マンボウやしろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
家城啓之から転送)
マンボウやしろ
本名 家城 啓之(やしろ ひろゆき)
生年月日 (1976-07-19) 1976年7月19日(46歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県[1]
血液型 B型
身長 178cm
言語 日本語
方言 共通語
出身 事務所のオーディション
コンビ名 カリカ(1997年 - 2011年)
ニューカリカ(2021年 - )
相方 林 克治(カリカ→ニューカリカ)
芸風 漫談
事務所 吉本興業
活動時期 1997年 -
同期 あべこうじ佐久間一行
現在の代表番組 Skyrocket Company
過去の代表番組 SCHOOL OF LOCK!
他の活動 演出家脚本家ラジオパーソナリティ
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

マンボウやしろ(本名:家城 啓之(やしろ ひろゆき)[2]1976年7月19日[1] - )は、日本タレント演出家脚本家ラジオパーソナリティ千葉県出身。吉本興業所属。血液型はB型。身長178cm、体重60kg[1]

お笑いコンビ・カリカ(現・ニューカリカ)としても活動している。

略歴[編集]

1997年に林克治と「カリカ」を結成。ボケ、ネタ作りを担当。

2003年12月に作・演出・出演の一人劇団『劇団乙女少年団』(通称オトメメン)を立ち上げ。

2011年9月9日新宿ロフトプラスワンで行われたライブにおいて、9月24日よしもと浅草花月でのイベントをもってコンビ解散を発表した[3][4]。 解散と同時に林は芸能界を引退したのに対し、家城は2012年1月以降は芸名を「マンボウやしろ」に改名してピン芸人に転向[5]

2016年サイコロをふって1の目が出なかったら芸人を引退すると公言していたが、パーソナリティを務めるラジオ番組『Skyrocket Company』(TOKYO FM)および7月18日Twitterにて芸人を引退し、以降はラジオパーソナリティ、タレント、脚本家、演出家として活動すると発表。作家としては本名の「家城啓之」名義[2]、レギュラーを務めている番組は引き続き「マンボウやしろ」名義で活動[6]。ただし実際には、作家としても「マンボウやしろ」名義(または併記)の作品が存在する。

鳥取県に10年以上番組収録で通うなど縁があることから、2019年に「とっとりふるさと大使」に就任[7]

2021年2月16日に株式会社アン・ミカエルを設立[8][9]

人物・エピソード[編集]

  • 高校時代には、友人と「ちぐはぐ」というコンビを組んでいた(やしろは「ちぐ」担当)。卒業後、林を誘い「カリカ」を結成した。
  • 天然パーマの長髪と眉毛を剃った特異なルックスが特徴だったが、近年は眉毛を生やしている。「常に寝起きみたいな顔」とも言われている[10]
  • マンスリーよしもと』掲載の「よしもと男前ブサイクランキング」ブサイクランキングで2003年度より毎年ランクイン、2009年度より3年連続1位で史上4人目の殿堂入りとなった。
    • 2003年度7位、2004年度7位、2005年度2位、2006年度3位、2007年度3位、2008年度2位、2009年度1位、2010年度1位、2011年度1位
  • 放送作家鈴木おさむは高校の先輩であり、家城の姉とも親しい。
  • 山本寛斎を尊敬してやまず、自身のブログのタイトルにもしている。
  • 東京シュール5の設立者。
  • 好きな動物はラブラドール・レトリーバー
  • 2007年に1年間限定でブログを書き、ほぼ毎日複数回更新した。ブログ名は「2007年限定ブログ」。その後「山本寛斎に追いつけ追い越せ!〜情熱編〜」に改名し、不定期更新となる。2009年8月に覚醒剤使用の擁護ともとれる内容が炎上し、一時更新停止する。2013年9月をもってブログ更新終了。
  • まぐまぐ!』より不定期に有料メールマガジンを発行している。まぐまぐ大賞2019年受賞・殿堂入り。
  • 2016年1月、『スポーツニッポン』にて大本彩乃Perfume)との交際が報道された[11]が、『Skyrocket Company』番組内にて自らこれを否定している。
  • 2017年7月19日、「パンダやしろ」に改名を宣言。これは、後輩のいけや賢二(犬の心)の娘が水族館に行ってから海洋生物が苦手になったらしく、テレビにマンボウが出てきても泣いてしまうためとし、自身の誕生日をきっかけに改名に至った[12]。しかし結果的に定着せず、後日にはこれまで通り「マンボウ」を名乗っている。
  • 2019年に『日本ジェスチャー協会』を発足、ジェスチャーゲームのライブを行っている[13]
  • 2021年1月19日の『Skyrocket Company』番組内でロンドンブーツ1号2号田村亮田村淳)および「ロンドンブーツ複数号計画」の一環で「ロンドンブーツ3号」となった森本英樹(ニブンノゴ!)がゲスト出演した際、オファーを受け「ロンドンブーツ5号」に就任する[14]

出演[編集]

映画[編集]

テレビバラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • 田村亮一座 田村亮一座『とりあえずジントニック』(2010年1月、シアターサンモール)
  • 友達の友達 第2回公演『旅立ちの旅立ち』(2012年11月、下北沢シアター711)- 母親役ほか
  • 田村亮一座『大きなグミの木の下で』(2012年9月、俳優座)
  • ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック(2013年)
  • 田村亮一座 名刺公演『シェアハウスとYシャツと私』(2013年5月、神保町花月)
  • マンボウやしろの告別ショー『帽子ヲ風ガ〜何違いな3人〜 』(2013年7月、銀座博品館劇場)
  • 田村亮一座 『シンドロームで逢いましょう 』(2013年11月、エコー劇場)
  • イルネス共和国(2014年2月22日・23日、銀座博品館劇場
  • 時代に流されろ(脚本・演出、2015年3月、本多劇場
  • いつか遭えたら 〜娘の夢を母が斬る!?〜(2016年、シアターサンモール) - 女装家ズッキーニ役
  • イルネス製作所〜今世紀最大の発明〜(2015年7月4日・5日、東京グローブ座
    • 出演:加藤浩次(極楽とんぼ) / 六角精児 / 矢作兼(おぎやはぎ) / マンボウやしろ / 秋山竜次(ロバート) / 吉村崇(平成ノブシコブシ)

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

舞台[編集]

カリカ家城 として脚本・演出
マンボウやしろ として脚本・演出
  • 怪獣がやってきた!(2012年3月) - 演出のみ
  • エクセレント!!(2012年4月)
  • ワクワクドキドキよ〜いドン!〜WDYD〜(2012年8月) - 演出のみ
    • 出演:LLRミルククラウン、ジャングルポケット、かたつむり林、まえうしろ、児玉絹世
  • マンボウやしろの告別ショー2012ピザババアの唄(2012年6月、銀座博品館劇場
  • Money X'mas(2012年11月) - 演出のみ
    • 出演:かたつむり林、グランジ、ピクニック、いぐちしおり(THEフォービーズ)、岡田亜矢(THEフォービーズ)
  • メリークリスマス“4”ユー!〜four again〜(2012年12月) - 演出のみ 
  • KISS KISSKISS 2013(2013年1月)
    • 出演:平田敦子、ブロードキャスト、コンマニセンチ、エリートヤンキー、町のベーカリーズ
  • 目を閉じて、、、よ(2013年1月)
  • ビリビリ始まる(2013年1月)
  • ねぇパンダさん(2013年5月)
    • 出演:ランパンプス、フクロトジ、セブンbyセブン、ハンマミーヤ、カゲヤマ、他
  • みず と つち(2013年7月) - 演出のみ
  • マンボウやしろの告別ショー2013帽子ヲ風ガ 〜何違いな3人〜(2013年7月、銀座博品館劇場)
  • オカマーズ9(2013年10月)
  • 芸人の詩〜いろはにポエと〜(2013年10月) - 演出のみ
    • 出演:犬の心、ライス、竹内健人、ラフレクラン、児玉絹世、伊藤真奈美 ブロードキャスト!!、かたつむり、遠山大輔(グランジ)、五明拓弥(グランジ)、ピクニック、シューレスジョー
  • 時代に流されろ!(2014年、神保町花月/2015年3月、本多劇場[19]
    • 出演:ピクニック、シューレスジョー、囲碁将棋、ボーイフレンド、ランパンプス・寺内、伊藤真奈美、児玉絹世
  • 七夕の次の日(2014年7月) - 演出のみ
  • 斜本〜しゃほん〜(2014年10月)
    • 出演:ピクニック、シューレスジョー、囲碁将棋、ボーイフレンド、ランパンプス、伊藤真奈美、児玉絹世
  • マンボウやしろの告別ショー2014人は百年、猿は億年(2014年10月、俳優座劇場
  • リズム&ライス〜その男のリズム〜(2014年12月)
    • 出演:犬の心、榊原徹士、ピクニック、中尾伸吾(ノンスモーキン、児玉絹世、森本未来、やさしいズ、加藤啓
  • ラブコント・愛の賛歌 2015(2015年2月、ルミネtheよしもと
    • 出演:中尾しんご、犬の心、児玉絹世、デッカチャン、ライス、ランパンプス、徹道、グランジ、伊藤真奈美
  • ラブコント・愛の賛歌 2015(2015年5月 ルミネtheよしもと)
  • サイレントキャスター(2015年5月)
    • 出演:横澤夏子、かなで(ダブルキャスト)、マイルドシュート、ボーイフレンド、ピクニック、シューレスジョー
  • ナツテール(2015年7月)
    • 出演:犬の心、ピクニック、シューレスジョー、ボーイフレンド、伊藤真奈美、森公平、山田裕磨(いまさらジャンプ)
  • ねじこみ〜消える命が入る音〜(2015年9月)
  • 月を超えて〜オーバー・ザ・タブー〜(2015年12月)
    • 出演:ランパンプス、五明拓也(グランジ)、ピクニック、シューレスジョー、デッカチャン、シマッシュレコード、ひらきっぱなし、片山萌美
  • やましげ春のしげ祭り本公演 〜主演 山崎樹範〜(2016年3月、赤坂RED/THEATER) - 演出のみ
  • マンボウやしろの告別トークショーラジオに消されたもの(2016年4月、恵比寿エコー劇場
    • 出演:マンボウやしろ(日替わりゲスト)山崎樹範、浜崎美保、遠山大輔(グランジ)
  • シェア・ザ・ワールド(2016年5月)
  • マンボウやしろの告別ショー2016 サイコロ出鱈目(2016年7月、ルミネtheよしもと)
  • ラフドール(2019年7月6日、7日、大塚ドリームシアター) - 脚本・演出[20]
家城啓之 として脚本・演出
THE YASHIRO CONTE SHOW

著書[編集]

  • ブサイク解放宣言―見た目にとらわれない生き方のススメ(ヨシモトブックス 発売:ワニブックスISBN 978-4-847-09493-4
  • あの頃な(角川春樹事務所ISBN 978-4-75841415-9

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c マンボウやしろ プロフィール|吉本興業株式会社”. 吉本興業. 2018年11月7日閲覧。
  2. ^ a b “マンボウやしろ芸人引退発表「ゼロから脚本の勉強」”. 日刊スポーツ. (2016年7月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1680696.html 2016年7月19日閲覧。 
  3. ^ カリカ解散、林が引退…家城はピンで再出発 SANSPO.COM 2011年9月10日
  4. ^ カリカ解散、林が芸人引退を発表 お笑いナタリー 2011年9月10日
  5. ^ カリカやしろ改め“マンボウやしろ”がついに始動! 2016年夏には人生最大のギャンブルも!? よしもとニュースセンター 2012年1月3日
  6. ^ “マンボウやしろが「サイコロ振らずに」芸人引退、現レギュラー番組は継続”. お笑いナタリー. (2016年7月19日). http://natalie.mu/owarai/news/194983 2016年7月19日閲覧。 
  7. ^ マンボウやしろ「とっとりふるさと大使」就任記念!マンボウやしろ×平井伸治鳥取県知事と初対談!” (2019年1月21日). 2020年4月11日閲覧。
  8. ^ 株式会社アン・ミカエル | 1010001215958 | gBizINFO”. info.gbiz.go.jp. 2022年2月12日閲覧。
  9. ^ 株式会社アン・ミカエル 公式サイト” (日本語). 株式会社アン・ミカエル 公式サイト. 2022年2月12日閲覧。
  10. ^ 「ジャック10」2010年7月28日より
  11. ^ Perfumeのっち&マンボウやしろが交際 2人の心をがっちり固めるカレー”. スポーツニッポン (2016年1月1日). 2018年5月15日閲覧。
  12. ^ 家城啓之twitter 2017年7月19日 より
  13. ^ 家城啓之twitter 2019年1月25日 より。
  14. ^ マンボウやしろ「ロンドンブーツ5号」就任 生放送中のオファーに即決”. スポーツ報知 (2021年1月19日). 2021年7月9日閲覧。
  15. ^ “WOWOWの新感覚モキュメンタリーに濱津隆之、荻野由佳、安藤優子、行定勲ら出演”. 映画ナタリー. (2021年2月18日). https://natalie.mu/eiga/news/416741 2021年2月19日閲覧。 
  16. ^ “新進気鋭のクリエイターが世の中に問う新感覚モキュメンタリー「ザ・モキュメンタリーズ ~カメラがとらえた架空世界~」WOWOWで3月から配信決定!” (プレスリリース), 株式会社WOWOW, (202-02-18), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005900.000001355.html 2021年2月19日閲覧。 
  17. ^ 芸人から演出・脚本家へ。初のドラマ脚本への挑戦と、コンビ再結成への思い:絶メシロード”. テレ東プラス (2020年2月7日). 2022年3月6日閲覧。
  18. ^ “家城脚本・演出の「kisskisskiss」を大阪で上演”. お笑いナタリー. (2011年2月2日). http://natalie.mu/owarai/news/44359 2016年8月25日閲覧。 
  19. ^ “マンボウやしろ脚本舞台「時代に流されろ!」で本多劇場にリベンジ”. お笑いナタリー. (2015年2月25日). http://natalie.mu/owarai/news/139321 2016年8月25日閲覧。 
  20. ^ Inc, Natasha (2019年5月13日). ““うずまくエロスとコント”、R18+の「ラフドール」にきみと歩実ら” (日本語). ステージナタリー. 2019年7月3日閲覧。
  21. ^ “憎しみの“おさがり”テーマの「さがり」に小川菜摘「客席が凍りつく作品に」”. ステージナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/stage/news/199409 2016年8月25日閲覧。 

外部リンク[編集]