くいしんぼう仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くいしんぼう仮面
くいしんぼう仮面の画像
プロフィール
リングネーム くいしんぼう仮面
スーパーロボK
本名 非公開
ニックネーム 道頓堀の大食い自慢
身長 182cm(マスクの黄色いポンポンまで含む)
体重 変動し過ぎ
誕生日 (1975-08-19) 1975年8月19日(41歳)
出身地 徳島県美馬郡貞光町(現:つるぎ町
所属 フリー
スポーツ歴 バレーボール
トレーナー マグニチュード岸和田
板倉広
デビュー 1999年4月29日
テンプレートを表示

くいしんぼう仮面(くいしんぼうかめん、1975年8月19日 - )は、日本覆面レスラーくいだおれのマスコットキャラクター「くいだおれ太郎」のパロディキャラクターで、その姿は、くいだおれ太郎とピエロをミックスしたような姿である。全く喋れない(喋らない)キャラクターだが大阪プロレスの、お笑い部門の中核メンバーで動きや仕草で観客を笑わせる。正体はかつてI.W.A.JAPANに所属していた月岡 明則(つきおか あきのり)とする説がある[1][2][3][4]

経歴[編集]

1999年4月29日大阪プロレス旗揚げ戦に登場する。

2003年2月1日えべっさんとの間で行われた大阪名物世界一決定戦「敗者キャラクター剥奪マッチ」に敗れて「くいしんぼう仮面」のキャラクターを剥奪される。デザインがあまり変わらないロボットキャラ「スーパーロボK」となるが、うやむやのうちに4月から元のくいしんぼう仮面に戻る。元に戻った理由は「評判が悪く営業の仕事が激減した為」(えべっさん談)。尚、その時の入場テーマ曲は「くいしんぼう仮面のテーマ」と同一で、途中に「コーホー」という機械音が入る物であった。

2014年、実質解散状態となる大阪プロレスに残ることが決まる。さらには自主興行でお笑いを封印したキラーくいしんぼう仮面としてツバサと対戦もしている。2016年現在は関西を中心に活動していてボランティアで福祉施設訪問、マットプロレス、結婚式などの余興、新年会、忘年会などと広く活動中。

得意技[編集]

お笑い担当の為、普段はコミカルな動きや技の誤爆や失敗が中心になる。非力でスタミナに難があるが身は軽く、飛び技を得意とする。装飾の多いコスチュームながら難易度の高い飛び技もこなす。お笑いを封印して戦う状態は「キラーモード」と呼ばれている。

関空トルネード
スカイツイスタープレスと同型。技名は関西国際空港の通称「関空」が由来。
くいしんぼうドライバー
相手をうつぶせにファイヤーマンズキャリーの状態から前方へ、みちのくドライバーIIのように落とす。
くいしんぼう開運クラッチ
シャイニングウィザード
うまか棒
助走をつけたあと直立不動の体勢から体をジャンプして相手の体に正面から体当たりする。
チョコバット
直立不動の体勢から体を横に倒して仰向けになった相手の胸板に自分の頭を叩きつける。
後頭部はたき
相手の後頭部をはたく。手を振り抜く速度は速く、ヒット時にはかなりいい音が鳴る。特にミラクルマンに対しては執拗なまでに、お見舞いしている。タッグを組んだ味方の時にまで、お構いなしにはたいている。
スモールパッケージホールド
ルード軍との試合で起死回生の逆転技として用いることが多い。

入場曲[編集]

  • くいしんぼう仮面のテーマ

タイトル歴[編集]

エピソード[編集]

  • 初期の入場曲は往年のテレビ番組「プロポーズ大作戦」のメインテーマ「フィーリングカップル5 vs 5のテーマ」(作曲:キダ・タロー)だった。今は似た曲調でオリジナル曲の「くいしんぼう仮面のテーマ」に変わっている。冒頭には六代目桂文枝(桂三枝)による「道頓堀から大食い自慢がやってきた。くいしんぼう仮面……いらっしゃ~い」の台詞が入る。
  • 入場時にはサンタクロースのような大きい袋を担いでいる。中にはばかうけが入っておりこれをまきながら入場する。大会場では1人ではまけないためアシスタントが手伝う場合もある。
  • ファンは御菓子(食べ物)をレイ(花輪)風につなげた物を持参し、御菓子をまきにやってきたくいしんぼう仮面の首にかけていく。大会場での興業では御菓子を貰いすぎ前が見えなくなったくいしんぼう仮面の姿がみられる。この姿は週刊プロレスのWEEKLY闘撮のページにも掲載されている。
  • お笑い試合の時はリングイン後、トップロープの上に横になりそのまま寝てしまう。そのためコールの時には観客がクラッカーを一斉に鳴らして起こすのが恒例となっている。ちなみにクラッカーは開場後の試合前に練習生が売りに来る。値段は1個100円、3個で200円。
  • 2009年4月29日に松下IMPホールで開催された、大阪プロレス10周年記念興行の締めで自身初のマイクパフォーマンスを披露し、観衆に10年間の応援に対する謝辞を述べた。しかしその直後菊タローにマイクを渡すやいなや喋れないキャラクターに逆戻りした。
  • 2014年4月13日松井幸則レフェリー20周年記念試合くいしんぼう仮面対菊タロー戦の後に本名をバラされてマイクを通して「月岡って誰や」と喋ってしまったことがある。直後、松井に制止されて菊タローから「喋るな」と頭を叩かれた。
  • プライベートでは、酒を飲むと誰かまわず電話をかけまくる電話魔らしい(大阪プロレス関係のブログで複数証言あり)。
  • 予備のコスチュームを2着持っているがDDTで活躍していたモンスターアーミーに二着ともチンされてしまう。

脚注[編集]

  1. ^ 「古里を語る―大阪プロレスくいしんぼう仮面」『徳島新聞社』2007年11月16日[1]
  2. ^ 「2014年4月13日松井幸則レフリー20周年記念試合くいしんぼう仮面vs菊タロー戦の後、菊タローから月岡さんと本名をばらされている。
  3. ^ Facebookでは月岡明則(くいしんぼう仮面)としている。
  4. ^ 海外のプロレスデータサイトでは“Akinori Tsukioka”で検索すると、「Kuishinbo Kamen」のページにリンクされる。『WRESTLINGDATA.COM』[2]『Internet Wretling Database』[3]2017年7月22日閲覧

外部リンク[編集]