ビリーケン・キッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビリーケン・キッド
プロフィール
リングネーム ビリーケン・キッド
本名 非公開
ニックネーム 大阪エスペランサ
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 (1973-11-27) 1973年11月27日(45歳)
出身地 大阪府大阪市
所属 プロレスリングアンサー
トレーナー ブラック・パワー
デビュー 1996年
テンプレートを表示

ビリーケン・キッド1973年11月27日 - )は、通天閣に祭られている幸運の神「ビリケン」をモチーフにした日本覆面レスラー

ビリーケン・キッドのマスクを被る前の姿はユニット「ルチャリブレ日本」のメンバーとしてプロレスリング華☆激にレギュラー参戦していた覆面レスラー「飛影(とびかげ)」とする説がある。

経歴[編集]

3人兄弟の末っ子で幼少の頃から兄が初代タイガーマスクのデビュー戦を生観戦したことでプロレスファンになり、プロレスラーになることを志すが体が小さかったため、メキシコへ渡ることを決意する。しかし、親には「プロレスラーになりたい」とは言い出せずにいた。

1995年、「語学留学をする」という理由でメキシコのクエルナバカへ語学留学に行く。

10月9日、ルチャリブレのジムに入門。

1996年、ブラック・パワーに師事する。師匠から徹底的にルチャリブレの基礎を叩き込まれる。

同年、クエルナバカでデビュー。

1998年1月、AAAに入団。

4月、磁雷矢SHIIBA、ゴクウと共にユニット「ロス・カミカゼス」を結成。

2000年、AAAを退団。

同年、日本に帰国して磁雷矢、SHINOBI、SHIIBAと共にユニット「ルチャリブレ日本」を結成してプロレスリング華☆激に参戦。

ビリーケン・キッド[編集]

2002年1月、大阪プロレスに入団してリングネームをビリーケン・キッドに改名。

2003年5月、ツバサと組んでタッグフェスティバルに優勝。大阪タッグチャンピオンの座に挑むも王者村浜武洋獣神サンダー・ライガー組に敗れた。

12月、タイガースマスクとのタッグで見事に勝利して新王者となった。しばらくした後に発表になったタッグチーム名は「ザ☆虎ビリー」。この後、挑戦者チームとの体格差やタイガースマスクの故障に悩まされるが苦戦ながら4度の防衛に成功している。

2004年8月、トリプルスレットルールで行われた大阪プロレス選手権試合で勝利して二冠を達成。

10月、"ビッグボス"MA-G-MAに敗れて大阪プロレス王座を失う。

12月、大阪プロレスタッグ王座を失う。

2005年2月、ペロと組んで再び、大阪プロレスタッグ王座を獲得

4月、ペロが大阪プロレスを退団したため、大阪プロレスタッグ王座を返上。

2006年1月28日、正規軍を離脱してルード軍を結成。

2月28日、軍団名をベンダバルにしたことを発表。それにあわせて従来の黄色いコスチュームから黒を基調としたコスチュームに変更。ただし、観客の反感を買ったり恐怖心を煽るような悪役一辺倒ではなく「チョイ悪(わる)」スタイルになっている。

2月、ブラックバファローと組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。

7月、ブラックバファローが負傷して長期欠場を余儀なくされたため、大阪プロレスタッグ王座を返上。

8月、新たに秀吉と組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。

8月、スペル・デルフィン戦に勝利して第12代大阪プロレス王座を獲得して二冠を得る。

12月、大阪プロレスタッグ王座を失う。

2007年2月12日、大阪ハリケーンにてタイガースマスクに敗れて大阪プロレス王座からも陥落する。

3月24日、ベンダバル同門対決に敗れて秀吉政宗によりベンダバルを追放される。その後、しばらくは共に追放されたアジアン・クーガーと組んで試合をしていたが、ヒールターンしたスーパー・ドルフィンと入れ替わるように正規軍入りする。ちなみに正規軍に加入後も「チョイ悪(わる)」スタイルは、そのままである。

9月、試合中に右前腕を骨折して長期欠場。

2008年2月11日、大阪ハリケーン2008の対丸藤正道戦にて復帰戦が行われた。しかし、怪我が完全に治りきっていなかったことを打ち明けて再度欠場。

7月12日、SATURDAY NIGHT STORYにて復帰戦が行われた。

12月7日、「天王山」決勝戦でブラックバファローを破り、悲願の初優勝したが、この決勝戦で右肩鎖関節脱臼という怪我に見舞われて再度欠場。

2009年1月31日、「SATURDAY NIGHT STORY」にて復帰戦が行われた。

2月15日、「大阪ハリケーン」にて大阪プロレス選手権試合対秀吉戦に勝利して王座奪還。第15代大阪プロレス王者となる。

7月25日、「SATURDAY NIGHT STORY」の大阪プロレス選手権試合対ディック東郷戦に敗れて王座陥落と同時に大阪プロレス王座を流出させてしまう。

12月6日、「天王山」決勝戦でマグニチュード岸和田をベルディゴで破り、2年連続優勝。

2010年2月11日、大阪ハリケーン2010でディック東郷の持つ大阪プロレス王座に挑戦してファイヤーバードスプラッシュで勝利して第17代大阪プロレス王者となる。試合は場外カウント無しの反則裁定一切無しのノーDQマッチであり、且つ負ければ東郷の股をくぐり大阪プロレスを離脱しなければならないという厳しい条件をのんでのベルト挑戦であった。

6月18日、DRAGON GATEとの全面対抗戦でCIMAとのシングルマッチに敗北して大阪プロレス王座を再度流出。

2011年1月23日、豊中市ローズ文化ホールで自主興行「夢と元気をビリーから!!」を開催。

5月22日、ルード軍「JOKER」に加入。コスチュームも目がメッシュで覆われた黒マスクに黒タイツに変更。

5月、空牙とのタッグで「大阪タッグフェスティバル2011」に出場。Aブロック1位で優勝決定戦に進む。

6月26日、松下IMPホール大会で、Bブロック1位のバッファロー&タイガース組と戦い、敗れて準優勝となる。試合後、タイガースに「悪くなったら強くなれたんか。お前の問題はこことちゃうんか」と精神力の弱さを指摘される。その後、この試合の敗戦の責任を背負ったビリーはJOKERのメンバーから試合中に袋叩きの制裁を受けるが、メキシコ時代からの盟友である筑前りょう太九州プロレス)が現れてビリーを救出して、そのまま九州へビリーを連れ帰り、ビリーのモチベーションアップと新必殺技の開発に手を貸した。

8月14日、「大阪ハリケーン」で完全復活したビリーはアジアン・クーガーから大阪プロレス王座を奪還していたタイガースに挑戦。新必殺技「エスペランサ(スペイン語で希望の意)」を駆使してタイガースを破り、大阪プロレス王座を獲得。

2012年2月、IMPホール大会にて原田大輔と対戦して王座陥落。

3月に念願の第2回自主興行がエムアリで開催して満員の観衆に見守られながら筑前りょう太とのシングルマッチが行われて筑前りょう太のチョップ連打で胸板を真っ赤に腫らしながら互角の闘いを見せたものの最後は筑前の、とぶばい2連発に敗北。

7月、豊中市の中学校における「大阪プロレス&教育講演会」なる催しに招かれて激しい試合を行った後で息も乱さず小中学生や保護者を前に自身の体験を踏まえて夢を持つ事の大切さや家族と友人への感謝の大切さなどを講師として講演している。

2014年4月20日、大阪プロレスを退団。

道頓堀プロレスでは仲間としてゼウスThe Bodyguard、菅沼修、三原一晃織部克巳と共に行動している。また、老人ホールなどでボランティアで慰問活動を行っている。

2015年7月、プロレス団体「プロレスリングアンサー」を設立することを発表。

9月13日、尼崎中小企業センターでプロレスリングアンサーの旗揚げ戦を開催。

9月、バッファローと組んで(タッグチーム名は「ベンダバル」)、プロレスリング・ノアで開催された「日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」に参戦。拳王&大原はじめ組、スペル・クレイジー&熊野準組に勝利して勝ち点4を得るも敗退。公式戦最終戦では、かつて大阪プロレスに所属していた原田大輔小峠篤司のタッグチーム「桃の青春タッグ」と対戦。

その後、施設への慰問活動と並行して全日本プロレス大日本プロレスドラディション、道頓堀プロレス、九州プロレス、琉球ドラゴンプロレスリング、プロレスリング・チームでらに参戦。

2016年8月20日、全日本プロレス神戸サンボーホール大会にて1年前に同試合会場にてGAORA TV王座を争った中島洋平に挑戦してファイヤーバードスプラッシュで勝利して同王座を獲得。

9月9日、全日本プロレス豊中市立ローズ文化ホール大会にて三原と対戦して初防衛に成功。

9月19日、全日本プロレス後楽園ホール大会にて前王者の中島とリマッチで2度目の防衛に失敗。

2017年4月30日、尼崎市中小企業センターでデビュー20周年記念大会を開催。

得意技[編集]

ルチャリブレの動きを取り入れた独特のムーブや技を得意としている。入り方が複雑であったり、段階を踏む技、ロープを利用するテクニカルな技に特色がある。身が軽く卓抜した空中バランス持ち、スープレックス系の投げ技をバク宙して着地する姿をよく見せる。

ファイヤーバードスプラッシュ
ベルティゴ
こうもり吊り落とし
ビリーケンドライバー
ビリーケンダスト
ビリンコバスター
ビリドッギングヘッドロック
ストラタスファクションと同型。
アンサーボム
フィッシャーマンズボム
エスペランサ
ラ・エスパルダ
ラス・エスパルダス

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

外部リンク[編集]