェがメンバーとなって以降は現在までメンバーを変えずに続けている。

メンバーのファット・マイクは独自のレーベルであるファット・レック・コーズ1991年に立ち上げ、日本人ではHi-STANDARDが在籍し、同バンドに対してのプロデュースをして彼らを日本に逆輸入という形でヒットさせる。また、SUM 41などNOFXに影響されたアーティストは多い。The War on Errorismからは同レーベルから発売されている。以前まで在籍していたエピタフ・レコードとの関係は良好のようで、同レーベルのコンピレーションアルバムにはエピタフの社長であるブレット・ガーヴィッツを擁するバッド・レリジョンも参加している。このアルバムにはNOFX以外にグリーン・デイオフスプリングSUM 41ランシドなども参加している。他にもファット・マイクはフー・ファイターズのクリス・シフレットらと共にME FIRST AND THE GIMME GIMMESというバンドを組みカバー曲をパンク風にアレンジしている。

日本版CDは高価という理由からか、10年以上「日本版」のアルバムCDは出していない。

メンバーの変遷[編集]

1983[編集]

  • エリック・サンディン (Erik Sandin) -ドラム
  • エリック・メルヴィン (Eric Melvin) ギター
  • ファット・マイク (Fat Mike) -ベース、ヴォーカル

1985[編集]

  • スコット・セラーズ (Scott Sellers) -ドラム
  • エリック・メルヴィン (Eric Melvin) -ギター
  • ファット・マイク (Fat Mike) -ベース、ヴォーカル

1986[編集]

(2週間)

  • スコット・アルダール (Scott Aldahl) -ドラム
  • デイヴ・アレン (Dave Allen) -ヴォーカル ※交通事故により死去
  • エリック・メルヴィン (Eric Melvin) -ギター
  • ファット・マイク (Fat Mike) -ベース

1986[編集]

  • エリック・サンディン (Erik Sandin) -ドラム
  • エリック・メルヴィン (Eric Melvin) -ギター
  • ファット・マイク (Fat Mike) -ベース、ヴォーカル
  • デイヴ・カシラス (Dave Casillas) -ギター

1989[編集]

  • エリック・サンディン (Erik Sandin) -ドラム
  • エリック・メルヴィン (Eric Melvin) -ギター
  • ファット・マイク (Fat Mike) -ベース、ヴォーカル
  • スティーヴ・キッドウィラー (Steve Kidwiller) -ギター

1991 - 現在[編集]

  • エリック・サンディン (Erik Sandin) -ドラム
  • エリック・メルヴィン (Eric Melvin) -ギター、ヴォーカル
  • ファット・マイク (Fat Mike) -ベース・ヴォーカル
  • エル・ヘーフェ (El Hefe) -ギター、トランペット、ヴォーカル

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Maximum Rocknroll (1988)
  • Liberal Animation (1988)
  • S&M Airlines (1989)
  • Ribbed (1990)
  • White Trash, Two Heebs and a Bean (1992)
  • Maximum Rocknroll (1992 再リリース)
  • Punk in Drublic (1994)
  • Heavy Petting Zoo (1996)
  • So Long and Thanks for All the Shoes (1997)
  • Pump Up the Valuum (2000)
  • The War on Errorism (2003)
  • Wolves in Wolves' Clothing (2006)
  • Coaster (2009)
  • The Longest EP (2010)
  • Self Entitled (2012)
  • First Ditch Effort (2016)

EP[編集]

  • NOFX (1986)
  • So What If We're on Mystic! (1986)
  • The P.M.R.C. Can Suck on This! (1987)
  • The Longest Line (1992)
  • Liza and Louise (1992)
  • Don't Call Me White (1994)
  • Leave it Alone (1995)
  • HOFX (1995)
  • Fuck the Kids (1996)
  • Louise and Liza (1997)
  • All of Me (1996)
  • Timmy the Turtle (1999)
  • The Decline (1999)
  • Bottles to the Ground (2000)
  • Pods and Gods (2000)
  • Fat Club 7 (2001)
  • Surfer (2001)
  • Regaining Unconsciousness (2003)
  • 13 Stitches (2003)
  • 7" of the Month Club (2005 - 2006)
  • Never Trust a Hippy (2006)
  • Cokie the Clown" (2009)

ライブアルバム[編集]

  • I Heard They Suck Live!! (1995)
  • They've Actually Gotten Worse Live(2007)

スプリット[編集]

  • Drowning Roses/NOFX Split (1988)
  • BYO Split Series, Vol. 3 (2002) (ランシドとのスプリット)

コンピレーション[編集]

  • Maximum Rocknroll (1992)
  • 45 or 46 Songs That Weren't Good Enough to Go on Our Other Records (2002)
  • 22 Songs that Weren't Good Enough to go on Our Other Records (2002)
  • The Greatest Songs Ever Written (By Us!) (2004)

ビデオ[編集]

  • Ten Years of Fuckin' Up (1994) VHS(後にDVDでも発売)
  • Backstage Passport (2009)

参考文献[編集]

『NOFX自伝 間違いだらけのパンク・バンド成功指南』発売日:2017年11月17日 出版社:DU BOOKS 著者:NOFX+ジェフ・アルリス 翻訳:志水亮 ISBN 978-4-86647-036-8

外部リンク[編集]