駿河一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駿河 一
プロフィール
リングネーム 駿河 一
本名 大場 啓一
身長 186cm
体重 102kg
誕生日 (1982-11-15) 1982年11月15日(37歳)
出身地 静岡県袋井市
所属 全日本プロレス
スポーツ歴 キックボクシング
柔道
トレーナー アニマル浜口
デビュー 2008年1月2日
引退 2008年5月31日
テンプレートを表示

駿河 一(するが はじめ、1982年11月15日 - )は、全日本プロレスに所属していた元プロレスラー

経歴[編集]

高校では柔道二段、大学ではキックボクシングを経験し、全日本学生キックボクシング選手権ではミドル級チャンピオンにも輝く。その後アニマル浜口ジムでトレーニングを積んだ後、2007年1月の『武藤塾』の新人オーディションに合格し入門する。2008年1月にデビュー。

2008年[編集]

1月2日の後楽園大会でデビュー。対戦相手は征矢学

4月30日若武者に、タッグマッチでの出場が決まった。試合には負けてしまったが、デビュー3ヶ月とは思えないファイトで、同世代の選手とも互角にやりあっていた。

5月31日、現役引退を表明した。

その他[編集]

  • リングネームの由来は、出身地である静岡県から「駿河」、本名の啓一から「一」で駿河一となった。なおこのリングネームの名付け親は296である。ちなみに、駿河の出身地の袋井市は、旧遠江国である。
  • 何故か鈴木みのるによく蹴られる。
  • かなりの大食いらしい。
  • 武藤塾出身である。2007年武藤塾合格者は3人いたが、2008年のデビューまでに残留したのはこの駿河だけであり、練習生時代にはさまざまな人物から支援を受けてきた。TAKAみちのくなどはその一例であり、彼は駿河の事をブログに書くほど気にしていた。若武者に駿河が出場出来たのも彼が駿河の事を気に入っていたからと思われる。