百田力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
百田 力
百田 力の画像
プロフィール
リングネーム
ダースバラモン
本名 百田 力
ニックネーム 力道山三世
身長 180㎝
体重 90㎏
誕生日 (1981-10-24) 1981年10月24日(35歳)
出身地 東京都
所属 フリー
スポーツ歴 レスリング
トレーナー 百田光雄
折原昌夫
デビュー 2013年12月16日
テンプレートを表示

百田 力(ももた ちから、1981年10月24日 - )は、日本プロレスラーリングネーム(ちから)。

実父はプロレスラーの百田光雄、祖父は力道山

経歴[編集]

土浦日本大学高等学校時代にレスリング部に所属。日本大学法学部卒業後、2004年プロレスリング・ノアの練習生になるもデビューに至らなかった。

その後、スポーツインストラクターに転職するも再びプロレスラーとなるべく2013年2月に天龍プロジェクトに入団して練習生となった[1]。父の百田光雄折原昌夫より指導を受けて12月16日、「力道山没50年追悼記念興行」にて「力」のリングネームでプロレスデビューを果たした。父の光雄と組んで、折原とNOSAWA論外のタッグと対戦。光雄が論外を沈め、勝利した[2][3]

第2戦は、2014年1月4日のスターダム郡山ビッグパレットふくしま大会「東日本大震災復興支援チャリティーイベントFUKUSHIMA DREAM Vol.2〜New Year's STARDOM Festival&食・美味フェスタ」。父・光雄とのタッグでがばいじいちゃん&HIROKI組と対戦。光雄がじいちゃんを下して勝利[4]

第3戦は、2014年1月13日のジ・ウィンガー自主興行「ルチャ・ウィンガー・リブレ」で、折原昌夫と組み高岩竜一&HIROKIと対戦[5]

第4戦は、2014年3月に折原昌夫が主催するメビウス。初のシングルとしてHIROKIとのシングルで対戦するも敗北。

その後は、リアルジャパンプロレス東京愚連隊自主興行にも参戦。間下隼人&ウルティモ・ドラゴン&グラン浜田 vs 力&折原昌夫&百田光雄の試合が組まれた。愚連隊興行では父・光雄と組み、高木三四郎と、DDTプロレスリング映像班で元学生プロレスの今成夢人とのタッグと対戦[6]

2015年後半よりプロレスリングFREEDOMSに定期参戦。バラモン兄弟と結託してリングネームをFREEDOMS限定でダースバラモンに改める。その後リングネームを力に戻し以降も参戦継続。2016年にはFREEDOMSにて『試練の七番勝負』が行われ、

番外戦と合わせた9戦で第2・5戦のリングアウトと最終戦で3勝をあげた。

得意技[編集]

アンリミテッドパワー
セーバーチョップ
トップロープからジャンプして放つダイビング袈裟斬りチョップ。技名はスター・ウォーズに登場する武器「ライトセーバー」が由来。

タイトル歴[編集]

メディア出演[編集]

脚注[編集]