藤田峰雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤田 峰雄
藤田 峰雄の画像
プロフィール
リングネーム 藤田 峰雄
本名 藤田 峰雄
ニックネーム みねぴょん
身長 178cm
体重 80kg
誕生日 11月28日(年齢非公開)
出身地 埼玉県さいたま市
所属 チンコプロレス
スポーツ歴 レスリング
柔術
バレーボール
トレーナー アニマル浜口
デビュー 2002年11月10日
テンプレートを表示

藤田 峰雄(ふじた みねお、11月28日 - )は、日本プロレスラー

経歴[編集]

学生時代よりシューティングジム大宮やアニマル浜口トレーニングジムでトレーニングを積む。2000年4月にみちのくプロレスに入門するも、一週間で合宿所から夜逃げ。さらに2001年4月にも大阪プロレスに入門するが、こちらは1ヶ月で退団している[1]

2002年8月にハヤブサやミスター雁之助が立ち上げたWMFの第一期入門テストに合格し、同月に入門。(翌年の二期生には宮本裕向などが入門している。) 2002年11月10日WMFの対大矢剛功戦でデビュー。WMF生え抜き第1号レスラー。

2005年11月から12月、アメリカ合衆国ペンシルベニア州のIWCへ遠征。

2008年8月、WMF解散後、フリーとして活動。ドラディションを主戦場に覆面MANIA666など数々の団体で活躍。その後、新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリングNOAHなど、インディーからメジャー団体まで、日本の主要プロレス団体には全て参戦している。

2009年10月、大原はじめを破り、NWAインターナショナルジュニアヘビー級王座を奪取。

2011年3月、覆面レスラー「美熊」としてZERO1に参戦。5月、マスクを自ら脱ぎZERO1入団を直訴して代表の大谷晋二郎から了承される。

2012年2月、後楽園ホール NWAインターナショナルライトタッグ選手権に乱入して日高郁人に裏切りのスワントーンボムを投下。ZERO1に反旗を翻し菅原拓也と結託。その後、ヒールに転向。5月、ヒール軍に第64代横綱 が加入、『ZERO64』を結成する。

8月、横浜文化体育館にて菅原と組み、ジミー・ススム&ジミー・カゲトラ組を破りNWAインターナショナルライトタッグ王座を奪取。

2014年9月、ZERO1後楽園ホール大会にて、ジェイソン・リーを破りインターナショナルジュニア&NWA世界ジュニアの二冠王座を獲得。

2016年3月、会見にて「4月より今より更に活動の幅を広げて、プロレスラーとしてもっと成長したい。年齢的なこともあり、今のうちに自分の可能性を試したい」と思うことから、ZERO1退団を表明し、フリーランスへ。

2017年3月5日、高島平区民館ホールでプロレス団体「チンコプロレス」の旗揚げ戦を開催[2]

その後、自身が旗揚げプロデュースするチンコプロレスは定期的に開催し、観客動員は毎回満員を記録し、プロデューサーとしての手腕も発揮。

2018年5月、自身のチンコへのダメージ蓄積によるドクターストップがかかり、7月より治療と快復のための長期欠場、それに伴い7月9日にチンコプロレス活動休止興行の開催も併せて発表された。

2018年7月9日、新木場1stRINGにて行われたチンコプロレス活動休止興行は超満員札止めを記録。 バラモンケイと対戦して勝利している。

現在は長期休業中。

得意技[編集]

ファイヤーバードスプラッシュ
スワントーンボム
ダウンバースト
タイガースープレックス
雁クラ
各種急所攻撃

入場曲[編集]

  • 初代 : ROCK STAR
  • 2代目 : FIGHT
  • 3代目 : MOBSCENE

タイトル歴[編集]

映画出演[編集]

  • 平成トンパチ野郎〜男はツラだよ〜(マジカル / グラッソ)(2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]