幸村ケンシロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幸村 ケンシロウ
プロフィール
リングネーム 幸村 ケンシロウ
幸村 剣士郎
幸村 賢一郎
本名 幸村 賢一郎
ニックネーム 教育レスラー
身長 175cm
体重 90kg
誕生日 (1964-08-28) 1964年8月28日(54歳)
出身地 熊本県八代市
所属 プロレスリング求道軍
スポーツ歴 レスリング
空手
トレーナー 山本小鉄
デビュー 1992年10月29日
テンプレートを表示

幸村 ケンシロウ(ゆきむら ケンシロウ、1964年8月28日 - )は、日本プロレスラー。本名:幸村 賢一郎(ゆきむら けんいちろう)。

経歴[編集]

プロレスラーを目指して体重50kgをがむしゃらな筋力トレーニングと1日米1升を食べ続けることで大学卒業時に体重100kgまで増やした。頭に、こぶを作って無理矢理に身長171cmにして新日本プロレス学校の入試に合格したが約10ヶ月後に家庭の事情で帰郷。リサイクル企業経営、家業の菓子問屋の手伝い、塾講師などの仕事をして借金返済のため、働いて仕事を終えた深夜にトレーニングを続けた。

1992年10月29日名古屋ダイアモンドホールで開催されたウルトラマンロビンが主催する「FUREELANCE FESTIVAL」の対ホー・デス・ミン戦でデビュー。

1994年6月、西日本プロレスに入団。

1996年12月、西日本を退団。

1997年1月、九州求道軍を設立。7月20日、九州求道軍のプレ旗揚げ戦を開催。

1999年、九州求道軍の旗揚げ戦を開催。その後、諸事情で興行を開催していない。同年、自宅の倉庫(菓子問屋)が家業をやめて全て使えるようになったのを機にトレーニングジム「ザ・ジム求道軍」を設立。

2002年6月1日、地元熊本県八代市にある熊本木材八代支店の倉庫で団体名をプロレスリング求道軍に改称して旗揚げ戦を開催。

2005年熊本市流通情報会館で「青少年健全育成チャリティー興行」を開催。

2007年、興行を一切止めて市町村、自治体、企業などの祭りや施設訪問によるイベント「地域活性型プロレス」へと方向変換する。

2009年、青少年の教育を目的とした「教育プロレス」を開催。

2010年5月28日、子どもの健全育成と社会教育を目的としたNPO法人教育プロレス幸村ケンシロウを設立。後に設立記念パーティーを日航ホテル熊本で開催して150名を超える参列者が訪れた。11月1日NHKの番組「ドキュメント20min.」で「教育レスラー参上!」と題されて「教育プロレス」の模様が全国放送された[1]

得意技[編集]

ジャーマンスープレックス
キャプチュード
ケンシロウスペシャル
バズソーキック
仰向けになった相手の上半身を起こして相手の左側頭部を振り抜いた右足の甲で蹴り飛ばす。
各種キック

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

  • プロレスリング九州活性化実行委員会認定九州無差別級タッグ王座

エピソード[編集]

  • テレビ東京の番組で貧困の中トレーニングを続ける幸村の様子を映したドキュメンタリー番組がゴールデンタイムで全国放送された。
  • プロレスリング求道軍の道場で小中学生向けの学習進学塾を開いており塾講師としての顔も持つ[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]