アニマル浜口レスリング道場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アニマル浜口レスリング道場(アニマルはまぐちレスリングどうじょう)は、アニマル浜口東京都台東区浅草に設立したレスリング道場プロレスラー養成所としてはアニマル浜口トレーニングジム(アニマルはまぐちトレーニングジム)の入門者を対象にしている。

特徴[編集]

他の格闘技などで実績のない者や身長が足りずにプロレスラーの道を閉ざされていた者に門戸を開放して多数のプロレスラーを輩出した功績は計り知れない。これは決して「トッププロレスラー」とは言えないながらも、その高い人格と技術でプロレス界で高い人気と尊敬を保ち続けただけでなくプロレスに愛情を注ぎ「メジャー団体から注目されることのない人物であってもプロレスラーの可能性はある」とするアニマル浜口の人間性による処が大きい。

また単にプロレスラーを育成するにとどまらず人間形成をする道場としての役割も重視しており道場の壁や天井など至る所に道場訓というべき標語が手書きされている。その教えは道場生たちに確実に浸透しており出身プロレスラーたちには礼儀正しさや実直さにおいて抜きん出ている者が非常に多い。

道場主で指導者のアニマル浜口は出身プロレスラーから恩義と高い尊敬の念を集めている。アニマル浜口の祝いの席には出身プロレスラーたちが必ず大挙して馳せ参じることからも、それがうかがえる。

概要[編集]

1988年、アニマル浜口が開設。1987年、プロレスの第一線から退いたアニマル浜口はボディビルダーとして本格的に活動するようになりボディビルのトレーニングジム経営者として娘の浜口京子を指導するようになった。京子は当初、女子プロレスラーを志望していたがプロレスの世界で大成することの困難さを身をもって知る親心で「とにかく身体を動かせ」と説得してボディビルへの道を勧めた。

アニマル浜口の人柄を慕って門下生が増え始めると京子も男性門下生と共にトレーニングに参加するようになりレスリング選手として大成。道場長はアニマル浜口の長男で京子の弟の浜口剛史が務めている。

杉田健一が主宰するキックボクシングジム「杉田道場」と協力してキックボクシングの打撃練習も行っている。

出身者[編集]

外部リンク[編集]