佐伯繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐伯 繁(さえき しげる、男性、1969年6月24日 - )は、日本格闘技プロモーター。富山県立山町で生まれ小学生になるときに愛知県春日井市に引っ越して育った。名古屋の不良高校として有名な大同高校に進むが進学も就職もできずに卒業した。卒業後に一時は父の配管工事を手伝うが競輪選手であった兄のパチンコ好きの影響でパチプロに転職するが得意のパチスロ台が無くなり廃業となった。その後スチールカメラマンの道に進み、2001年に総合格闘技DEEPを旗揚げして現在に至る。

人物[編集]

身長170cm、体重110kgの体格で、百獣の王の異名をとる。

格闘技イベントDEEP、女子総合格闘技DEEP JEWELSの代表を務めている。過去には格闘技のみならず、田村潔司のプロレスイベント、プロレスリングU-STYLEを主催、2002年12月のDEEPファン感謝イベント「SAEKI祭り」ではプロレスラーとしてデビューするほどのプロレス好き。また格闘技イベントPRIDE武士道に大きく貢献し、パンクラス大阪道場のオーナーでもあった。2015年には2014年の大晦日にさいたまスーパーアリーナで開催したDEEP DREAM IMPACT 2014のドキメンタリー映画「REVIVALこれが日本の総合格闘技だ」を制作し、監督デビューを果たした。この作品は第二回新人監督映画祭の招聘部門で上映され、シネ・リーブル池袋、名古屋:センチュリーシネマ(名古屋パルコ東館8階)  で劇場公開された。

来歴[編集]

コマーシャルフォトカメラマンのアシスタントを務め、22歳で独立してフリーのカメラマンとして活躍した。その後カメラスタジオから編集プロダクション、広告代理業務で名古屋を中心に大阪、福岡、熊本、札幌に支店を持ち100名以上の社員を雇用する会社に成長させた。同時にファミコン販売店を3店舗、焼肉屋、バー、Tシャツショップなども経営すると共に以前から好きであったプロレスの地方興行を趣味の範囲で買ってプロモート業を行っていたが、PRIDEに刺激され2001年1月に格闘技イベントDEEPを愛知県体育館で旗揚げした。2003年9月には有明コロシアム大会を行い、2003年2月からは田村潔司と組んでプロレスリングU-STYLEを始め、同年9月のPRIDE武士道シリーズ開始に当たって、DSEと業務提携を始め、マッチメイクや選手派遣に関わることとなった。自称「PRIDE武士道アシスタントディレクター」として活躍し、PRIDE解散後はDREAMの広報を務め、2013年8月に女子総合格闘技DEEP JEWELSを旗揚げし、2014年の大晦日にはさいたまスーパーアリーナでDEEP DREAM IMPACT 2014を開催した。

外部リンク[編集]