川村亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロッキー川村
KAWAMURA1399.jpg
基本情報
本名 川村 亮
通称 スマイル 亮くん
笑顔の若武者
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-06-29) 1981年6月29日(37歳)
出身地 岐阜県
所属 パンクラスism
身長 180cm
体重 93kg
階級 ライトヘビー級
ミドル級
バックボーン アメリカンフットボール
テーマ曲 闘魂(ケツメイシ
テンプレートを表示

川村 亮(かわむら りょう、1981年6月29日 - )は、日本男性総合格闘家岐阜県出身。パンクラスism所属。元ミドル級キング・オブ・パンクラシスト。元ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシスト。現在のリングネームはロッキー川村

アグレッシブなファイトスタイルを持つ。

来歴[編集]

中学、高校(愛知大成高校)時代は野球部、神奈川大学時代はアメリカンフットボール部に所属。

大学卒業後、パンクラスの入門テストを受け合格した。

2004年11月、JTC全国大会82kg超級で3位入賞した。

2005年5月1日、パンクラスで鈴木みのるとエキシビションマッチで対戦[1]

2005年7月27日、DEMOLITIONにてプロデビュー[2]

2006年、パンクラス ネオブラッド・トーナメント ライトヘビー級(-90kg)で優勝[3]

2006年9月16日、パンクラスでダニエル・アカーシオと対戦。1ラウンドは劣勢に立たされるも、持ちこたえ、2ラウンドに右フックでKO勝ち[4]

2006年12月10日、パンクラスでダニエル・アカーシオの兄弟子ニルソン・デ・カストロと対戦。追い詰め、追い詰められの試合展開で健闘し判定ドローとなった[5]

2007年3月18日、パンクラスで金原弘光と対戦し、KO勝ち。

2007年5月30日、パンクラスでファビオ・シウバと対戦し、KO負け。プロ9戦目で初黒星となった。

2007年12月22日、パンクラスでKEI山宮と対戦し、0-3の判定負け。

2008年3月5日、戦極の旗揚げ大会「戦極 〜第一陣〜」でアントニオ・ブラガ・ネトと対戦し、判定勝ち。

2008年5月18日、「戦極 〜第二陣〜」でケビン・ランデルマンと対戦し、0-3の判定負け。

2008年10月1日、第4代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス決定戦でKEI山宮と対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年3月20日、「戦極 〜第七陣〜」のメインイベントでキング・モーと対戦し、0-3の判定負け。

2009年12月6日、ライトヘビー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで井上俊介と対戦し、2-0の判定勝ちを収め王座の初防衛に成功した。

2010年6月20日、SRC13入江秀忠と対戦し、TKO勝ち[6]

2010年9月5日、パンクラスのメインイベントで桜木裕司と対戦し、スタンドパンチ連打でKO負けを喫した[7]

2010年10月1日付けで株式会社パンクラスの代表取締役に就任した[8]

2010年12月5日、ライトヘビー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで桜木裕司と再戦し、0-1の判定ドローで2度目の王座防衛に成功した[9]

2011年5月4日、ミドル級に転向するためライトヘビー級キング・オブ・パンクラス王座を返上[10]。5月12日、ミドル級ランキング2位にランクインされた。

2012年1月28日、第11代ミドル級キング・オブ・パンクラス決定1DAYトーナメント1回戦で久松勇二と対戦し、判定勝ち。決勝戦で一慶と対戦し、KO勝ちを収め2階級制覇となる王座獲得に成功した。

2012年5月31日、パンクラスのブランド名および運営権を株式会社スマッシュが取得、代表にはスマッシュの代表取締役社長の酒井正和が就任し、川村亮はエグゼクティブプレーイングマネージャーとなる。

2012年6月2日、ミドル級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで大山峻護と対戦し、TKO勝ちを収め王座の初防衛に成功した。

2014年6月29日、ミドル級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで安西信昌と対戦し、TKO負けを喫し王座陥落した。

2016年7月2日、名古屋市天白で川村亮デビュー10周年記念興行「川村SOUL」を開催。メインイベントで鈴木みのると対戦[11]

2016年7月30日のハードヒット千葉大会より、リングネームをロッキー (映画)をオマージュしたロッキー川村に改名。

2016年10月2日、ミドル級キング・オブ・パンクラス決定戦で新村優貴と対戦し、パウンドでKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2017年7月16日、ハードヒット・新木場大会で高橋“人喰い”義生にレフェリーストップ勝利[12]

2017年11月12日、PANCRASE 291でのミドル級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチで新村優貴と再戦し、TKO負けを喫し王座陥落した[13]

人物・エピソード[編集]

  • 中学生のときは生徒会長でジャニーズ系の顔をしており、他校にファンクラブまであった(本人ブログ)。
  • 原始人並のあごをしており、普通の人より歯が4本多い(本人ブログ)。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
32 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 10 0 8 0 4 0
10 6 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 新村優貴 3R 0:43 TKO(右フック) PANCRASE 291
【ミドル級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
2017年11月12日
新村優貴 2R 1:30 KO(右フック→パウンド) PANCRASE 281
【ミドル級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2016年10月2日
ジバゴ・フランシスコ 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE 273 2015年12月13日
× 安西信昌 1R 2:52 TKO(右フック→パウンド) PANCRASE 259
【ミドル級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2014年6月29日
高橋義生 1R 1:43 TKO(パウンド) PANCRASE 252 2013年9月29日
× イ・ドルヒ 5分3R終了 判定1-2 ROAD FC 12 2013年6月22日
× メルヴィン・マヌーフ 1R 4:40 KO(右フック) ONE FC 6: Rise of Kings 2012年10月6日
大山峻護 1R 4:19 TKO(サッカーボールキック) PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR
【ミドル級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2012年6月2日
一慶 2R 2:18 KO(右膝蹴り) PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR
【ミドル級K.O.P.決定1DAYトーナメント 決勝】
2012年1月28日
久松勇二 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR
【ミドル級K.O.P.決定1DAYトーナメント 1回戦】
2012年1月28日
一慶 5分2R終了 判定0-1 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年6月5日
桜木裕司 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2010年12月5日
× 桜木裕司 1R 3:55 KO(スタンドパンチ連打) PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年9月5日
入江秀忠 2R 3:00 TKO(スタンドパンチ連打) SRC13 2010年6月20日
井上俊介 5分3R終了 判定2-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
【ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2009年12月6日
× ファビオ・シウバ 1R 2:28 TKO(タオル投入) 戦極 〜第十陣〜 2009年9月23日
内藤征弥 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年6月7日
× キング・モー 5分3R終了 判定0-3 戦極 〜第七陣〜 2009年3月20日
KEI山宮 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR
【ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2008年10月1日
× ケビン・ランデルマン 5分3R終了 判定0-3 戦極 〜第二陣〜 2008年5月18日
アントニオ・ブラガ・ネト 5分3R終了 判定3-0 戦極 〜第一陣〜 2008年3月5日
× KEI山宮 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年12月22日
ジェイミー・フレチャー 1R 1:36 KO(サッカーボールキック) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年9月5日
× ファビオ・シウバ 2R 3:43 KO(パンチ連打) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年5月30日
金原弘光 3R 1:36 KO(パンチ連打) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年3月18日
ニルソン・デ・カストロ 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年12月10日
ダニエル・アカーシオ 2R 2:40 KO(右フック) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年9月16日
小谷野澄雄 1R 1:15 KO(パウンド) PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ネオブラッド・トーナメント ライトヘビー級 決勝】
2006年7月28日
渡辺悠太 1R 2:35 KO(パンチ) PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ネオブラッド・トーナメント ライトヘビー級 準決勝】
2006年4月2日
渡辺悠太 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年1月26日
小谷野澄雄 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年12月4日
九十九優作 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2005年7月27日

獲得タイトル[編集]

  • パンクラス 第12回ネオブラッド・トーナメント ライトヘビー級 優勝(2006年)
  • 第4代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス王座(2008年)
  • 第11代ミドル級キング・オブ・パンクラス王座(2012年)
  • 第13代ミドル級キング・オブ・パンクラス王座(2016年)
  • 第5代東京インターコンチネンタルタッグ王座(パートナーは佐藤光留)

脚注[編集]

  1. ^ 試合結果 パンクラス公式サイト
  2. ^ [DEMOLITION] 7.27 新木場:美木、負傷乗り越え一本 BoutReview 2005年8月2日
  3. ^ 【パンクラス】「前田吉朗以来の逸材」(尾崎社長)HG川村亮がライトヘビー級制す 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年7月28日
  4. ^ 【パンクラス】パンクラスに救世主誕生!川村、アカーシオに大逆転勝利! 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年9月16日
  5. ^ 【パンクラス】近藤、貫禄勝利で大晦日出撃!? 川村はカストロと価値あるドロー 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年12月10日
  6. ^ 【SRC戦極】最強チャンピオン誕生!サンドロが金原を僅か38秒でKO、王座を奪取(2) Archived 2010年6月25日, at the Wayback Machine. 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月20日
  7. ^ 【パンクラス】桜木が川村をKO!井上が王座防衛、VS修斗はパンクラス完全勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月5日
  8. ^ 【パンクラス 】川村亮が選手兼代表取締役に就任!運営組織の新体制を発表 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月22日
  9. ^ 【パンクラス】近藤有己が王座陥落!川村亮、清水清隆はドロー防衛 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月5日
  10. ^ 【パンクラス】6・5川村亮、ライトヘビー級王座返上!ミドル級転向第一戦で秋山成勲の愛弟子と対決 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年5月4日
  11. ^ https://twitter.com/KAWAMURASOUL/status/747403343295766528
  12. ^ “ニコプロpresentsハードヒット「ALL格闘技総進撃」”. ハードヒット オフィシャルサイト. (2017年7月16日). http://hardhitpro.com/304 2017年7月16日閲覧。 
  13. ^ 【パンクラス】新村が逆転TKOで川村にリベンジ、涙の初戴冠 eFight 2017年11月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
近藤有己
第4代パンクラスライトヘビー級王者

2008年10月1日 - 2011年5月4日(返上)

空位
次タイトル獲得者
N/A
空位
前タイトル保持者
藤井陸平
第11代パンクラスミドル級王者

2012年1月28日 - 2014年6月29日

次王者
安西信昌
空位
前タイトル保持者
安西信昌
第13代パンクラスミドル級王者

2016年10月2日 - 2017年11月12日

次王者
新村優貴