NEO女子プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有限会社ネオ・エンターテイメント
NEO
種類 有限会社
略称 NEO女子プロレス
本社所在地 222-0002
横浜市港北区師岡町882-2-203
設立 2000年
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行及
関連企画の運営
代表者 代表取締役社長 甲田哲也
外部リンク NEO女子プロレス公式サイト
特記事項:2000年に株式会社エヌ・イー・オーより事業譲渡。2010年12月31日、興行活動を終了。2012年、清算
テンプレートを表示

NEO女子プロレス(ネオじょしプロレス)は、日本女子プロレス団体。運営会社はネオ・エンターテイメント。以前の団体名はネオ・レディース

ネオ・レディース時代[編集]

1997年全日本女子プロレスからの選手大量離脱の際に井上京子を中心とした女子プロレスラー9人によって、前身であるネオ・ジャパン・レディース・プロレスリング(略称ネオ・レディース)が立ち上げられる。社長には元ファミ通編集者で後にスマックガールを立ち上げる篠泰樹が就任し、井上も取締役となった。

元々、井上京子を中心に新団体を旗揚げする考えはあったが、準備期間中に一部スポーツ紙に旗揚げをスッパ抜かれ、また、同じく全女から分かれたアルシオン旗揚げのニュースもあり、対抗として見切り発車的に旗揚げすることになる。

尚、当初、団体名をネオ・レディースではなく『新日本女子プロレス』と名乗る予定だったが、新日本プロレスからの商標権侵害による告発によりギリシャ語で「新」を意味する「ネオ(neo)」を使いネオ・レディースと名乗ることになる(ただし、会社が発行した封筒等に記載してあった会社名は、株式会社新日本女子プロレスだった)。

そのような慌しい中での旗揚げではあったが、保険会社との提携や渋谷区に道場を兼ねた試合会場を作る等の準備を行い(自分達の興行がない時に他団体へ会場を貸し出し、その使用費を団体運営に当てるつもりでいた)、旗揚げに漕ぎ着けるも、当初使用する予定だった渋谷の会場が地元の反対や建築基準法に抵触することが判明し、1度だけファンを集めてのイベントで使用したのみで、閉鎖することになる。

旗揚げ戦は1998年1月9日後楽園ホール大会。所属9人のみで興行を打ったため椎名由香を除いた全員がそれぞれ2試合、井上に至っては3試合に出場した。2月には駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で興行を打った。

その後、団体の分裂に伴い、ファンも分裂した事や、全女のように地方に強いパイプを持っていなかったことによるPR不足等により観客動員に苦戦し、そのことで井上京子がリング上で「なんだこのザマは」とフロント陣を批判するなど、選手とスタッフの間で感情的なしこりを作ってしまう。井上は「オカマムエタイ戦士」パリンヤー・ジャルーンポン異種格闘技戦を決行するが、話題こそなれど起爆剤にはならなかった。

旗揚げから2年後の1999年DDTプロレスリングとの提携などを模索するも、経営不振からオーナーを始めとするほとんどのスタッフが離脱し(当時のオーナーは起死回生の手段として、大会場での興行を行う考えがあったが、地道な興行で手堅く維持を図ろうとする後の社長の甲田哲也との間で意見の相違があったとされている)、2000年1月6日後楽園大会を最後に解散。

NEO女子プロレス時代[編集]

ネオ・レディース解散後、残されたスタッフと選手達で新法人株式会社エヌ・イー・オー、新団体NEO女子プロレスとしてスタートすることとなる。社長にはホリプロ出身で後にトライバルキックス社長として小室哲哉とともに5億円詐欺事件で逮捕された平根昭彦が就任するが、3ヶ月でエヌ・イー・オーは破産[1]。興行権の譲渡を受ける形で有限会社ネオ・エンターテイメントを設立し、甲田哲也が社長に就任した。

NEOとしては2000年3月16日北沢タウンホールでプレ旗揚げ戦、そして5月31日に同じく北沢で旗揚げ戦を開いた。

NEOになってからは、基本的には大会場での興行は行わず、板橋産文ホール(現・板橋グリーンホール)のような小規模の会場をメイン会場とした。そして後楽園ホールやディファ有明川崎市体育館のような中規模の会場をビッグマッチとし、キャラクターレスラーを登場させた30人時間差バトルロイヤル等の企画で差別化を図っている。また、地方興行もあまり行わず(行ったとしても、地元のプロモーターへの売り興行が主)、大都市でのマニア層を中心に手堅く興行を行う。一方で女子総合格闘技「ReMix」の旗揚げにも関わった(ReMixは後にスマックガール→JEWELSへ継承)。

ネオ・レディース時代には経営難から選手の離脱もあったが、NEO女子プロレスでは大きな選手の動きもなく、そのため、その堅実な経営から『世界一平和な団体』と称されている。それなりの規模を持つ団体でありながらNEO設立以来道場を持てなかったことを揶揄する声もあったが、2005年12月に念願の道場が横浜市に完成。それまでままならなかった新人の発掘・育成も開始。

2007年からは地方興行を積極的に行う方針に転換し、既に北海道、愛知、長崎、長野などで興行が行われている。

社長(時には音響担当他スタッフに降格したりする)の甲田が巻き起こすレスラーやリングアナなどとの抗争は、団体の一つの名物となっていた。2006年に一時音響に降格していた際、浦えりか高橋りからグラビアアイドルを据えて「ニューNEO女子プロレス」(ニュー全日本女子プロレスのもじり)を旗揚げしようとしたが、旗揚げを懸けた試合で敗れ頓挫。

2005年に全女が解散して以降は女子プロレス界の先頭に立ってリードしてきたが、団体を支えたベテラン及び中堅が相次いで引退する一方、生え抜きの若手選手が相次いで欠場に入ったため世代交代で苦しみ、加えて井上京子の出産による長期欠場もあり、駒不足を補うべくフリーランス依存が高くなっていた。特に2009年松尾永遠が引退してからは地方で観衆2桁の興行が出るなど観客動員にも翳りが見え始めた。

2010年5月5日の後楽園大会において、まず第3試合後に井上京子が退団を表明、さらにメイン終了後に、大晦日の後楽園大会での団体解散および田村欣子タニー・マウス宮崎有妃の引退を発表した[2]。また同大会終了後の記者会見で、長期欠場中だった、だいのぞみ石橋葵川野夏実の退団も発表された[3]。残るは勇気彩野崎渚、それに解散発表後に入団した飯田美花の3名のみとなり、いずれも現役を続行。

2010年12月31日、後楽園ホールでの最終興行を開催し、団体としての歴史に終止符を打つ。

解散後[編集]

団体解散後、井上は新団体「ワールド女子プロレス・ディアナ」を2011年4月に旗揚げし、勇気・野崎も合流。

一方、飯田は新団体に合流せず、NEO最後のシングル王者となった栗原あゆみに弟子入りしフリーランスとしてアイスリボンプロレスリングWAVEなどに参戦。

2010年5月付で退団した石橋・川野は、やはり2011年に旗揚げされたREINA女子プロレスへの入団を表明した。また、同団体にはNEOの元スタッフ数名も含まれており、飯田もフリーながら参戦している。REINA旗揚げ直前に石橋と飯田でアイスリボンに参戦して「NEOゲノム」タッグを結成し、3月21日の後楽園大会では入場曲に「NEOのテーマ」を使用した。

甲田は自身も旗揚げに関わったアイスリボンで不定期ながら音響を担当したり、DDTユニオンプロレスで売店の手伝い等をしているが、残務整理が完了し、会社を清算した後は業界から手を引く意向であった。しかし、アイスリボン創設者であるさくらえみの退団を受け、マッチメイクなどの業務を引き継いだ後、2012年6月にはDDTプロレスリングが女子プロレス事業部「東京女子プロレス」を新設したことに伴い、事業部長に就任した。同団体にはだいがリングネームをNOZOMIと改め復帰。

同じく2011年に旗揚げされたスターダムはNEO解散発表を機に(NEOのビッグマッチに参戦していた)風香が中心となって構想に着手されたものである。また、NEOが管理していたハイスピード王座の管理権も譲渡されている。

2011年にはNEOの集大成的なDVDソフトが順次リリースされ、発売イベントでは現役・引退済を問わず元NEO選手・スタッフも駆けつけてトークショーやサイン会なども組み込まれた。

タイトル[編集]

団体解散後に封印された王座
最終興行でフリーの栗原あゆみが奪取したため王座は残っていたが、防衛戦を行わぬまま2011年5月25日に王座を返上し事実上の封印。
団体解散とともに封印された王座
団体解散後も存続している王座
2011年からは新団体スターダムが管理。
団体活動中に封印された王座

いずれもNEO認定タッグ王座より前に存在したタッグ王座である。

タイトルマッチは原則として板橋グリーンホールでのみ行われた。
タイトルマッチは原則として北沢タウンホールでのみ行われた。ベルトは後にインターナショナル・リボンタッグ王座アイスリボン管理)に流用された。

所属選手[編集]

団体解散まで所属して現役を続行している選手
2006年、新生NEOの生え抜き第1号としてデビュー。解散後はディアナに合流するが、旗揚げから約4ヶ月で退団。フリーランスとして各団体に参戦した後、地元のOSAKA女子プロレスに入団。2013年契約解除。
甲田社長と同郷。2006年に15歳でデビューするも、怪我が多く欠場と復帰を繰り返す。解散後はディアナに合流するが、旗揚げから1ヶ月足らずで解雇。フリーとしてWAVEに参戦した後、長期欠場を経て、大原はじめを頼りWNCで復帰。現在は休業中。
NEO解散発表のあった2010年5月5日に入団したNEO最後の新人。11月21日デビュー。解散後は栗原あゆみに弟子入りしフリーとして様々な団体に参戦した後、2013年WAVEに入団。
団体解散とともに引退した選手
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。「タムラ様」のキャラクターで人気を博すとともにNEO二冠王座戴冠7度・通算防衛37回を記録しNEOのエースとして君臨。引退後はアロマサロン「AOコーナー」を開店。
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。田村欣子とは全女時代の同期。宮崎有妃とのタッグチーム「NEOマシンガンズ」で活躍。第2次甲田体制では副社長も兼任。引退後は鍼灸師を目指し2012年に取得。
JWPでデビューし、Jd'を経て、メキシコに渡りAAAに参戦、帰国後はフリーランスとして活動した後、2000年NEO入団。タニー・マウスとのタッグチーム「NEOマシンガンズ」で活躍。第2次甲田体制では社長秘書も兼任。引退後はミュージシャンとして主にライブ活動をしている。
途中退団・引退した選手

ネオ・レディースを含む

NEOの選手代表であり取締役兼任。2010年5月5日に退団しフリーに転向するが、2011年に新団体「ディアナ」を旗揚げ。
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。2000年に退団しフリーに転向後、頭部の負傷のため2002年9月29日引退。
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。田村、タニー、遠藤とは全女時代の同期(平成6年組)。2008年12月31日引退。
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。2006年12月31日引退。
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。1999年に退団しフリーに転向後、AtoZ入団、一時引退、復帰を経て、AtoZ崩壊後、再びフリーとなり三田英津子とのタッグ「ラス・カチョーラス・オリエンタレス」を復活させてNEO参戦。現在はメキシコCMLLを主戦場としている。
  • 千春
SPWF。引退試合の1日のみ所属、リングアナとして活動した。現在も不定期ながらアイスリボンのリングアナ。
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。1999年に退団しフリーとして新生NEOに参戦。2003年5月5日引退。
LLPWでデビューした後、フリーを経て2000年に入団。総合格闘技レスリングにも挑戦したが、2002年頃退団。
ネオ・レディース1期生。2006年7月17日引退。
Jd'でデビューした後、2002年移籍。2009年5月5日引退。
ネオ・レディース旗揚げメンバーのひとり。1年で退団しフリーになるも2005年NEO復帰。2009年11月1日引退。
2008年デビューも、2010年5月5日付で退団。2012年にリングネームを「NOZOMI」と改めて東京女子プロレスで復帰するが、本旗揚げ目前にして退団。
2009年デビューも、だいと同時に2010年5月5日付で退団。12月にフリーとして復帰し、KAIENTAI-DOJO・アイスリボン参戦を経て、REINA団体化に参加。現在はフリーランス集団「世界プロレス協会」としてK-DOJOなどで活動。世界プロレス協会は2013年末に団体化。
同上。2011年にREINAで復帰するが、旗揚げから1ヶ月強で退団。

スタッフ[編集]

なお、団体ではレフェリーは雇っておらず、主にフリーランサーを興行ごとに起用していた。

セミレギュラー[編集]

NEOのストーリー展開において重要な役割を担った選手たちを列挙する。

外国人選手[編集]

NEO殿堂[編集]

2005年のNEO女子プロレス5周年記念興行において、NEO所属歴問わず団体の歴史に貢献した功労者4名を最初の殿堂入りとして表彰した。

2010年の10周年記念で新たに8名の殿堂入りが決まり、5月3日の板橋グリーンホールにおいて表彰される。前回は興行内で表彰を行ったが、今回はWWEをモチーフに5月5日後楽園ホール大会直前の前夜祭的イベントとして催される。

団体解散を目前に控え、解散とともに引退する選手3名の殿堂入りを発表。最終興行後に東京ドームホテルで行われる記念パーティーで表彰される。

殿堂入り表彰者は以下の通り。

第1回(2005年)[編集]

  • チャパリータASARI(レディゴン殿堂にも表彰)
  • アキュート冴
  • 田辺優
  • 名倉純子(久志麻理奈の元マネージャー)

このときには唯我も表彰される予定だったが、まだ引退していないため本人が拒否した。

第2回(2010年)[編集]

  • 仲村由佳
  • 椎名由香
  • 元気美佐恵
  • 松尾永遠
  • 三田英津子
  • 日向あずみ
  • 浅野恵(元レフェリー)
  • 永田克弘(西田夏の元マネージャー)

第3回(2010年)[編集]

  • 田村欣子
  • タニー・マウス
  • 宮崎有妃

解散興行[編集]

  • 大会名:STAGE DOOR
  • 日時:2010年12月31日(金)
  • 場所:後楽園ホール
  • 観客:1,750人(超満員札止め)
第一試合(10分一本勝負)
花月 (7分34秒 スワンダイブ式ミサイルキック→体固め)
飯田美花
第二試合(15分一本勝負)
さくらえみ
志田光
藤本つかさ
(10分11秒 二階からのにゃんにゃんプレス→片エビ固め)
下田美馬
野崎渚
松本浩代
第三試合 NEOマシンガンズ最終試合(30分一本勝負)
タニー・マウス
宮崎有妃
(25分3秒 ムーンサルトフットスタンプ→片エビ固め)
植松寿絵
春山香代子
第四試合(15分一本勝負)
紫雷美央
紫雷イオ
(8分37秒 ライダーキック→片エビ固め)
勇気彩
真琴
第五試合 タニー・マウス、宮崎有妃引退試合(30分一本勝負)
タニー・マウス (10分41秒 ミッションポッシブル)
宮崎有妃
第六試合 田村欣子引退試合 NWA認定女子パシフィック&NEO認定シングル選手権(30分一本勝負)
栗原あゆみ (27分14秒 変形裏投げ→体固め)
田村欣子
メインイベント NEO解散試合(10分一本勝負)
田村欣子
タニー・マウス
宮崎有妃
(時間切れ引き分け)
勇気彩
野崎渚
飯田美花

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【超・長文注意】小室容疑者の共犯はNEOの元社長!? NEO女子プロレス社長のブログ
  2. ^ NEOが記念興行で解散を発表 日刊スポーツ 2010年5月5日
  3. ^ 京子は「方向性の違い」とNEO退団 日刊スポーツ 2010年5月5日

外部リンク[編集]