フジタ"Jr"ハヤト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フジタ"Jr"ハヤト
フジタ"Jr"ハヤトの画像
プロフィール
リングネーム フジタ"Jr"ハヤト
本名 藤田 勇人
ニックネーム 神に守られし者
身長 175cm
体重 80kg
誕生日 (1986-09-20) 1986年9月20日(31歳)
出身地 東京都足立区
所属 みちのくプロレス
スポーツ歴 総合格闘技
レスリング
トレーナー 新崎人生
山本"KID"徳郁
デビュー 2005年12月3日
テンプレートを表示

フジタ"Jr"ハヤト(フジタ"ジュニア"ハヤト、1986年9月20日 - )は、日本プロレスラー。本名:藤田 勇人(ふじた はやと)。

経歴[編集]

脳性麻痺の障害を持つ両親と障害者プロレス団体「ドッグレッグス」に入る。ゴッドファーザーJr.として7歳でデビュー。

高校ではレスリング部に入部。レスリンググレコローマンスタイル東京代表として全国大会に出場。

知人の紹介で新崎人生と知り合い、みちのくプロレスへ誘いを受けて入門。デビュー戦に先駆けて憧れの人である山本"KID"徳郁の総合格闘技道場へ入門して後に彼の必殺技でもあるフロントチョーク(K.I.D)を山本から直伝されて修得。

2004年12月3日、みちのくプロレス後楽園ホール大会のメインイベントでフジタ"Jr"ハヤトとして対中嶋勝彦戦でデビュー。

2006年1月15日3月6日日本テレビの番組「真相報道 バンキシャ!」とテレビ朝日の番組「GET SPORTS」で生い立ちからデビューまでのドキュメンタリー番組が放映される。

2007年12月、試合中に正規軍を裏切り、前々から勧誘のあった佐藤兄弟が率いるヒールユニット「九龍」に加入。

2008年12月12日義経に勝利して東北ジュニアヘビー級王座を獲得。

2009年12月22日新日本プロレス主催で開催された「SUPER J-CUP」に出場。

2010年5月から6月、新日本プロレスで開催された「BEST OF THE SUPER Jr.」に出場。

2009年11月、プロレスリングZERO1で開催された「天下一Jr.」に出場。

2011年7月から8月、プロレスリングZERO1で開催された「火祭り」に出場。11月から12月、プロレスリングZERO1で開催された「風林火山」に田中将斗とタッグを組んで出場して優勝。

2012年1月14日南野タケシ卍丸Ken45°と共にユニット「BAD BOY」。

2016年4月7日大谷晋二郎&高岩竜一組に勝利して日高郁人と共にNWAインターナショナルライトタッグ王座を獲得。

得意技[編集]

K.I.D
グラウンドフロントネックロックと同型。技名は山本"KID"徳郁から伝授されたことが由来。
変形K.I.D
タラバガニロックと同型。仰向けになった相手の下半身を監獄固めの要領で固めて尻餅をつかせるように引き起こした相手の首をフロントネックロックに捕らえてタップを奪う。
K.I.Dクラッチ
助走をつけて近づいてきた相手の正面で体をジャンプさせて相手の頭をフロントネックロックに捕らえて相手の胴体を両足で挟み込んで背中からマットに倒れ込んだあと体を転倒させて上のポジションをとり、両肩がマットについた相手を押さえ込んでフォールを奪う。
ボンボクラー
レッグロックスープレックスと同型。
ヘルム
バズソーキック
仰向けになった相手の上半身を起こして相手の左側頭部を振り抜いた右足の甲で蹴り飛ばす。
各種キック

入場曲[編集]

  • H.Y.T〜RIP〜(J-REXXX)

タイトル歴[編集]

映画出演[編集]