レミー・キルミスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レミー・キルミスター
Lemmy Kilmister
Lemmy-01.jpg
カナダ・エドモントン公演(2005年5月)
基本情報
出生名 Ian Fraser Kilmister
生誕 (1945-12-24) 1945年12月24日
出身地 イングランドの旗 イングランド
スタッフォードシャー州ストーク=オン=トレント
死没 (2015-12-28) 2015年12月28日(70歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ロックンロールサイケデリック・ロックヘヴィメタルハードロックロカビリーハードコア・パンクブルース
職業 ミュージシャンソングライター俳優
担当楽器 エレクトリックベースギターハーモニカボーカル
活動期間 1965年 - 2015年
共同作業者 モーターヘッド
ホークウインド
プロボット
ダムド
ラモーンズ
ガールスクール
公式サイト www.backstreet-merch.com
著名使用楽器
リッケンバッカー 4001, 4003, 4004

レミー・キルミスターLemmy Kilmister, 本名:イアン・フレイザー・キルミスター Ian Fraser Kilmister, 1945年12月24日 - 2015年12月28日[1])は、イギリスロックミュージシャン。愛称はレミー

同国のロックバンドモーターヘッドの主宰者。バンドではエレクトリックベースを駆使し、激しいダミ声を使ったボーカルおよび大多数のレパートリーで作曲を担当。ハードロックヘヴィメタルハードコアの分野に多大な貢献をし、リスペクトされる存在である。『ローリング・ストーン』誌の「史上最高のベーシスト50選」で33位に選出されている。

経歴[編集]

ストーク=オン=トレントで生まれ、ウェールズアングルシー島で育った。

少年時代からライヴ通いし、駆け出し時代のザ・ビートルズも見ている。ジョン・レノンが客と殴り合いをするところまで目撃したと語っている。

1960年代にはジミ・ヘンドリックスのローディをしていた。タブラを使用した異色ロックバンド、サム・ゴパル (Sam Gopal) でボーカルとギターを担当した後、1972年サイケデリック・ロック・バンドのホークウインドにボーカリスト/ベーシストとして加入、同バンドの全盛期を支えたが、ドラッグの問題などで1975年にバンドを解雇された。その後同年に、大音量で演奏するフリークアウト・ミュージックをコンセプトに自らをフロントマンとするモーターヘッドを結成。以来40年に渡り、モーターヘッドで文字通り不動のフロントマンとして活動。

この間、パンク・ロック興隆とハードロック衰退、NWOBHM勃興と世界的なヘヴィメタルブーム、オルタナティヴ・ミュージックの台頭などロックシーンは激動するも、彼が創り出す独特の爆走型ロックン・ロールは不変であり続け、没後もあらゆる世代・時代のミュージシャンから支持され続けている[2]。それぞれの時代で若手バンドをツアーに帯同させて成功へのチャンスを与えるなど、常にロック・シーンで兄貴分として敬愛され続ける存在でもあり、ガールスクールタンクを発掘したのも彼であった。

ホークウィンド、モーターヘッド以外の活動では、ラモーンズのライヴにゲスト参加したり、アイアン・メイデンのトリビュートアルバムで「The Trooper」、クイーンのトリビュートアルバムで「Tie Your Mother Down」をカバーしているほか、フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールのプロジェクト「プロボット」に参加していた。

2015年12月26日に末期であることを宣告された。すでに脳などにも転移が見られ、手の施しようがない状態だった。その2日後である12月28日、ロサンゼルスの自宅にて逝去。70歳没[1]。死因は前立腺癌不整脈心不全だった。彼の死を受けて、モーターヘッドのメンバーであるミッキー・ディーはバンド解散を公式に表明した[3]

使用器材・演奏スタイル[編集]

ベースは一貫してリッケンバッカーを使用。強力なピックアップに変更したシグネチャー・モデル4001、4003、型式不明の特殊モデルも存在する。晩年は同4004を愛用、これはボディがウォルナットで作られており、表面にオークの葉の彫刻が施されている。

この大きなベースをフロントピックアップ付近(かなりネック寄りの位置)でピック弾きするのが彼のスタイル。高音弦を多用し、複弦を用いての5度コードを基本としていた。マーシャル・アンプとの組み合わせで、ギターのような歪んだ音で演奏する、非常に個性的なスタイルを貫き通していた。マーシャルからは後に彼のシグネチャーモデルが発売されていた。

またマイクを顔より高い位置にセットし、やや上を向いて歌うのも特徴であった。理由は、「下を向くと吐いてしまうためだろう」と長年言われていたが、本人は「この方が楽だったから」と述べていた。

人物[編集]

トレードマークの髭とイボ
愛用したドイツの制帽や鉄十字章

ひげ面、長髪、頬の大きなイボがトレードマーク。イギリスでは良くも悪くもロック・ミュージシャンの象徴的存在として老若男女に知れ渡っており、テレビで彼の生き様を取り上げた特番やツアーの特集が組まれたり、ポテトチップスのテレビCMに出演するなど、お茶の間の人気者でもあった。なお日本では、その風貌ゆえに「極悪ロッカー」というキャッチコピーが常に付いて回っていた。

コーラジャックダニエル割り(「ジャックダニエルのコーラ割り」ではない)を常に愛飲し、1975年のバンド結成以来酒を飲まないでいたことは一度もなかった。2005年頃から体調を崩す時もあったが、インタビューで2000年頃に糖尿病と診断されていたことを公表した。病を患った頃一度禁煙に踏み切ったものの失敗、死の直前までタバコを愛喫していた。

食事する所を他人に見られたくないという頑固な一面があった。

ライヴ後は睡眠時間を削ってでも本を手にするという非常な読書家でもあり、戦記物などを特に愛読していた。若い頃からJ・R・R・トールキン指輪物語』のファンであり、トールキンのファンが多数登場するドキュメンタリー映画『リンガーズ ~ロード・オブ・ザ・ファンズ~』にも主要なコメント担当者として出演していた。

ナチス関係のコレクターであり、世界一を自称していた。このことでドイツ人ユダヤ系の団体から糾弾されることもあった。ただし、本人曰く、これはあくまで単なるコレクションであり、ナチスやネオナチの思想に賛同することはなく、コレクションの理由は純粋にデザインが美しいからであったり、なぜあのような悲劇が起こったかへの関心であると述べていた[4]

結婚などについては生涯公表していなかったが、息子が少なくとも1人いる。自らのイメージが息子にとってマイナスとなる可能性を考えて公にはしていなかったが、陰で物心両面ともにサポートしていた。2010年に公開されたレミーのドキュメンタリー映画『極悪レミー』に息子が出演している。

ザ・フージョン・エントウィッスルを最高のロック・ベーシストとして敬愛し、彼のようになりたかったと語っている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “モーターヘッドのレミー、死去”. BARKS. (2015年12月29日). http://www.barks.jp/news/?id=1000122816 2015年12月29日閲覧。 
  2. ^ Motorheadプロフィール - ワーナーミュージック・ジャパン
  3. ^ モーターヘッドのドラマー、レミー死去に伴いモーターヘッドの終了を宣言 - amass
  4. ^ アルバム『ボマー』のライナーノーツより
  5. ^ 史上最高のベーシスト50選

外部リンク[編集]