NEO女子プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社ネオ・エンターテイメント
Neo Entertainment
種類 有限会社
略称 NEO
本社所在地 日本の旗 日本
222-0002
横浜市港北区師岡町882-2-203
設立 1997年
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役 甲田哲也
特記事項:
2000年、エヌ・イー・オーより事業譲渡。
2010年12月31日、活動終了。
2012年、清算。
テンプレートを表示

NEO女子プロレス(ネオじょしプロレス)は、日本女子プロレス団体。運営はネオ・エンターテイメント。

ネオ・レディース[編集]

1997年全日本女子プロレスからの選手大量離脱の際に井上京子を中心とした9人によって前身であるネオ・ジャパン・レディース・プロレスリング(略称:ネオ・レディース)を設立。代表に元ファミ通編集者で後にスマックガールを設立した篠泰樹が就任。元々、井上を中心に新団体を設立する考えはあったが準備期間中に一部スポーツ紙に設立をスッパ抜かれて、また同じく全日本女子から分かれたアルシオンの設立のニュースもあって対抗として見切り発車的に設立することになる。

当初は団体名をネオ・レディースではなく新日本女子プロレスと名乗る予定だったが新日本プロレスからの商標権侵害による告発によりギリシャ語で「新」を意味する「NEO(ネオ)」を使いネオ・レディースと名乗ることになる(ただし会社が発行した封筒等に記載してあった会社名は株式会社新日本女子プロレスだった)。

そのような慌しい中での設立ではあったが保険会社との提携や東京都渋谷区に道場を兼ねた試合会場を作る等の準備を行い(自分達の興行がない時に他団体へ会場を貸し出して、その使用費を団体運営に当てるつもりでいた)、旗揚げに漕ぎ着けるも当初使用する予定だった渋谷の会場が地元の反対や建築基準法に抵触することが判明して1度だけファンを集めてのイベントで使用したのみで閉鎖することになる。

1998年1月9日後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。所属選手9人のみで興行を開催したため椎名由香を除いた全員がそれぞれ2試合、井上に至っては3試合に出場。

その後、団体が分裂したことでファンも分裂して地方に強いパイプを持っていなかったことによるPR不足等により観客動員に苦戦して、そのことで井上がリングで「なんだこのザマは」とフロント陣を批判するなど選手とスタッフの間で感情的なしこりを作ってしまう。井上はオカマムエタイ選手のパリンヤー・ジャルーンポン異種格闘技戦を決行するが話題こそなれど起爆剤にはならなかった。

1999年DDTプロレスリングと業務提携を結ぶなどを模索するも経営不振からオーナーを始めとするほとんどのスタッフが離脱して(当時のオーナーは起死回生の手段として大会場での興行を開催する考えがあったが地道な興行で手堅く維持を図ろうとする後の代表の甲田哲也との間で意見の相違があったとされている)2000年1月6日、後楽園ホール大会を最後に解散。

NEO女子プロレス[編集]

ネオ・レディース解散後に残された所属選手とスタッフで株式会社エヌ・イー・オーを設立して団体名をNEO女子プロレス(ネオじょしプロレス)に改称してスタートすることとなる。代表にはホリプロ出身で後にトライバルキックス代表取締役社長として小室哲哉とともに5億円詐欺事件で逮捕された平根昭彦が就任するが3ヶ月でエヌ・イー・オーは破産[1]。興行権の譲渡を受ける形で有限会社ネオ・エンターテイメントを設立して甲田が社長に就任。

2000年3月16日北沢タウンホールでプレ旗揚げ戦を開催。5月31日、北沢タウンホールで旗揚げ戦を開催。

NEOになってからは基本的に大規模会場での興行は開催せず板橋産文ホール(現:板橋グリーンホール)のような小規模会場をメイン会場としていた。そして後楽園ホールディファ有明川崎市体育館のような中規模の会場をビッグマッチとしてキャラクターレスラーを登場させた30人時間差バトルロイヤル等の企画で差別化を図っている。また地方興行もあまり開催せず(開催したとしても地元のプロモーターへの売り興行が主)大都市でのマニア層を中心に手堅く興行を開催。一方で女子総合格闘技団体「ReMix」の設立にも関わった(ReMixは後にスマックガールからJEWELSへ継承)。

NEOでは大きな選手の動きもなく、その堅実な経営から「世界一平和な団体」と称されている。それなりの規模を持つ団体でありながらNEOの設立以来道場を持てなかったことを揶揄する声もあったが後に念願の道場が神奈川県横浜市に完成。それまでままならなかった新人の発掘と育成も開始。

2005年全日本女子プロレスが解散して以降は女子プロレス界の先頭に立ってリードしてきたが団体を支えたベテラン及び中堅が相次いで引退する一方で生え抜きの若手選手が相次いで欠場に入ったため世代交代で苦しみ加えて井上京子の出産による長期欠場もあり駒不足を補うべくフリー依存が高くなっていた。

2006年浦えりか高橋りかグラビアアイドルを据えて「ニューNEO女子プロレス(ニュー全日本女子プロレスのもじり)」を設立しようとしたが設立を懸けた試合で敗れて頓挫。

2007年からは地方興行を積極的に開催する方針に転換して既に北海道愛知県長崎県長野県などで興行を開催。

2009年松尾永遠が引退してからは地方で観衆2桁の興行が出るなど観客動員にも翳りが見え始めた。

2010年5月5日、後楽園ホールで第3試合終了後に井上が退団を表明して、さらに全試合終了後に大晦日に開催する後楽園ホール大会を最後に解散及び田村欣子タニー・マウス宮崎有妃の引退を発表[2]。また同興行終了後の記者会見で長期欠場中だっただいのぞみ石橋葵川野夏実の退団も発表[3]。残るは勇気彩野崎渚、解散発表後に入団した飯田美花のみとなり、いずれも現役を続行。12月31日、後楽園ホールで最終興行を開催して解散。

タイトル[編集]

解散後に封印された王座
解散とともに封印された王座
解散後も存続している王座
活動中に封印された王座

いずれもNEOタッグ王座より前に存在したタッグ王座。

タイトルマッチは原則として板橋グリーンホールで行われる。
タイトルマッチは原則として北沢タウンホールで行われる。

所属選手[編集]

レギュラー参戦選手[編集]

NEOのストーリー展開において重要な役割を担った選手たちを列挙する。

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

過去の所属選手[編集]

NEO殿堂[編集]

NEOの歴史に貢献した功労者を殿堂入りとして表彰。

2005年

唯我も表彰される予定だったが引退していないため本人が拒否。

2010年
2010年

脚注[編集]

[ヘルプ]