ホセ・ルイス・ハイル・ソリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショッカー
ショッカーの画像
プロフィール
リングネーム ショッカー
スペル・ショッカー
本名 ホセ・ルイス・ハイル・ソリア
ニックネーム 1000パーセントの色男
身長 180cm
体重 98kg
誕生日 (1971-09-12) 1971年9月12日(45歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ハリスコ州グアダラハラ
所属 CMLL
トレーナー ディアブロ・ベラスコ
ルーベン・パト・ソリア
フラッシュ1号
エル・サタニコ
デビュー 1992年10月16日
テンプレートを表示

ホセ・ルイス・ハイル・ソリア(José Luis Jair Soria、1971年9月12日 - )は、メキシコプロレスラーハリスコ州グアダラハラ出身[1]ショッカー(Shocker、メキシコ読みはショケル)、スーパー・ショッカー(Super Shocker、メキシコ読みはスペル・ショケル)のリングネームで知られる。

父は1960年代に活躍したルーベン・パト・ソリア

来歴[編集]

父のルーベンやディアブロ・ベラスコのジムでルチャを学び、1992年10月16日に地元からマスクマンでデビュー。1年ほどインディー団体を転戦。

1994年、第2回CMLLトルネオ・グラン・アルタナティバでシルバー・キングのパートナーとして抜擢され優勝を果たす。

1997年5月4日ブラック・ウォリアーを破りNWA世界ライトヘビー級王座を初栄冠。

1998年1月23日ミステル・ニエブラと組んでドクトル・ワグナー・ジュニアエミリオ・チャレス・ジュニア組を破りCMLL世界タッグチーム王座を奪取。

1999年新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場。同年9月に行われたCMLL66周年記念のイベントでミステル・ニエブラと組んでアトランティスビジャノ3号組にマスカラ・コントラ・マスカラマッチで破れて素顔になる。

2001年10月17日、ビジャノ3号を破りCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取。

2004年1月23日ラ・パルカ(初代)と組んでウルティモ・ゲレーロレイ・ブカネロ組を破りCMLL世界タッグチーム王座を再び奪取。同年5月3日バンピーロを破りNWA世界ライトヘビー級王座を再び奪取。

2005年4月、TNAに参戦。同年5月にAAAに移籍。同年にはTNAにてクリストファー・ダニエルズの持つTNA Xディヴィジョン王座に挑戦。また2006年にはワールドXカップ2006にメキシコチームのリーダーとして出場。

2007年、CMLLに復帰。同年3月4日後藤洋央紀の持つNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座に挑戦も奪取に失敗。

2010年12月13日エル・テハノ・ジュニアを破りNWA世界ヒストリックライトヘビー級王座を奪取。

得意技[編集]

変形バックブリーカー
  • ドス・カラス・クラッチ
  • ショッカーウェーブ
レイ・ミステリオ・ジュニアの619と同系の技

獲得タイトル[編集]

CMLL
w / ミステル・ニエブラ
w / ラ・パルカ
CBLG(Comisión de Box y Lucha de Guadalajara)
  • オクシデンテライトヘビー級王座
  • オクシデンテトリオ王座

脚注[編集]

  1. ^ Shocker”. Wrestlingdata.com. 2015年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]