入江秀忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
入江 秀忠<超人イリエマン>
基本情報
本名 入江 秀忠
通称

格闘技界の風雲児  インディー格闘家  20世紀最後の涙のカリスマ  “U”のみそっかす

一人総合商社  
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-06-17) 1969年6月17日(48歳)
出身地 長崎県
所属 キングダムエルガイツ
身長 182cm
体重 95kg
階級 ヘビー級
バックボーン 相撲
テンプレートを表示

入江 秀忠(いりえ ひでただ、1969年6月17日 - )は、日本男性総合格闘家プロレスラー。現在の長崎県対馬市出身。福祉施設のケアマネージャーや、企業投資家としての側面もある。キングダムエルガイツ代表、総合格闘技ジム聖蹟桜ヶ丘ファーストスピリット代表。総合格闘技ジムキングダム立川コロッセオ代表。キングダムネットワーク(聖蹟桜ヶ丘、立川、対馬、札幌、横浜、目黒、福生、国分寺、稲城若葉、沖縄ーサザンクロスー各支部)総代表。2016年3月には大型商業施設『ららぽーと立川立飛』内に格闘技教室を進出させた。同団体を旧キングダムの戦いの聖地であった代々木第2体育館に進出させる夢を持っている。オールジャンル融合イベントGRAND SLUM総合プロデューサー。ケージ(金網)付きイベントホール『立川コロッセオ』総支配人。自身で作詞・作曲も手掛けるシンガーソングライターやコラムニストとして多才な才能を持つ。 立川格闘技フェスタ2016-夏ー公式ソングアーティスト。格闘技選手でありながら会社代表取締役、アイドルプロデュースや格闘技記者までなんでもこなすことから“一人総合商社”の異名も持つ。自らもオヤジと慕う永島勝司元新日本プロレス取締役とは親交が深い。

現在のリングネームは、超人イリエマン。

来歴[編集]

高校中退後、18歳で大相撲佐渡ヶ嶽部屋に入門、琴入江(こといりえ)の四股名1988年5月場所に初土俵を踏むが、1989年3月場所を最後に廃業。新弟子の頃、勝利した相手に土俵上からドロップキックをお見舞いするという前代見聞の大事件を起こしたこともある。

大相撲廃業後、日本大学に相撲特待生として入学、当時の先輩には、舞の海秀平や、肥後ノ海直哉らがいた。途中から国士舘大学に編入。卒業後、修斗に入門しわずか7か月で1995年全日本アマチュア修斗選手権ヘビー級優勝。1回戦の対戦相手予定だったのは村上和成(欠場)、決勝戦の相手は藤井克久である。

アマチュア修斗はヘビー級の選手層が薄く、同じ選手との対戦ばかりやその選手が欠場すれば代替選手が見つからずに試合自体がなくなる状況に憂いを感じ、他の格闘技への転向を計る。1997年に全日本コンバットレスリング大会優勝。1998年にUWFの直系団体キングダムに練習生として入門。しかし、わずか数か月で団体が実質的に崩壊したため、キングダム代表者であった鈴木健の許可を得て、名称を受け継ぎ、キングダムエルガイツに団体名称変更。「ガチンコで戦ってくれるプロレスラー」を呼んで対戦を繰り返すが、入江に負けて名が傷つくのが嫌な選手(U系含む)は対戦を拒否。結局、埼玉プロレスサバイバル飛田プロレスリング求道軍幸村ケンシロウなどと戦って勝利する。

2000 - 2001年頃は盛んにヒクソン・グレイシーとの対戦を標榜するが、ヒクソンにはまったく無視される。「ヒクソンと戦った経験のある日本人と対戦して勝つことがその目標に近づくこと」と考えるが、ほとんどの対戦希望選手には無視・拒否をされる(DDTプロレスリング参戦時、木村浩一郎は対戦アピールを受けたが、実現せず)。唯一、対戦に応じた西良典も対戦数日前になって欠場(拒否?)し、その後は関係断絶(詳細は西良典の記事を参照)。

2001年11月21日、パンクラス稲垣克臣とキングダムエルガイツのリングで戦い判定勝ちし、パンクラス・DEEPなどの他団体にもキングダムを背負って上がるようになる。同時に、DEEP代表佐伯繁との長きに渡る関係が始まる。

2004年6月26日、韓国の格闘技イベント「Gladiator Fighting」に参戦して、世界最高峰の格闘技団体UFC(ジ・アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)で3度王者に輝いたダン・スバーンと対戦するも判定負け。その後、ビデオテープの映像でスバーンのタップが公式に認められ、主催者のCMA代表諸岡が入江勝利を発表した[1]。これが日本人選手で唯一の勝利となった。

現在、DEEPヘビー級王者(non official)である。

2004年7月、好意を寄せていた女性に交際を迫ったが断られた為に、女性とその知人男性に暴行したと逮捕され、その事がワイドショーやスポーツ新聞などで大きく取り上げられた。しかし、その後同年6月のダン・スバーン戦で右手を骨折していて暴行をできなかったこと、全くの事実相違であったことが発覚。入江は処分保留で釈放されたが、その事がワイドショーやスポーツ新聞などで小さく報道された。

2007年2月25日、K-1 JAPAN TRYOUTに参加。2月1日に起こした交通事故で頸椎を損傷していたのにもかかわらず、腕立て伏せ、腹筋、スクワットの基礎体力テストでは全参加者中断トツの体力数値を残すもドクターストップによりスパーリングを受けられず、落選となった[2][3]

2007年6月16日の「club DEEP 東京」「おやじDEEP」、6月17日の「DEEP X」と、格闘技史上初となる2日間で3連戦3連勝した。

2007年12月12日、DEEP 33 IMPACTの桜木裕司戦ではついにメインイベントに登場したが、ドローに終わった。

2009年1月4日、戦極初参戦となった戦極の乱2009のオープニングファイトで加藤実と対戦し、マウントパンチによりTKO勝ちを収めた。

2010年1月21日、自身がオーガナイザーを務める新宿区歌舞伎町のイベントスペースPINK BIG PIGで記者会見を行ない、UFC代表ダナ・ホワイト、K-1谷川貞治イベントプロデューサー、SRC稲村角雄営業統括本部長、DREAM笹原圭一イベントプロデューサー、Strikeforce代表スコット・コーカーのメジャー5団体に「格闘家としての遺書」を送りつけると宣言。さらには石井慧への挑戦を表明した。

2010年6月20日、SRC本戦初出場となったSRC13川村亮と対戦し、TKO負け[4]。7月22日、SRC13での試合内容が評価され、SRC向井徹社長から敢闘賞として試合で使用したグローブをあしらったオブジェを贈られた。

2011年4月29日、初進出となったキングダムエルガイツ渋谷O-EAST大会で、自身が発案した戦<fight>技術力<skill>芸術性<art>3部門のオブザーバーによる評価点で試合を争う格闘技でもプロレスでもない新競技「ARCADIAルール」を発表し、自らメインを務めた。

2012年4月30日、キングダム新宿FACE大会での試合勝利後、かねてから念願だったミノワマンとの対戦をマイクアピールで熱望した。

2013年4月26日、DEEPのビックマッチであるTDCホール大会に突如リングインして“超人”イリエマンになると宣言。自らの新オリジナルホールド“IRIロック”を披露して再びミノワマン戦へ強烈にアピールした。

2013年9月29日、グラディエーターディファ有明大会でミノワマンの試合終了後にリングに突如乱入。ミノワマンと初遭遇を果たし、11月24日のキングダムエルガイツ新宿FACE大会での対戦をアピールしたが、ミノワマンにはあっけなく断られた。 しかし、その後にミノワマンからの対戦を受諾するという手紙が届き、キングダムのリングでの対戦が決定した。

2013年11月24日、キングダムエルガイツ東京大会〜KINGDOM SPIRIT 2013〜新宿FACE大会で、ミノワマンVSイリエマンの“超人対決”がついに発表された。なお、この試合はDEEP代表佐伯繁氏への自身の粘り強い交渉をへて、試合の結果次第では入江念願の正式タイトルマッチが組まれるというDEEP初代ヘビー級王者決定戦査定試合として行われることとなった。 試合当日、新宿FACE前には開場を待つ400人以上のファンで長蛇の列ができるほどの盛況となった。超満員札止めの中おこなわれた試合はミノワマン、イリエマンともにエスケープを一つずつ取り合う接戦となり、試合をドローとなったことによりタイトルマッチの査定試合の結果は後日に持ち越しとなった。

2014年1月1日、キングダムエルガイツ東京大会〜KINGDOM SPIRIT 2013〜新宿FACE大会のDVDが発売されることとなった。

所属はキングダムエルガイツ、立川柔術稲妻 DEEP 戦極 KINGDOMなどでヘビー級 ライトヘビー級で活躍。初代DEEPヘビー級王者 初代・第2代キングダムエルガイツヘビー級王者となり、格闘技界最大の団体『UFC』で3度王者に輝き、UFC殿堂入りも果たし、あのヒクソン・グレーシーよりも強いと言われていたダン・スバーン(格闘技参戦時のネームはダニエル・スバーン)に韓国世界大会で1本勝ち。1説にはイリエマンがUFCに選手として興味を示さないのはこの出来事があったからと言われている。但し、UFCに弟子を送りこむことは熱望している。キングダムエルガイツ新宿FACE大会でボブ・サップ、チェ・ホンマン、ソクジュなど錚々たるメンバーを倒しDREAMスーパーハルクトーナメント王者になって間もないミノワマンと“超人対決”を実現し、引き分けはしたが業界を騒然とさせてみせた。2015年にはお笑い芸人の“ねづっち”のキングダムエルガイツへの格闘技参戦契約をして業界の大きな話題づくりをした。

2015年11月2日、自身の会社が運営するケージ付きイベントスペース『立川コロッセオ』で柔道三段のねづっちと柔道対決を制し、TV・新聞・ラジオ・ヤフーニュースTOPを飾るなど話題になった。選手としてだけではなくプロデューサーとしての才覚も持ち、自身がプロデュースした女子格闘技「立川女子格闘技伝説T-REX」、金網ボクシング風大会「ナックルファイターズ」、一切の西洋言葉禁止の和式キックボクシング「立川格闘技列伝―剣豪ー」、そして“Mr.なぞかけ”ねづっちが参戦した「お笑い!×バーリトゥード」などすべてが格闘技情報サイト『イーファイト』でアクセスランキング1位を記録した。(最大1〜7位まですべて入江コンテンツで埋められたこともあった。) 2015年11月4日、格闘技団体の雄パンクラスと同等の業務提携を発表し、“立川からUFC王者を!”をスローガンに『立川ケージプロジェクト』推進している。パンクラスとの提携会見同日、いきなり退席した入江代表のかわりに“超人イリエマン”が会見に乱入。昔、パンクラス所属だったDREAMスーパーハルクトーナメント王者の超人ミノワマンと、UFC3度王者のダン・スバーンを撃破した自身との“超人対決決着戦”をぶち上げ、同時にパンクラス酒井正和代表に向けて“パンクラスレジェンド”のベルトを新設し、この試合にそれを賭けろと無理難題を要求した。

2016年7月17日、18日立川商工会議所とのコラボイベント『立川格闘技フェスタ2016ー夏ー』を開催。総合格闘家、プロレスラー、キックボクサー、ボクサー、柔術家、元相撲取りなどを集結させてヤフーニュースや地元の経済新聞などで話題を呼びこんだ。2日間3大会に渡る日程は全大会が超満員札止めとなる盛況。フェスを大成功に導いた。

また、同イベントにオフィスAKBの最終オーディションに合格した大久保麻衣(おおくぼ・あい)をコロッセオクィーン(ラウンドガール)に抜擢し、大きな話題つくりをした。

2016年8月30日 自身のキャラクター、超人イリエマンのゆるキャラ“ゆるキャライリエマン”を作成。日本最大の広告代理店、電通本社にきぐるみを着たまま乱入を果たすことに成功し、電通フロア内の多くの“電通マン”をパニックに陥れた。

トピック[編集]

  • 尾崎豊の曲で入場するだけでなく、マイクパフォーマンスも真似ている。
  • 本人の作詞、作曲でバンド活動も行っている。
  • 2010年より、ロックバンド、ビフォア・クライシスト・バタフライのボーカリスト、ビリーのプロデュースで『B・C・KING』(ビフォア・クライシスト・キングダムの略であり、紀元前の王国という意味)というロックバンドを結成して、DEEP50回記念大会となる10月24日の『DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜』でもLIVEをおこなった。
  • 2007年よりスポーツナビで「インディー格闘家・入江秀忠 〜メジャーへの道〜」を執筆。
  • 2010年よりスポーツナビで旧キングダムの聖地代々木第2体育館を目指す道を描く「ミスターインディー・入江秀忠〜メジャー団体への道〜」を執筆中。
  • 2016年より週刊ファイト・ミルフォンネットで自身のキャラクター、超人イリエマンゆるキャラの活躍を描く「ゆるキャライリエマン~ゆるキャラグランプリ制覇への道~執筆中
  • 2016年頃より、自身か尊敬する井上義啓(I編集長)の命を受け継ぐ格闘技WEBサイト、週刊ファイトの記者として活躍。中国の格闘技ビッグマッチ『武林風』や、パンクラス288の記事を書き好評を得る。活字プロレスを目標に今後もI格闘技記者としても活動することを自身のブログで宣言した。
  • すべてのジャンルの若手達を育成するプロジェクトGRAND SLUMの総合プロデューサーにも就任。格闘技・音楽・ダンス・お笑い・萌え系アイドルなどの若手育成も手がける。
  • 福祉施設の副施設長を務めるだけでなく、自身でもケアマネージャー資格に合格した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
37 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 15 15 2 0 2 0
3 3 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 川村亮 2R 3:00 TKO(スタンドパンチ連打) SRC13 2010年6月20日
飛田将(サバイバル飛田 1R 0:27 ヒールホールド キングダムエルガイツ 10周年記念興行 2009年8月5日
加藤実 2R 4:21 TKO(マウントパンチ) 戦極の乱2009【戦極オープニングファイト】 2009年1月4日
桜木裕司 5分3R終了 判定1-1 DEEP 33 IMPACT 2007年12月12日
MITU 1R 0:57 腕ひしぎ十字固め おやじDEEP 2007年6月16日
× ゲガール・ムサシ 2R 1:29 TKO(タオル投入:パウンド) DEEP 24 IMPACT 2006年4月11日
力王 1R 2:41 TKO(マウントパンチ) DEEP 19th IMPACT 2005年7月8日
神王 3R 3:31 TKO(マウントパンチ) DEEP 17th IMPACT 2004年12月18日
ダン・スバーン 腕ひしぎ十字固め Gladiator FC 1日目 2004年6月26日
金家充幸 1R 0:49 TKO(マウントパンチ) キングダム・エルガイツ「入江祭り THE ガチ 〜佐伯血祭り〜」 2003年12月29日
藤沼弘秀 5分3R終了 判定3-0 DEEP 10th IMPACT in KORAKUEN HALL 2003年6月25日
MAX宮沢 5分2R終了時 負傷判定0-0 DEEP 8th IMPACT in KORAKUEN HALL 2003年3月4日
× 渡辺大介 1R 4:18 KO(パンチ連打) パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年1月26日


グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
木村正章 1R 0:42 腕ひしぎ十字固め DEEP X 2007年6月17日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]