ミッキー・ディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミッキー・ディー
Mikkey Dee
Mikkey Dee (PK) – Wacken Open Air 2015 01.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演(2015年)
基本情報
出生名 Micael Kiriakos Delaoglou
生誕 (1963-10-31) 1963年10月31日(55歳)
出身地  スウェーデンヨーテボリ
ジャンル ヘヴィメタル
職業 音楽家
担当楽器 ドラムスアコースティック・ギター
活動期間 1985年 - 現在
共同作業者 モーターヘッド
キング・ダイアモンド
ドン・ドッケン
WWIII
スコーピオンズ
公式サイト imotorhead.com

ミッキー・ディーMikkey Dee 本名Micael Kiriakos Delaoglou1963年10月31日 - スウェーデンヨーテボリ出身[1])は、ギリシアスウェーデン人ロックドラマーキング・ダイアモンドモーターヘッドなどでの活躍で有名。

キャリア[編集]

初期[編集]

イアン・ペイスブライアン・ダウニーニール・パートスティーヴ・スミスらの影響を受け、バディ・リッチを尊敬する[2]。スウェーデンのローカル・バンドで腕を磨く。

キング・ダイアモンド (1985 – 1989)[編集]

キング・ダイアモンド

1985年、コペンハーゲンに移住。マーシフル・フェイトを解散したキング・ダイアモンドが結成した同名のバンド、キング・ダイアモンドに参加。シングル「ノー・プレゼンツ・フォー・ザ・クリスマス」(1985)、アルバム『フェイタル・ポートレイト』(1986) でデビュー。

続く『アビゲイル』(1987)、『ゼム』(1988) の成功でブレイクするが、所詮ダイアモンドのバッキング・メンバーに過ぎない立ち位置に満足できず、4作目『コンスピラシー』(1989) の制作開始直前に脱退(結局『コンスピラシー』のレコーディングには一部の曲でセッション・ドラマーとして参加した)。

ドン・ドッケン (1990)[編集]

1990年に、ドン・ドッケンのソロ・アルバム『アップ・フロム・ジ・アッシェズ』のレコーディングに参加。収録曲 "Stay""Mirror Mirror"PVMTVの「ヘッドバンガーズ・ボール」でヘヴィー・ローテーションとなる。バンドはジューダス・プリーストのオープニング・アクトや、自らがヘッドライナーを務めるツアーを敢行した。ディーは同時期にWWIIIでも活動。

モーターヘッド (1992 - 2015)[編集]

モーターヘッド - ポーランド公演 (2013年)
モーターヘッド - カナダ公演 (2005年)

1992年レミーの要請を受け[3]、フィルシー・テイラーの後任としてモーターヘッドに加入。8月30日、サラトガ・スプリングズのサラトガ・パフォーミング・アーツ・センターで、モーターヘッドのメンバーとしての初ステージを踏んだ[4]。しかし、同年リリースされたアルバム『マーチ・オア・ダイ』トミー・アルドリッジがドラムスを担当してレコーディングはほとんど済んでおり、ディーの参加は「ヘルレイザー」と「ヘル・オン・アース」(本作には未収録、後に映画ヘルレイザー3のサウンドトラックに収録)の2曲のレコーディングに止まった(レコーディングされた曲の大半はアルドリッジのプレイであったが、アルバム・スリーブにはディーの写真が使われた[5]。)。

1993年、ディーが初めてフルに参加したアルバム『バスターズ』がリリース。

以降、モーターヘッドの屋台骨を支え続けた。レミー、フィル・キャンベルと組んだトリオは、バンドの歴史の中で最も長期間にわたって活動しており、ディー自身も歴代のドラマーの中で最も長くプレイしている。2015年12月、モーターヘッドの中心人物であるレミー・キルミスターが死去、その後ディーは公式にバンドの終了を宣言している[6]

スコーピオンズ (2016 - )[編集]

2016年5月、病気療養中のジェイムス・コタックに代わってスコーピオンズの全米ツアーに参加。9月に正式メンバーとして加入する事が発表された[7]。10月にはスコーピオンズの一員として来日、LOUD PARK 2016のヘッドライナー出演も含め、3公演を行った。

その他のセッション参加[編集]

使用機材[編集]

愛用のドラムセット
  • SONORのドラムを使用している。シグネイチャーモデルのスネアドラムが発売されており、モーターヘッドのバンドロゴなどのアートワークが施されている。
  • シンバルパイステ、スティックはWincentのミッキー・ディーモデルを使用。

その他[編集]

ディーは熱狂的なアイスホッケー・ファンであり、かつては自身も選手であった[10]

ディスコグラフィ[編集]

キング・ダイアモンド[編集]

  • フェイタル・ポートレイト - Fatal Portrait (1986)
  • アビゲイル - Abigail (1987)
  • ゼム - Them (1988)
  • コンスピラシー - Conspiracy (1989)

ドン・ドッケン[編集]

モーターヘッド[編集]

  • マーチ・オア・ダイ - March ör Die (1992)
  • バスターズ - Bastards (1993)
  • サクリファイス - Sacrifice (1995)
  • オーヴァーナイト・センセーション - Overnight Sensation (1996)
  • スネイク・バイト・ラヴ - Snake Bite Love (1998)
  • ウィ・アー・モーターヘッド - We Are Motörhead (2000)
  • ハマード - Hammered (2002)
  • インフェルノ - Inferno (2004)
  • キッス・オブ・デス - Kiss of Death (2006)
  • モータライザー - Motörizer (2008)
  • ザ・ワールド・イズ・ユアーズ - The Wörld is Yours (2010)

ハロウィン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Biography for Mikkey Dee”. IMDb. 2007年3月29日閲覧。 Also gives date of birth.
  2. ^ Mikkey Dee (Motörhead) Interview”. Metal Rules — Heart of Steel: Interviews. 2007年3月29日閲覧。
  3. ^ Lemmy (2002). White Line Fever Simon & Schuster p. 243. ISBN 0-684-85868-1.
  4. ^ Alan Burridge Illustrated Collector's Guide to Motorhead Published: 1995, Collector's Guide Publishing p.62. ISBN 0-9695736-2-6.
  5. ^ オジー・オズボーンの『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』のレコーディングでは、レコーディングはすべてリー・カースレイクのドラムによって行われたが、新加入のアルドリッジがレコーディングには参加していないにも関わらずジャケットに登場した。アルドリッジは今回、その時の逆の立場に立つことになった。
  6. ^ “モーターヘッドのドラマー、レミー死去に伴いモーターヘッドの終了を宣言”. amass. (2015年12月30日). http://amass.jp/67165/ 2015年12月30日閲覧。 
  7. ^ “スコーピオンズ、ミッキー・ディーが正式加入”. barks. (2016年9月13日). https://www.barks.jp/news/?id=1000130755 2016年10月9日閲覧。 
  8. ^ 新ドラマーとして加入予定だったマーク・クロスが健康面の問題で参加できなかったため。
  9. ^ “MOTÖRHEAD's MIKKEY DEE Jams With KING DIAMOND In Sweden”. Blabbermouth.net. (2006年4月21日). オリジナル2007年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071001005621/http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=51287 2007年7月13日閲覧。 
  10. ^ “Interview with Mikkey Dee”. Slitz: 60. (2008年9月). 

外部リンク[編集]

www.imotorhead.com/ モーターヘッド公式サイト