長田栄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長田 栄二(ながた えいじ、1955年5月29日 - )は、東京都出身の、音楽プロデューサー作曲家、芸能プロダクション「(株)オフィス・タッチ」の社長。かつてジャニーズ事務所に所属した元アイドル歌手堀越高等学校卒業。趣味・車。特技・ブルースハープ。愛称は「英ちゃん」、「英坊」。旧芸名は「永田英二」、「八田英士」など。 他にも「NPO(特定非営利活動法人)OJPC」理事、「NPO(特定非営利活動法人)国際薬物対策センター」が主催する薬物乱用防止キャンペーンの音楽LIVEイベント「POWER of ART PROJECT(POAP)」の特別顧問、Executive Producer、「株式会社 ライティング・タッチ」取締役、「株式会社 マスター&ピューピル」特別顧問、「一般財団法人 映像文化振興協会」理事、「社団法人 世界孔子協会」専務理事、「財団法人 日中影視動漫協会」専務理事 といった肩書きを持つ。 2014年3月12日「永田英二」名義で、ユニバーサルミュージックより、37年振り、ソロデビュー45周年のNEWアルバム「58 〜フィフティーエイト〜」を発表している。

ジャニーズ時代の参加ユニット[編集]

ジャニーズ退所後の参加ユニット[編集]

  • 東京コンジョレス

改名歴[編集]

  • 永田英二 → 八田英士 → 永田英士 → 長田栄二(本名) → 永田英二(2014年『58』発売時)

人物・来歴[編集]

  • 「劇団若草」での子役を経て、父親がジャニーズ事務所でダンスの講師をしていた関係から1966年に入所。 「永田英二」の芸名を与えられ、1967年4月1日にフォーリーブスの結成に参加するも、当時まだ小学6年生で年齢が低すぎるという理由で、半年ほどでメンバーから外される。
  • 1968年9月、既存グループだった「ハイソサエティー」にボーカルとして加入し、「永田英二とハイソサエティー」として活動。
  • 1969年8月、ハイソサエティでの活動と平行して、東芝レコード(エキスプレスレーベル)よりソロシンガーとして『あこがれ』でレコードデビュー。キャッチフレーズは「ヤング・パワー No.1!!」。
  • 同年10月、「第2回・新宿音楽祭」にて銀賞を受賞。
  • 1970年9月にフォーリーブスと共にアメリカへ約1ヶ月のダンス留学。『THIRTEEN PLACE』という曲をレコーディングした。
  • 1973年4月、「スーパーエイジス」を結成。
  • 1974年4月、CBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)に移籍し、「八田英士」の名で『別れないでおくれ』で再デビュー。
  • 1977年5月、ジャニーズ事務所を退社。RVC(現:ソニー・ミュージックレーベルズ(アリオラジャパンレーベル))に移籍し、今度は「永田英士」の名で『青春挽歌』で再々デビュー。
  • 男性5人組の企画ロックバンド「東京コンジョレス」名義で、1980年2月にビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)よりシングル『コンジョレス東京』にて再再々デビュー。 ボーカル担当。
  • 1987年3月3日、「株式会社オフィス・タッチ」という音楽事務所を設立し、代表取締役になる。 以後、IZAMなどを育てた。 また、代表としての仕事のみならず、音楽プロデューサー、作曲家などとしても活動中。
  • 2004年に肺過誤腫を患うが克服。
  • 2011年5月29日、56歳の誕生日に、南青山・gigabar TOKYOにて「長田栄二“アラ還”記念ライブ」を開催。 参加したゲスト陣の一人にアイドル時代の同僚であるフォーリーブスの北公次がいた。北公次が翌2012年2月22日に逝去した際に、翌23日放映されたワイドショー番組『ミヤネ屋』にインタビュー出演した。
  • 2014年3月にユニバーサル ミュージック(EMI RECORDSレーベル)から新アルバム『58 - フィフティ エイト-』を発売し、第56回日本レコード大賞で「企画賞」の一つに選ばれた[1]

主な出演作品[編集]

テレビ[編集]

  • プラチナゴールデンショー (日本テレビ)
  • ギャグジカル ジュンとヨッパ (1970年11月5日 - 1971年3月25日、TBS) レギュラー
    タイトルの「ジュン」は井上順(当時:井上順之)、「ヨッパ」はフォーリーブスの「四葉」からきたもの。
  • 歌え!ヤンヤン!! (テレビ東京)
  • 夜のヒットスタジオ1974年6月10日、フジテレビ
    「八田英士」名義で『別れないでおくれ』を披露した。
  • ミヤネ屋 (2012年2月23日、日本テレビ) インタビュー出演
  • この他、1980年代~1990年代に『あの人は今』のようなバラエティ番組に出演し、デビュー曲「あこがれ」を披露した事もある。

ラジオ[編集]

  • 集まれ歌謡曲 (ニッポン放送、司会:藤村有弘)
    全国各地からの公開録音番組。フォーリーブス、ジューク・ボックスと共演。
  • 平凡アワー スターハイライト・ショー (ニッポン放送)
    全国各地からの公開録音番組。1972年2月19日(土)の群馬音楽センターの公録では、ハイ・ソサエティー、ジューク・ボックス、郷ひろみと共演。
  • ロックンローラー近田春夫の歌謡曲って何だ?電撃的スペシャル(2011年9月23日、NHKラジオ)ゲスト出演

ミュージカル[編集]

  • 王様と私1965年4月・梅田コマ劇場、1965年12月2日 - 27日、東京宝塚劇場)「劇団若草」時代に第一王子役で出演した。本名の「長田栄二」名義。
  • いつかどこかで~フォーリーブス物語 (1967年6月、大阪フェスティバルホール、脚本:ジャニー喜多川、主催:民音)
  • フォーリーブスヤングサプライズ 「少年たち -小さな抵抗-」(1969年12月、大阪フェスティバルホール・日生劇場)
  • 少年たちシリーズ ~ フォーリーブス・ライブ・ミュージカル 「生きていくのは僕たちだ!」(昭和46年度文化庁芸術祭参加作品ミュージカル。 原作:『17歳の絶唱』。1971年10月29日&31日・帝国劇場。大阪・名古屋公演も有り)
  • ミュージカル 「フォーリーブス物語 星に帰った若者」(1973年3月)
  • 見上げてごらん夜の星を (1973年6月17日 - 8月、フォーリーブス結成7周年記念ミュージカル)
  • ライブ・ミュージカル 『少年たち ~フォーリーブス・不朽の名作~』(1975年4月5日 - 5月5日)「八田英士」名義
  • タッチ (1980年)「永田英二」名義

日本劇場でのステージ[編集]

  • 第33回ウエスタン・カーニバル (1967年8月26日 - 9月1日)
  • 第34回ウエスタン・カーニバル (1968年1月15日- 22日)
  • 第35回ウエスタン・カーニバル (1968年5月4日- 10日)
  • 第36回ウエスタン・カーニバル (1968年8月26日- 9月2日)
  • 第37回ウエスタン・カーニバル (1969年1月14日- 21日)
  • 第38回ウエスタン・カーニバル (1969年5月5日- 12日)
  • 第39回ウエスタン・カーニバル (1969年8月25日- 9月1日)
  • 第40回ウエスタン・カーニバル (1970年1月15日 - 22日)
  • 第41回ウエスタン・カーニバル (1970年5月2日 - 8日)
  • 「永田英二とハイ・ソサエティー」リサイタル (1969年11月3日、京都新聞ホール)
    永田のデビューシングル『あこがれ』の30万枚突破記念として行われた、関西初のリサイタル。 1日2回公演。 主催は関西アマチュア音楽文化連盟と、当時京都でアマチュアバンドのコンサートを企画・支援していた団体「AGSクラブ」による共催。「永田英二とハイ・ソサエティー」は同年10月12日に京都・十字屋四条店にてサイン会も行っている。
  • 第42回ウエスタン・カーニバル (1970年8月25日 - 9月1日)
  • 第43回日劇新春ウエスタン・カーニバル (1971年1月15日 - 22日)
  • 第44回日劇ウエスタン・カーニバル ~ みんなで踊ろう! (1971年4月23日 - 29日)
  • 第45回ウエスタン・カーニバル (1971年8月27日 - 9月2日)
  • 第46回ウエスタン・カーニバル (1972年1月15日 - 22日)
  • 第49回ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」 (1973年5月4日、小井戸秀宅と共に北公次が振付を担当)
  • 第49回 日劇ウエスタン・カーニバル 「郷ひろみショー」 (1973年5月5日 & 6日)
  • 第49回 日劇ウエスタン・カーニバル 「ヤング・アイドルショー」(1973年5月7日 & 8日、渡辺茂樹が音楽担当)
    第49回の3ステージは全て「永田英二とスーパーエイジス」名義で出演。
  • 長田栄二“アラ還”記念ライブ (2011年5月、南青山・gigabar TOKYO)
  • POWER OF ART PROJECT 5th LIVE 2011 ~人と人との繋がりが・・・心を変える!「絆」~(2011年10月20日、原宿・ASTRO HALL) バックバンドのドラムは長沢悟

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

「永田英二」名義
  • あこがれ c/w 二人の世界 (1969年8月10日) - B面曲の「二人の世界」は、あおい輝彦の同名シングルとは全くの別曲。
  • 恋をあげよう c/w 恋の歯車 (1970年1月10日)
  • 悲しきトレイン北国行き c/w 昨夜の出来事 (1970年5月5日)
  • あのとき僕たちは c/w メイビー (1970年11月25日)
  • 愛は何処へゆく c/w 美しい夢 (1971年6月5日)
  • THIRTEEN PLACE (US盤)
「八田英士」名義
  • 別れないでおくれ c/w ひとり旅 (1974年)
  • それぞれの秋 c/w いわし雲 (1974年)
  • さすらい c/w 風よはこんで (1974年)(A面の「さすらい」は「ズンドコ節」のカヴァー曲)
「永田英士」名義
  • 青春挽歌 c/w 訣別(アデュー) (1977年5月)
「東京コンジョレス」名義
  • コンジョレス東京 c/w ロックるロックンロール (1980年2月)

4曲入りEP[編集]

「永田英二」名義
  • 悲しきトレイン北国行き / 恋をあげよう / あこがれ / ダイアナ

アルバム[編集]

「永田英二」名義
  • 恋をあげよう ~永田英二ビッグヒットを歌う~
    • A面
  1. 恋をあげよう
  2. ダイアナ
  3. 悲しき片想い
  4. ビー・マイ・ベイビー
  5. ヴァーケーション
  6. クレイジー・ラブ
  7. ハートブレイク・ホテル
    • B面
  1. あこがれ
  2. 恋の片道切符
  3. 君はわが運命
  4. カレンダー・ガール
  5. 悲しき少年兵
  6. カラーに口紅
  7. 恋の日記
  • テネシー・ワルツ/思い出のポピュラー・ヒットを歌う
    • A面
  1. テネシー・ワルツ
  2. 家へおいでよ (カモンナ・マイ・ハウス)
  3. 遥かなる山の呼び声
  4. バナナ・ボート
  5. モナ・リザ
  6. 黒い花びら
    • B面
  1. 星は何でも知っている
  2. ジャンバラヤ
  3. 可愛い花
  4. 星を見つめないで
  5. ワルツィング・マチルダ
  6. ヴァイア・コン・ディオス
  • 58(フィフティーエイト) 〈2014年3月12日発売  EMI RECORDS
  1. JUST CONTROL(TBS系『アッコにおまかせ!』2014年3月度エンディングテーマ)
  2. I WILL SAY GOOD-BYE BABY
  3. BIRD
  4. ENDLESSLY(TBS系『ひるおび!』2014年4月度エンディングテーマ)
  5. つまずきBLUES
  6. BACK STREET CRAWLER
  7. 笑っておくれ
  8. FLASH BACK
  9. DON’T YOU CRY
  10. TOUCH
  11. TIME PASSENGER
  12. I AM A ROCK
  13. あこがれ
「八田英士」名義
  • 新しい旅立ち
    • A面
  1. それぞれの秋
  2. 若いふたり
  3. いわし雲
  4. ひとり旅
  5. 淋しい街
  6. 別れないでおくれ
    • B面
  1. 荒野のならず者
  2. 恋は鳩のように
  3. MY SUMMER SONG
  4. 光なき夜明け
  5. 太陽のあたる場所
  6. 海のマリー
  • 郷愁
    • A面
  1. 星のフラメンコ
  2. 恋祭り
  3. 上を向いて歩こう
  4. 遠くへ行きたい
  5. 見上げてごらん夜の星を
  6. 学生時代
    • B面
  1. 夕陽が泣いている
  2. 夜明けのうた
  3. 時には母のない子のように
  4. 今は幸せかい
  5. ブルー・シャトー
  6. エメラルドの伝説

他、延べ、シングル12枚 / アルバム7枚 / セッション・アルバム3枚をリリース。

非売品レコード[編集]

  • インタビューレコード
    アルバム『テネシー・ワルツ/思い出のポピュラー・ヒットを歌う!!』の購入者が応募できる懸賞プレゼント盤として制作された。「永田英二」名義。

主な作曲提供作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

*永田英二オフィシャルウェブサイト