キャンディス・レラエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • キャンディス・リレイ
キャンディス・レラエ
キャンディス・レラエの画像
2014年11月
プロフィール
リングネーム キャンディス・レラエ
スウィート・キャンディー[1]
本名 キャンディス・ガルガノ(旧姓 : ドーソン)
ニックネーム The Canadian Goddess[1]
身長 5 ft 2 in (1.57 m)[2]
体重 110 lb (50 kg)[2]
誕生日 (1985-09-29) 1985年9月29日(33歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州リバーサイド[3]
所属 WWENXT
トレーナー Bill Anderson[4]
Jesse Hernandez[2]
TJパーキンス[3]
テンプレートを表示

キャンディス・レラエCandice LeRae)のリングネームで知られるキャンディス・ドーソンCandice Dawson1985年9月29日 - )は、アメリカの女子プロレスラーカリフォルニア州リバーサイド出身[1]

来歴[編集]

2002年、プロレスラーデビューを果たす[5]

2004年、ChickFightトーナメントに参戦するが、1回戦でプリンセサ・スヘイに敗退[4][6]

2006年PWG初参戦。

2007年8月、ROHのダークマッチに参戦[1]

2008年アメージング・コングが持つNWA世界女子王座に挑戦も敗れる[7]

2013年9月、 CZW初参戦、グレッグ・エクセレントと組み、チェリーボム&ペッパ・パークスと対戦も敗れる[3][8]

10月3日、FWEにてジョーイ・ライアンと初タッグ。4日、FWE女子王座獲得[9]

2014年4月、SHIMMER初参戦もアテナに敗れる[10]

7月27日、ヤングバックスを破りPWGタッグチーム王座獲得[11]。このタッグは「World's Cutest Tag Team」と呼ばれるようになる[12]

2016年1月3日、「World's Cutest Tag Team」としてDDTプロレスリングに初来日、佐々木大輔&宮武俊組と対戦して勝利[13]。翌週のDDT大阪大会2連戦にも単独で参戦。

2018年1月16日、WWEと契約を交わし入団[14]。同月27日、NXT Takeover: Philadelphiaにて観客として来場。旦那であるジョニー・ガルガノNXT王者であるアンドラーデ "シエン" アルマスに挑戦した際、試合中にアンドラーデのセコンドであるゼリーナ・ベガが事あるごとに介入した事に憤怒し、ガルガノを襲撃しようとしたゼリーナを止める為に乱入して殴打。妨害を阻止するアシストを見せたがガルガノは敗戦した[15]

人物[編集]

  • PWGでは男子選手との対戦が主で、上記のヤングバックス戦では画鋲付シューズでのキックを顔面に食らうなど、ハードコアな試合もこなす。
  • 2016年1月、ジョニー・ガルガノと婚約した[16]

得意技[編集]

ボール・プレックス
  • Finishing moves
    • Balls-plex[2]
    • Springboard reverse frankensteiner[17]
    • The Heart Breaker[1]
  • Signature moves
    • Missile dropkick[1]
    • Moonsault[2]
    • Octopus hold[1]
    • Suicide dive,[18] sometimes transitioned into a tornado DDT[19][20]

獲得タイトル[編集]

  • Alternative Wrestling Show
    • AWS女子王座 (1 time)[1]
  • Dreamwave Wrestling
  • Family Wrestling Entertainment
    • FWE女子王座 (1 time)[9]
  • Fighting Spirit Pro Wrestling
    • FSP Tag Team Championship (1 time) – with Joey Ryan
  • Pro Wrestling Guerrilla
    • PWG世界タッグ王座 (1 time) – with ジョーイ・ライアン[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Candice LeRae” (英語). Online World of Wrestling. 2015年2月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e Roster”. Pro Wrestling Guerrilla. 2014年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c Tale of the Tape: Candice LeRae” (英語). Combat Zone Wrestling (2013年9月13日). 2015年2月15日閲覧。
  4. ^ a b Chick Fight” (英語). Lady Sports (2004年). 2015年2月15日閲覧。
  5. ^ Mata, Shiai (2004年). “Q&A: Candice LeRae, the Canadian Goddess” (英語). Lady Sports. 2015年5月15日閲覧。
  6. ^ Lano, Mike (2004年10月30日). “ChickFight sets up Melissa-Sugey finale” (英語). Slam! Wrestling. Canadian Online Explorer. 2015年2月14日閲覧。
  7. ^ McNeill, Pat (2008年2月22日). “McNeill's NWA Showcase on Dish Network Revue (2/20): Nicho And The Man” (英語). Pro Wrestling Torch. 2015年2月15日閲覧。
  8. ^ Namako, Jason (2013年9月16日). “9/14 CZW iPPV Results: Voorhees, NJ (Ladder Match)” (英語). WrestleView. 2015年2月15日閲覧。
  9. ^ a b Namako, Jason (2014年10月5日). “10/3 & 10/4 FWE Results: Brooklyn, New York (TLC Match)”. WrestleView. 2015年2月15日閲覧。
  10. ^ Namako, Jason. “4/5 Shimmer Results: New Orleans, Louisiana” (英語). WrestleView. 2015年2月15日閲覧。
  11. ^ a b Caldwell, James (2014年7月27日). “Show results – 7/26/27 PWG "Eleven" in Reseda, Calif.: Anniversary show features new PWG Tag Champs, PWG Title match, Guerrilla Warfare, Kevin Steen's farewell, more” (英語). Pro Wrestling Torch. 2014年7月27日閲覧。
  12. ^ Radican, Sean (2014年11月11日). “Radican's PWG "Battle of Los Angeles: Night 1" report 8/29 – loaded tournament feautring standout Elgin-Ciampa first round match, stellar Six Man Tag between Mt. Rushmore and Low Moral Fiber headlines show”. Pro Wrestling Torch. 2015年2月15日閲覧。
  13. ^ 【新春お年玉スペシャル! 全席2000円興行!! 2016のまとめ】イサミがKO-D無差別初挑戦の竹下を打ち砕く…1・16横浜でKO-Dタッグ挑戦/セミでHARASHIMA撃破の高梨が1・31後楽園でKO-D無差別に挑戦!/#大家帝国がロッカー棺桶デスマッチでT2ひー撃破、KO-D6人タッグ戴冠! 1・31後楽園で高木vsKENSOの因縁のシングルマッチ決定!/ワールズキューティストタッグチーム日本初登場! 佐々木の求愛にキャンディスも了承してタッグチーム結成へ/LiLiCoが赤井をチェーンで襲撃、赤井からアイアンマンベルトを強奪!/新春書き初めランブル開催!”. DDTプロレスリング (2016年9月4日). 2016年2月15日閲覧。
  14. ^ WWE Announces Signing Of Candice LeRae”. Wrestlinginc.com. 2018年1月16日閲覧。
  15. ^ NXT TakeOver Philadelphia Results – 1/27/18 (Andrade “Cien” Almas vs. Johnny Gargano)”. Wrestleview.com. 2018年1月27日閲覧。
  16. ^ Slam! Wrestling News/Rumours” (英語). Slam! Sports. Canadian Online Explorer. 2016年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月16日閲覧。
  17. ^ Ford, Kevin (2015年3月5日). “Beyond Wrestling "Tournament for Tomorrow 2- Block B" Review” (英語). PWPonderings.com. 2015年8月6日閲覧。
  18. ^ Radican, Sean (2013年12月15日). “RADICAN'S CZW REVIEW SERIES: "Down with the Sickness 2013" 9/14 - Fox vs. Everett vs. Colon vs. Strickland Ladder match, Gulak-Dickinson” (英語). PWPonderings.com. 2016年1月11日閲覧。
  19. ^ Hawke, TJ (2012年4月4日). “Views from the Hawke’s Nest: Pro Wrestling Guerrilla’s Kurt Russellreunion 2012 Review” (英語). 411MANIA. 2016年1月11日閲覧。
  20. ^ Tees, David (2013年3月28日). “Full SHIMMER 71 iPPV results” (英語). PWInsider.com. 2016年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]