ジョニー・ガルガノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョニー・ガルガノ
ジョニー・ガルガノの画像
プロフィール
リングネーム ジョニー・ガルガノ
セドリック・ボン・ハウッセン
ジョニー・グレイ
本名 ジョニー・アンソニー・ニコルス・カルガノ
ニックネーム ホール・シバング
身長 178cm
体重 90kg
誕生日 1987年8月14日(29歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州クリーブランド
所属 WWE
トレーナー ジョシュ・プロフィビション
J.T.ライトニング
デビュー 2005年
テンプレートを表示

ジョニー・ガルガノJohnny Gargano1987年8月14日 - )は、アメリカの男性プロレスラー。本名はジョニー・アンソニー・ニコルス・カルガノJohn Anthony Nicholas Gargano)といい、-アブソルート・インテンス・レスリングプロレスリング・オハイオチカラDRAGON GATE USAEVOLVEで活動。また、WWEやTNAのトライアウトに数回登場している。現在はWWE所属。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

ガルガノは1987年8月14日にオハイオ州クリーブランドで生まれる。8歳の時にクリーブランド・オール・プロレスリングCleveland All-Pro Wrestling / CAPW)のオーナーであるJ.T.ライトニングの許可を得てリングに入ってる。セントエドワード高校在学中に、プロレスラーになるべくCAPWのレスリングスクールに入学している。16歳の時にCAPWのJ.T.ライトニングとジョシュ・プロフィビションの元でトレーニングを開始する。2005年にクリーブランド・オール・プロレスリングのリングでデビュー。2006年10月にはCAPWジュニアヘビー級王座を獲得している。その後しばらく出場し続け、2007年8月にジョシュ・プロフィビションと組み、アレックス・シェリークリス・セイビンのタッグと送別試合を行ないCAPWから離脱している。

Absolute Intense Wrestling(2006-2016)[編集]

2006年2月にクリーランドを拠点とするアブソリュート・インテンス・レスリングAbsolute Intense Wrestling)に参戦。参戦当初は連敗が続くも4月の下旬にタイロン・エヴァンス(元WWEのマイケル・ターヴァー)から初勝利をあげている。2008年3月にはタイラー・ブラックの持つAIWインテンス・ディヴィジョン王座に初挑戦。15分ドローで王座を手に入れられなかったが、5月に再び挑戦して王座を獲得している。半年ほど王座を防衛するも怪我の影響で11月に返上している。2009年2月にインテンス・ディヴィジョンのトーナメントに参加し、ジミー・デマルコに勝利して再びタイトルを獲得している。5月にジョシュ・プロフィビションに奪われるまで保持し続けた。

2010年4月にガルガノはフリップ・ケンドリックルイス・リンドンエアロフォームAeroform)と行動をとるようになる。エアロフォームとのチームでトーナメントに出場して優勝、優勝した権利としてAIWの代表としてチカラの2010 King of Trios tournamentに出場している。6月にはプロフィビジョン、スターリング・ジェームス・キーナントミー・マーサーの4wayマッチに参加し、AIWシングル最高峰のベルトであるAIWアブソリュート王座を獲得。獲得した夜にブライアン・ダニエルソンとタイトル賭けて対戦、引き分けで防衛している。2011年6月にシーマ・ザイオンに負けてタイトルを失うまでタイトルを保持し続けた。2012年3月に30人ランブルに参加し、ティム・ドンストを破り、シーマの持つAIWアブソリュート王座への挑戦権を手にした。

Pro Wrestling Ohio / Prime Wrestling(2007-2013)[編集]

2007年11月にプロレスリング・オハイオPro Wrestling Ohio)に登場、デビュー戦でグレゴリー・アイロンに負けている。その後トレーナーのジョシュ・プロフィビションとタッグを組み、タッグ戦線に乗り込むが連敗をしてしまう。タッグ連敗後はグレゴリー・アイロンと抗争を開始し、2008年8月まで抗争を続け、最後はカルガノの勝利で抗争を終えた。しかし、ガルガノはアイロンとの抗争中に脊椎に小さなひびができてしまい、欠場してしまう。

2009年3月に復帰し、同時にPWOヘビー級王座への挑戦権を賭けたナンバー・ワン・コンテンダー・マッチに参加して勝利している。4月にマット・クロスの持つPWOヘビー級王座に挑戦し、王座を獲得するが試合中にパートナーのジョシュと不仲を起こし、3年近く続いたジョシュとの信頼関係は崩れてしまう。そしてジョシュと抗争を開始し、8月のWrestlelution 2: A Coming of Ageで行われた抗争最終戦でPWOヘビー級王座を賭けて対戦して勝利している。王座獲得後は2010年にかけて何度も王座を守り抜いていく。6月にマット・クロスに攻撃して抗争を開始し、8月のWrestlelution 3: A Defining Momentでタイトルを賭けて対戦し、勝利して防衛している。その後も防衛するが2011年3月にマリオン・フォンテーヌに負け、タイトルを落としている。

2012年初頭にプロレスリング・オハイオはプライム・レスリングPrime Wrestling)に改名。8月にジミー・ジェイコブスの持つPrimeヘビー級王座(PWOヘビー級王座だったが、団体名の改名と共にタイトルの名前も変わった)に挑戦し、勝利して獲得している。

Dragon Gate USA、EVOLVE(2009-2016)[編集]

シカゴに拠点を置くオール・アメリカン・レスリングAll American Wrestling)で活動中に、ドラゴンゲートUSADragon Gate USA)とエヴォリューション・レスリングEvolve Wrestling)でレスラーを探している元ROHのブッカーであるケイブ・サポルスキーの命令できたコルト・カバナと出会い、6月下旬にドラゴンゲートUSAのPPVであるEnter the Dragonのダーク・マッチに登場している。9月のUntouchableで再びダーク・マッチに出場している。11月のFreedom Fightで初代オープン・ザ・フリーダムゲート王座を賭けたトーナメントに出場するが予選で敗退している。2010年1月にエヴォリューション・レスリングの興行に初参加、クリス・ディッキンソンをシングルマッチで破っている。その1週間後にはドラゲーUSAのPPV、Fearlessのダーク・マッチに出場している。そして5月にドラゴンゲートUSAと契約、発表された。7月にはCIMAとシングル・マッチ、9月にはチャック・テイラードレイク・ヤンガーリッチ・スワンの4wayマッチ、ドレイクとシングル・マッチをしている。10月後半のドラゲーUSAライブ・プレ・パー・ビューのBushido:Code of the Warriorでテイラーとのタッグでエリック・キャノンリコシェと対戦して勝利、同PPVでテイラー、リッチ・スワンとロニンRonin)を結成している。翌日のFreedom Fightではロニンでオースチン・エイリース堀口元気、リコシェと対戦して勝利している。

2011年1月に入るとオープン・ザ・ユナイテッドゲート王座へのトーナメントに出場、土井成樹、リコシェ組とCIMA、ドラゴン・キッド組を破り決勝へ進出するが吉野正人PAC組に破れユナイテッドゲート王座獲得にはならなかった。4月のOpen the South GateでCIMAと、Mercury Rising 2011でCIMA、土井成樹、リコシェと対戦している。ドラゲーUSAのPPV後にEVOLVEのPPVにも参加している。6月のFearlessでエイリースと対戦、6月のEnter the Dragon Second Anniversary Celebrationではスワン、吉野正人と組みエリース、CIMA、ブロディ・リーと対戦している。9月のUntouchableで戸澤とWay of the Roninで土井と対戦し、Way of the Roninでは試合後に王座挑戦を表明している。11月のFreedom FightでYAMATOに勝利してオープン・ザ・フリーダムゲート王座を獲得している。

2012年1月にリコシェを相手にタイトルを防衛しているが試合後に背中の怪我で病院で行っている。3月に復帰して空位になったオープン・ザ・ユナイテッドゲート王座を賭けてチャック・テイラーと組み、吉野正人とリコシェと対戦しているが負けている。試合後にテイラーがガルガノを攻撃し、ロニンは解散を迎える。翌日に吉野正人の挑戦を受けフリーダムゲート王座を賭けて対戦し、防衛している。試合後にテイラーの襲撃を受け、6月のEvolve 15で王座を賭けて対戦することが決定。Evolve 15のメインで背中の痛みに苦しみながら防衛をしている。7月のUntouchableでは戸澤の挑戦を受け防衛に成功している。試合後にWWEに契約を持ちかけられたがドラゲーUSAとEvolveとの契約をしたと発表した。9月のEvolve 17でジョン・デイビスを相手に、11月のFreedom Fightではオープン・ザ・フリーダム・ゲート王座を賭けて戸澤陽、ARフォックス、リコシェとの試合で防衛。12月のEVOLVEのPPVであるEvolve 18でサミ・キャリハンに防衛、2013年に入ってからもジョン・デイビスブライアン・ケンドリックを相手に防衛を続けている。

チカラ(2008・2010-2013・2016)[編集]

2008年6月にフィラデルフィアに拠点を置くチカラChikara)にスポット参戦、ヤング・ライオンズ・カップ・トーナメントに出場するも1回戦でマーシー・ロケットに負けている。2010年に再び参戦、3日間行われるキング・オブ・トリオにAIW代表として出場するが一回戦でザ・コロニーに負けて敗退している。2日目にイカルスグラン・アクマチャック・テイラーF.I.S.T.と共闘するようになる。7月のChikarasaurus Rex: King of ShowでFISTはCIMA望月成晃スーパー・シェンロンと対戦し、アクマがCIMAにピンフォールをとられたため試合後にイカロスとテイラーがアクマを攻撃してF.I.S.T.から追放、かわりにガルガノがF.I.S.T.へ加入している。F.I.S.T.の加入はチカラがガルガノへ活躍の場を与えるためである。8月にはヤング・ライオンズ・カップ・トーナメントに出場したり、F.I.S.T.として活動していた。

2011年4月にF.I.S.T.としてキング・オブ・トリオに出場、決勝まで残るが敗退している。6月からチャック・テイラーと共にタッグ活動を開始し、9月にジグソーマイク・クアッケンブッシュの持つChikara Campeonatos de Parejasに挑戦し獲得している。翌年3月にスコット・パーカーシェーン・マシューズ3.0に奪われるまで防衛し続けていた。4月下旬に3.0とリマッチを行ない再び王座を獲得しているが6月のChikarasaurus Rex: How to Hatch a Dinosaurでヤング・バックスにタイトルを奪われてしまっている。9月にシュガー・ダンケートンがF.I.S.T.の4人目のメンバーとして加わっている。同月にキング・オブ・トリオに出場、準決勝まで進出するがスペクトル・エンボイフライトメアウルトラマンティス・ブラックハロウィック)に破れ負けている。

ドラゴンゲート[編集]

2011年3月にDRAGON GATE USAのユニットであるロニンRonin)としてDRAGON GATEの3週間のツアーに参加するために初来日、日本のリングでデビュー。チャック・テイラーリッチ・スワンと組み、CIMA、土井成樹、谷嵜なおきと対戦している。2012年10月にWORLD-1 INTERNATIONALの1人として再び来日。中旬には斉藤"ジミー"了とオープン・ザ・フリーダム・ゲート王座をかけて対戦、勝利して8度目の防衛に成功している。

WWE[編集]

2015年6月、WWEのトライアウトに参加[1]。2016年4月2日、WWEと契約[2]、WWEが主催するCWCに出場。7月21日、フルタイムでWWEと契約[3] 。CWCでは2回戦でTJパーキンスに敗退。

その他[編集]

得意技[編集]

クロストンクラブ
相手の両脚を交差させたボストンクラブ
ガルガノ・エスケープ
チキンウィング式クリップラー・クロスフェイス
ハーツ・ドーナッツ
フルネルソンで持ち上げながら片方のクラッチを切って体を反転させてリバースSTOで叩きつけるフィニッシャー
スインキング式リバースSTO
フィニッシャー
ベイビー・エース・クラッシャー
膝を着いた相手へのランニング式エース・クラッシャー
ユー・デッド
セカンド・ターンバックルへのランニング式スネーク・アイズ

獲得タイトル[編集]

AIW(Absolute Intense Wrestling)
  • AIWアブソリュート王座 :1回
  • AIWインテンス・ディヴィジョン王座 :2回
CAPW(Cleveland All-Pro Wrestling)
  • CAPWジュニアヘビー級王座 :1回
CWE(Championship Wrestling Experience)
  • CWE統一王座 :1回
Chikara
  • カンペオナトス・デ・パレジャース :2回(w/チャック・テイラー)
Dragon Gate USA
IWC(International Wrestling Cartel)
  • IWCスーパー・インディ王座 :1回
  • IWCタッグチーム王座 :1回 (w/マイケル・ファサード)
PWO(Pro Wrestling Ohio) / Prime Wrestling
  • PWOヘビー級王座 / Primeヘビー級王座 :2回
Legacy Wrestling
  • レガシー王座 : 1回
Smash Wrestling
  • スマッシュレスリング王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ Johnson, Mike (2015年6月5日). “Additional names at WWE Performance Center tryout this week”. Pro Wrestling Insider. 2015年6月18日閲覧。
  2. ^ Johnson, Mike (2016年4月2日). “New WWE NXT signings”. Pro Wrestling Insider. 2016年4月2日閲覧。
  3. ^ Evolve sets up Johnny Gargano’s farewell run, joining Ciampa with full-time NXT deals”. Pro Wrestling Torch (2016年7月21日). 2016年7月21日閲覧。