エミリオ・チャレス・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エミリオ・チャレス・ジュニア
プロフィール
リングネーム エミリオ・チャレス・ジュニア
本名 セルジオ・エミリオ・チャレス・ガルドューニョ
身長 175cm
体重 89kg
誕生日 (1956-10-12) 1956年10月12日
死亡日 (2012-12-28) 2012年12月28日(満56歳没)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ヌエボ・レオン州モンテレイ
所属 IWRG
トレーナー ディアブロ・ベラスコ
アブエロ・カリージョ
デビュー 1980年2月
テンプレートを表示

エミリオ・チャレス・ジュニアEmilio Charles, Jr.)のリングネームで知られるセルジオ・エミリオ・チャレス・ガルドューニョSergio Emilio Charles Garduño1956年10月12日 - 2012年12月28日)は、メキシコヌエボ・レオン州モンテレイ出身のプロレスラー

来歴[編集]

エミリオ・チャレスの実子で1980年2月にハリスコ州グアダラハラでデビュー。1980年代EMLLなどでトニー・エースベルカーノで「ロス・デストラクトレス」を結成。1988年1月31日には「ロス・デストラクトレス」でピラタ・モルガンジェリー・エストラーダオンブレ・バラ組を破りナショナルトリオ王座を奪取。7月17日にはアトランティスを破りNWA世界ミドル級王座を奪取。以降アトランティスとは同年9月までNWA世界ミドル級王座のベルト賭けて死闘を繰り返す。

1990年代ショッカースコルピオ・ジュニア等で「ロス・ガポス」(のちにメンバーの入れ替えて「タリバネス」と改称)を結成。8月30日にハビアー・クルーズを破りナショナルミドル級王座奪取。1993年5月12日にはエル・ダンディを破りCMLL世界ミドル級王座を奪取。1995年3月31日にCMLL世界トリオ王座奪取(以降1997年3月にも同ベルト奪取)。1996年には新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにエントリー。1997年8月29日にCMLL世界タッグチーム王者決定トーナメントで決勝でドクトル・ワグナー・ジュニアと組んでザ・ヘッドハンターズを破り優勝しベルト奪取。2001年3月18日にリンゴ・メンドーサを破り再びCMLL世界ミドル級王座を奪取。

日本では1992年2月SWSに参戦している[1]、また1996年5月、新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにエントリー[2]。晩年はIWRGを主戦場にした。

2012年12月28日、腎不全のために死去[3]。56歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年7月28日閲覧。
  2. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年7月28日閲覧。
  3. ^ LUCHA LEGEND EMILIO CHARLES JR. PASSES AWAY PWInsider.com 2012年12月30日閲覧

外部リンク[編集]