スコルピオ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヌニェス第二姓(母方の)はフアンです。
スコルピオ・ジュニア
プロフィール
リングネーム イマジェン
スコルピオ・ジュニア
レッド・スコルピオン
エル・バンディード
サダム
本名 ラファエル・ヌニェス・フアン
ニックネーム 赤さそり二世
身長 174cm
体重 98kg
誕生日 (1966-10-11) 1966年10月11日(50歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコメキシコシティー
所属 IWRG
トレーナー スコルピオ
ラファエル・サラマンカ
デビュー 1985年8月30日
テンプレートを表示

ラファエル・ヌニェス・フアンRafael Núñez Juan1966年10月11日 - )は、メキシコメキシコシティー出身の男性プロレスラー

スコルピオン・ジュニアScorpio, Jr.)で知られる。

来歴[編集]

「赤さそり」ことスコルピオの3人兄弟の長男。大学では経済学を学び、その一方でアマチュアレスリング(フリースタイル44キロ級)、重量挙げなどを経験[1]、その後4年間のプロレス修行の末1985年8月30日イダルゴ州アレナ・アクトパンでデビュー。デビューしてまもなく現在のリングネームのマスクマンになる。

1992年6月15日に日本のユニバーサル・プロレスリングにてシュー・エル・ゲレーロと組んでUWA/UWFインターコンチネンタル・タッグ王座を奪取。1993年5月30日にシュー・エル・ゲレーロ、エル・エンヘンドロと組んでエル・シグノネグロ・ナバーロブラック・パワー2号組を破りUWA世界トリオ王座を奪取。1994年2月には新日本プロレスに来日、シングルでは獣神サンダー・ライガー大谷晋二郎高岩竜一エル・サムライ小島聡とシングルを行った。5月30日にも同じメンバーで同じ相手にUWA世界トリオ王座を再び奪取。1994年10月にも同ベルト奪取。1997年には新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにエントリー。1998年11月13日ベスティア・サルバヘと組んで出場したCMLL世界タッグチーム王者決定トーナメントの決勝でドクトル・ワグナー・ジュニアエル・サタニコを破りCMLL世界タッグチーム王座を奪取。1999年3月19日にベスティア・サルバヘと組んでマスカラ・コントラ・カベジェラマッチでネグロ・カサスエル・イホ・デル・サント組に破れ素顔になる。

2006年にはAAA2008年にはIWRG入りした。IWRGではインターヘビー、インタータッグ、インタートリオなどを奪取した。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

  • CMLL世界タッグチーム王座:2回(w/ ベスティア・サルバヘ)
  • FCWライブヘビー級王座
  • IWRGインターナショナルヘビー級王座:4回
  • IWRGインターナショナルタッグ王座(w/ リッキー・クルズ
  • IWRGインターナショナルトリオ王座(w/ セレブロ・ネグロエル・ベネノ
  • UWA/UWFインターコンチネンタル・タッグ王座(w/ シュー・エル・ゲレーロ)
  • UWA世界トリオ王座:3回(w/ シュー・エル・ゲレーロ、エル・エンヘンドロ(2回) w/ シュー・エル・ゲレーロ、ビジャノ5号

脚注[編集]

  1. ^ 『'93プロレスオールスターSUPERカタログ』P82(1993年、日本スポーツ出版社

外部リンク[編集]