三宅純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三宅純
生誕 (1958-01-07) 1958年1月7日(58歳)
出身地 日本の旗 日本京都府
職業 作曲家編曲家音楽プロデューサートランペット奏者
担当楽器 トランペット、フリューゲルホルンピアニカピアノキーボードフェンダー・ローズプログラミング
活動期間 1981年 -
公式サイト JUN MIYAKE / 三宅 純 official site

三宅 純(みやけ じゅん、Jun Miyake, 1958年1月7日 - )は、日本作曲家編曲家音楽プロデューサートランペット奏者。

ニューヨークで活動しているジャズ・サックス奏者ジュン・ミヤケ(漢字表記不明)は同名異人。

略歴[編集]

1958年京都府に生まれ、鎌倉で育つ。神奈川県立光陵高等学校在学中より新宿ピットイン等でプロとしてライヴ活動を始める。大学受験期を目前にして尊敬する日野皓正を訪ね、日野の推薦で高校卒業後の1976年バークリー音楽大学へ入学する[1]。在米中は自己のグループを率いて、ボストンニューヨークで演奏活動、1981年にはマサチューセッツ州アーティスト・ファウンデーション主催の作曲コンクール・ジャズ部門で優勝する。

1981年に帰国。ジャズミュージシャンとしてライブ、スタジオワーク、作・編曲活動を開始する[注 1]。時代の盲点を突いたアーティスト活動の傍ら作曲家としても頭角を現し、CM映画ドキュメンタリーコンテンポラリー・ダンス等多くの作品に関わる。

1983年、デビューアルバム『JUNE NIGHT LOVE』をリリースする。このアルバムに収められた2曲がアンディー・ウォーホル出演のTDKCMで起用されたことがきっかけでCM音楽制作を始め、後に「CM王」との異名をとるほどCM音楽界では有名になる。3000作を越えるという担当CMの中には、カンヌ国際映画祭などでの受賞作も多数ある。

1996年にはオリバー・ストーンの推薦により、クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)と作曲家として正式契約。異種交配を多用した個性的なサウンドは、ピナ・バウシュヴィム・ヴェンダースパトリス・ルコントロバート・ウィルソンジャン=ポール・グード大友克洋等から絶賛されている。ジャンルを超越した活動を通じてハル・ウィルナーピーター・シェラーアート・リンゼイエヴァン・ルーリーアルチュール・Hヴィニシウス・カントゥアリア等海外アーティストとの交流も深く、パリシャイヨー宮におけるフィリップ・ドゥクフレとの即興セッション(2000年)、ロバート・ウィルソンの『The White Town』の音楽監督(2002年)、北京での京劇俳優との即興セッション(2002年)、ベルリン・ジャズ・フェスティバルへの参加(2003年)、ピナ・バウシュフィリップ・ドゥクフレカトリーヌ・ウィードマン等ダンス作品への楽曲提供(2005年〜2010年)、ヴィム・ヴェンダース監督作品『ピナ』への楽曲提供(2011年)等で国際的な評価を受けている。

2005年秋よりパリにも拠点を設け、世界を舞台に活躍。2007年のオリジナルアルバム『Stolen from strangers』、および2013年のオリジナルアルバム『Lost Memory Theatre act-1』は、欧米の音楽誌で「年間ベストアルバム」「音楽批評家大賞」などを連続受賞。ギャラリーラファイエット・オムの「2009年の男」に選出され、同年の5月にはパリの街を三宅純のポスターが埋め尽くした。主要楽曲を提供したヴィム・ヴェンダース監督作品「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)はEuropean Film award2011 ベストドキュメンタリー賞 受賞、またアカデミー賞2012年ドキュメンタリー部門、英国アカデミー賞2012年外国語映画部門にノミネートされた。

2016年ブラジルで開催されたリオデジャネイロオリンピックの閉会式において、セレモニーの導入曲となる「君が代」の編曲を担当。また、その後奏曲である「ANTHEM OUTRO」の作・編曲を担当した。

作品[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

(プロデュース、作詞作曲、編曲、演奏は三宅純自身による)

  • JUNE NIGHT LOVE(1983年)
  • Especially Sexy(1984年)
  • 永遠乃掌(TOKOSHIE no TENOHIRA)ラブユートーキョウ(1988年)
  • 星ノ玉ノ緒 ENTROPATHY(1993年)
  • CM TRACKS VOL.1(1996年)
  • CM TRACKS VOL.2(1996年)
  • 常夏乃憂ヒ JUN MIYAKE LIVE at CAY '95(1996年)
  • "angels rondo" MUSIC for TAKAYUKI TERAKADO EXHIBITION(1998年)
  • Glam Exotica!(1999年)
  • Mondo Erotica!(2000年)
  • Innocent Bossa in the mirror(2000年)
  • Stolen from strangers(2007年)
  • "Lost Memory Theatre act-1" (2013年)
  • "Lost Memory Theatre act-2" (2014年)

ミニアルバム[編集]

  • Latinism Reversible(1997年)

シングル[編集]

  • Stokesia(1989年、「Cycloid」名義 JTマイルドセブン・FK CM曲)
  • ONE〜“コーラスライン”より(1991年)
  • RECIENTE(1991年、「スュブリーム&三宅 純」名義)
  • La Party(1991年、「zans」名義)
  • ぜんまいざむらいのうた(2006年、vo:CHAKA)
  • ぜんまいな人生(2007年、vo:勝沼恭子)

サウンドトラック[編集]

  • GORILLAII original soundtrack(1989年) - トラック6「SASURAI」
  • MEMORIES original motion picture soundtrack(1996年) - 第2話「STINK BOMB/最臭兵器」DISC1:トラック12〜29
  • プープーの物語 オリジナル・サウンドトラック(1998年)
  • MASK DE 41 Soundtrack MASK DE 41(マスク・ド・フォーワン) オリジナル・サウンドトラック(2004年)
  • 牙 -KIBA- オリジナル・サウンドトラック Vol.1(2006年)
  • 牙 -KIBA- オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2007年)
  • オリジナル・サウンドトラック「中国の不思議な役人」"The Miraculous Mandarin soundtrack" (2009年)
  • "Vollmond"(フルムーン) / music from the dance theater of Pina Bausch(2009年、プロデュース作品)
  • ジャンヌ・ダルク オリジナル・サウンドトラック"Janne d'Arc soundtrack" (2010年)
  • "pina" sound track / Wim Wenders film (2011年)
  • 音楽劇ヴォイツェク メモリアルCD Woyzeck soundtrack(2014年) - ライブレコーディング音源
  • 舞台「9days Queen〜9日間の女王〜」オリジナルサウンドトラック(2014年)

参加作品[編集]

映画音楽[編集]

  • 愛しのハーフムーン(1987年、監督:滝田洋二郎
  • MEMORIES 第2話「STINK BOMB/最臭兵器」(1995年、総監督:大友克洋、監督:岡村天斎
  • プープーの物語(1998年、監督:渡辺謙作
  • エニイ・ギブン・サンデー(1999年、監督:オリバー・ストーン) - 楽曲を提供するも諸事情により完成版では使用されず。
  • MASK DE 41(2004年、監督:村本天志
  • Coffee with Pina / Lee Yanor/ 2005
  • L'Ombre et la Main / Laurence Garret / 2006
  • Mourir d'Aimer / Josse Dayan / 2009
  • Katai/Claire Doyon / 2010
  • 3 femmes amoureuses/ Pierre Daigniere/2010
  • The Women/ Diane English/2010
  • Jonas/Christian Ulmen&Robert Wilde/2011
  • Eat Pray Love / Ryan Murphy /2011
  • pina / Wim Wenders / 2011 (Awarded for European Film Award 2011, Nominee for the Academy Awards 2012, BAFTA awards 2012)
  • The mark of beauty / 2013
  • Tiens-toi droite / Katia Lewkowicz / 2014
  • NORMAN: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer / Joseph Ceder / 2017

TVドラマ[編集]

TVアニメ[編集]

舞台作品[編集]

  • Philippe Decoufle&DCAとImprovisational Session (京都、Palais de Chaillot) (2000)
  • Irma Omerzoダンスチーム公演 (2001年) - 作品提供
  • Robert Wilson"The White Town"(Bellvue Theater、Copenhagen)に音楽監督として参加 (2002年)
  • Philippe Decoufleのワークショップ(横浜)に作品提供 (2002年)
  • Phillipe Decoufle"solo"(Paris)に楽曲提供 (2005年)
  • Pina Bausch"RoughCut"(Wuppertal)に楽曲提供 (2005年)
  • Katerine Wiedemann"The Mermaid"(Copenhagen)に楽曲提供 (2005年)
  • Pina Bausch"Vollmond"(Wuppertal)に楽曲提供 (2006年)
  • Pina Bausch "Bamboo Blues"(Wuppertal)に楽曲提供 (2007年)
  • Breht-Weil / Three penny Opera / Akira Shirai / Tokyo (2007)
  • "Stay Awake" Songs of vintage Disney Films / produced by Hal Willner (2007, London) - Grace Jones, Gavin Friday and Beth Gibbonsのために編曲、及び指揮
  • Pina Bausch "Sweet Mambo"(Wuppertal)に楽曲提供(2008年)
  • "Stay Awake" Songs of vintage Disney Films / produced by Hal Willner (2008 NY) - David Byrne, Gavin Friday and Jennifer Charlesのために編曲、及び指揮
  • 舞台「中国の不思議な役人」(2009年、パルコ劇場)白井晃演出による寺山修司の再演。楽曲提供、および音楽監督
  • 舞台「ガラスの葉」(2010年)原作:フィリップ・リドリー、翻訳:小宮山智津子、演出:白井晃
  • 舞台「ジャンヌ・ダルク」(2010年)演出:白井晃、脚本:中島かずき劇団☆新感線
  • 舞台「幽霊たち」(2011年)原作:ポール・オースター、翻訳:柴田元幸、構成・演出:白井晃
  • 舞台「天守物語」(2011年)原作:泉鏡花、演出:白井晃
  • 音楽劇「ヴォイツェク」(2013年)原作:ゲオルク・ビューヒナー、脚本、赤堀雅秋、演出:白井晃
  • "Pina Bausch tribute in Tokyo" concert (2013)
  • "Pina 40" concert in Wuppertal / Germany (2013)
  • "A tribute to Pina Bausch" concert in Vienna / Austria (2013)
  • 舞台「9days Queen〜9日間の女王〜」(2013年)演出:白井晃。脚本:青木豪
  • "The here and after" concert at Le 104 Paris (2014)
  • 舞台『Lost Memory Theatre』(2014年)原案・音楽:三宅純 構成・演出:白井晃
  • Pearl S Buck / PEARL / Lincoln Center NY (2015)
  • 舞台「No.9-不滅の旋律-」(2015年)演出・白井晃、脚本・中島かずき(劇団☆新感線)
  • "Jun Miyake WMF2016" concert at Hamamatsu Act City hall (2016)
  • "Jun Miyake" concert at Blue Note Tokyo (2016)

出演・客演[編集]

  • ボストン、ニューヨークのクラブ、FM局 定期出演(1976-1981)
  • "CAY"(青山) 定期出演(1986-)
  • "Festival Halu"(パルコ劇場) 出演(1994)
  • Montreux Jezz Festival(Seigen Ono Ensemble) Soloistとしてゲスト出演(1994)
  • 画家・寺門孝之と外郭放水路にて即興ライヴペインティング・セッション(2002)
  • 外務省の招聘により北京公演。京劇役者とのセッション(2002)
  • Berlin Jazz Festival 2003、Nouveau Casino(Paris)に出演(2003)
  • Phillipe Decoufleモガドア劇場公演(Paris)に客演(2005)

イベント[編集]

  • フジサンケイグループ新首脳陣発表イベント (東京、大阪) 音楽監督 (1984年)
  • 20's vs 80's "Electric Cotton Club "(六本木インクスティック) 企画、出演 (1984年)
  • All Japan Jazz Aid (日本武道館) オープニング/エンディング作編曲 (1987, 1988年)
  • "BOHEMIA"(西麻布) 音楽監督 (1987-1989)

主な作曲、編曲、プロデュース、セッションワーク[編集]

  • 秋本奈緒美『Rolling 80's』(1983年)
  • 村松健『スティル・ライフ・ドーナッツ』(1983年)
  • 美空ひばり『水仙の詩~ひばり ポップスを唄う』(1984年)
  • Teressa Jonette『DARK ANGEL'S NIGHT』(1987年)
  • 辛島文雄『Transparent』(1987年)
  • 柳葉敏郎『君の名は』(1987年)
  • 佐藤隆『水の中の太陽(Le Soleil Dans L'eau)』(1987年)
  • ZOE heywood『ZOE』(1987年)
  • 佐藤隆『甘い生活(La dolce vita)』(1988年)
  • 佐藤隆『一人よりも2人』(1988年)
  • ジャン・ミッシェル・ジャール『Revolutions』(1988年)
  • 中森明菜TATTOO』(1988年)
  • 中森明菜『Femme Fatale』(1988年)
  • 井上大輔『At The Clubhouse』(1988年)
  • 平沢進時空の水』(1989年)
  • 井上大輔『SAPPHIRE BLUE』(1989年)
  • 窪田晴男プロデュース「東京的」VOL.1(1989年)
  • 葛生千夏『ふるさと』(1990年)
  • 安藤治彦『LOST ANGEL』(1990年)
  • 安藤治彦『Call it love』(1991年)
  • ケルカン『 密月世界旅行』(1991年)
  • サーカス『たったひとつの言葉』(1991年)
  • Vie Vie『TOUCHEE』(1994年)
  • Ah-ya(野澤恵)『aperio~気持ちに触れたい』(1994年)
  • 花代『まっ赤なしずく』(1995年)
  • ピーター・シェラー『ヴェリー・ネオン・ペット』(1995年)
  • おおたか静流『リピートパフォーマンスIV ~RAINBOW MIX~』(1998年)
  • Origa『永遠。』(1998年)
  • 前田祐希『JAZZ AGE GERSHWIN SONG BOOK I』(1998年)
  • 前田祐希『JAZZ AGE GERSHWIN SONG BOOK II』(1998年)
  • Manhattan Jazz Orchestra『Moanin'』(1989年)
  • Seigen Ono『forty days and forty nights』(1991年)
  • DEBORAH『君恋し』(1992年)
  • RADIO HEAVEN(1992年)
  • Seigen Ono Ensemble『MONTREUX 93/94』(1994年)
  • Seigen Ono Ensemble『at the Blue Note Tokyo』(2000年)
  • Seigen Ono Ensemble『ROMAN MARCHING BAND』(2000年)
  • DEMI SEMI QUAVER『DOG BLESS YOU!』(2003年)
  • カルカヤマコト『GAL ANTHEM』(2004年)
  • L'Arc〜en〜CielAWAKE』(2005年)
  • V.A./ 『Novo Brasil』(2002年)
  • V.A. / 『Post Modern Bossa』(2003年)
  • V.A. / 『Soul Ways round about the lounge』(2003年)
  • V.A. / 『Hearts and passions』(2003年)
  • V.A./ 『Il Corso Como』(2004年)
  • Vinicius Cantuaria『SILVA』(2005年)
  • V.A./『Play Up』(2006年)
  • Miharu Koshi『Le Judas』(2008年)
  • Aline de Lima『Acai』(2008年)
  • Sublime&Jun Miyake『Ludic'』(2010年)

TV CM[編集]

作曲したものは多数に及ぶ。下記はその一部。

  • SONY
  • Panasonic
  • TOSHIBA
  • sharp
  • Mitsubishi
  • Sanyo
  • TDK
  • Apple Computer
  • IBM
  • NEC
  • BMW
  • Mercedes Benz
  • Ford
  • TOYOTA
  • NISSAN
  • MAZDA
  • HONDA
  • MAZDA
  • JAL
  • ANA
  • JR
  • DHL
  • OLYMPUS
  • Nikon
  • Canon
  • 京セラ
  • FUJI film
  • NTT
  • docomo
  • PARCO
  • Laforet
  • 西武百貨店
  • 阪急
  • Giorgio Almani
  • Issey Miyake
  • 資生堂
  • コーセー
  • カネボウ
  • マンダム
  • 花王
  • レナウン
  • キリンビール
  • サントリー
  • アサヒビール
  • サッポロビール
  • ニッカウヰスキー
  • 日本コカ・コーラ
  • POKKA
  • キユーピー
  • AGF
  • カルビー
  • ACジャパン
  • JCB
  • UC card
  • VISA card
  • 日清食品
  • JT
  • ハウス食品
  • 明治製菓
  • 森永製菓
  • 森永乳業

その他[編集]

主な受賞歴[編集]

等受賞作多数

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

レコード会社[編集]