ザ・リバティーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・リバティーンズ
The Libertines 2014.jpg
2014年のライブ
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ガレージロック・リバイバル
インディー・ロック
パンク・ロック
活動期間 1997年 - 2004年
2010年 -
レーベル ラフ・トレード
共同作業者 ミック・ジョーンズ
ベイビーシャンブルズ
ダーティ・プリティ・シングス
イエティ
チャヴズ
レイザーライト
公式サイト www.thelibertines.com
メンバー ピート・ドハーティ
カール・バラー
ジョン・ハッサール
ゲイリー・パウエル
旧メンバー スティーブ・バーロウ
ジョニー・ボーレル
ポール・デュフール
アンソニー・ロッソマンド

ザ・リバティーンズ (The Libertines) は、イギリスロックバンドロンドン出身。

概要[編集]

ガレージロック・リバイバル・ムーブメントにおけるバンドの1つ。バンドの中心人物は、作詞・作曲を共同で行っていたカール・バラーピート・ドハーティ。当初は目立った成功を収められずにいたが、2000年代前半からしだいに注目を集め、ついにはイギリスチャートでアルバム1位、シングル2位を獲得するバンドとなった。2004年12月にリリースされた2ndアルバム『リバティーンズ革命』は、NMEの年間ベストアルバムで2位に選ばれた。なお、彼らの2枚のアルバムプロデューサーは、イギリスのパンク・ロックバンド、ザ・クラッシュミック・ジョーンズが担当した。

成功の一方で、バンド内部ではドハーティのドラッグ中毒クラック・コカインヘロイン)を原因とするトラブルが絶えず、結果的にこれが2004年の解散につながった。その後、リバティーンズのメンバーはそれぞれの新しいバンド(ベイビーシャンブルズおよびダーティ・プリティ・シングス)で音楽活動を継続した。

2010年8月には一時的に再結成を果たし[1]レディング・フェスティバルを含むいくつかのライヴを行った。2011年のインタビューでカール・バラーは将来的な活動を否定した[2]ものの、その後も断続的にライブを継続。2014年はブリティッシュ・サマータイム・フェスティヴァルatハイドパークでヘッドライナーを務め、ヘッドライン・オブ・ザ・イヤーを受賞した[3]

2014年12月、新たにVirgin/EMI Recordsと契約を交わしたと発表。ニュー・アルバムのリリースが決まった。 2015年6月26日、シークレットゲストとしてグラストンベリーにて新曲含む19曲を演奏した。 2015年9月3rdアルバム発表。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

来歴[編集]

結成〜ラフ・トレードとの契約[編集]

ザ・リバティーンズの設立メンバーはカール・バラーピート・ドハーティ。2人が出会ったのは、バラーが大学で演劇を学び、ドハーティの姉エイミー・ジョーとロンドンのリッチモンドでフラットをシェアしていた時。ドハーティは別の大学で英文学を学んでいた。この時ドハーティは17歳であった[4]。2人は互いの才能と音楽への情熱に気づき、大学を辞め北部ロンドンのカムデン・ロードで共同生活を送るようになる。[5]当初ドハーティはバラーとザ・スミスモリッシー/マーのような歌手とギタリストの関係になろうとしていた[4]。2人が住んでいた家は、家賃は週60ポンド(約1万2000)で壊れた裏窓から入り込むしかなく、ドハーティとバラーはシングルのマットレスで一緒に寝ていた[6]

隣人のスティーブ・バーロウ (Steve Bedlow〈一般的には、Scarborough Steveと呼ばれる〉) とバンドを結成した。バンド名をはじめ「ザ・ストランド (The Strand)」とし、のちに「ザ・リバティーンズ」とした。由来は、マルキ・ド・サドの『ラスト・オブ・ザ・リバティーンズ (Lust of the Libertines)』から(「ジ・アルビオンズ〈The Albions〉」も検討されたが取り下げされた)。ジョン・ハッサールジョニー・ボーレルと出会い練習を行った。ボーレルが練習に現れなくなり、ハッサールがベーシストとしてバンドに加わった(ボーレルは、のちにレイザーライトのメンバーとなった)。この時点では、まだ固定的なドラマーがいなかった。バンドはギグを行うようになり、多くはドハーティとバラーのフラットが開催地となった。

3曲レコーディングするために、プロデューサーにセックス・ピストルズの作品を手掛けたことのあるグウィン・マシアス(Gwyn Mathias)を迎え、オデッサ・スタジオへ入った。しかし、バンドは自分たちが用意してきたドラマーに落胆し、 マシアスはポール・デュフール (Paul Dufour、別名:ミスター・ラズコックス〈Mr. Razzcocks〉) をヘルプとしてバンドに入れた。デュフールは、50ポンドでレコーディングに加わることを同意した。彼は54歳であり、他のメンバーよりかなり年上だった。年齢差は大きかったものの、デュフールはバンドに加わったことで十分感動していた。バンドは、より多くのレコーディングをし始め、さらに遠くの開催地でギグをするようになった。

2000年5月、バンドはワーナー・ミュージック・グループの弁護士であったペルシャ人女性のバニー (Banny Poostchi) と出会った。バニーはバンドの潜在的な才能を認識して、マネージャーを引き受けた。『Legs 11』のレコーディングを行う。しかし、2000年12月になっても契約が決まらず、デュフール、ハッサール、バニーがバンドを離れていく。[7]バニーは同じようなスタイルで成功しているザ・ストロークスを見て、ラフ・トレード・レコードと6か月以内に契約を交わす計画を立てる。この期間にバンドは多くの曲を書き上げ、結果的に1stアルバムに収録されることになった。バニーはポール・デュフールの年齢が高すぎると考え、ゲイリー・パウエルをドラマーとして加入させた。2001年12月、ラフ・トレードと契約を交わした。[8]

バンドはベーシストが必要となり、ジョン・ハッサールが再度加入した。しかし、バンドの中心はドハーティとバラーであるため、ハッサールはバックグラウンドに留まることを通告される。ドハーティとバラーは、ティーズデール通り112aにあったフラットを一緒に賃借し、アルビオン・ルームズ (The Albion Rooms) と名付けた(彼らのゲリラ・ギグの多くの開催地になった)。

『リバティーンズ宣言』[編集]

ラインナップが固まったバンドは、より多くのギグをし始め、ザ・ストロークスザ・ヴァインズスーパーグラスオープニングアクトを務めた[9]。ミュージックプレス中へ名前が広がり、NMEは特にリバティーンズへの関心を持った。

2002年、両A面シングルホワット・ア・ウェイスター/アイ・ゲット・ アロング」をリリースしてデビューを果たす。プロデューサーは元スウェードバーナード・バトラー。シングル発売日と同日、エリザベス2世女王即位50周年記念の祝典が開催されており、バッキンガム宮殿内ではロック・スター参加のコンサートが行なわれ、大々的にテレビ中継されていた。彼等はこれに対抗し、宮殿の道挟んだ向かい側でギグを決行。さらにこのシングルをヴァージン・メガストアで万引きする(その模様は後にシングルとなる「ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン」のPV中に挿入されている)。こうしてバンドは反体制派のヒーローとしての立場を確立した。シングルは放送禁止処分となったが、全英37位を記録。[10]

ザ・クラッシュミック・ジョーンズをプロデューサーに迎え、1stアルバムのレコーディングを行った[11]。レコーディング中もバンドは可能な限り多くのギグを行なっていた(セックス・ピストルズモリッシーオープニングアクトを含め、2002年だけで100回以上)。

2002年8月、サマーソニックに出演し、初めて日本でライブを行った。ライブはたったの20分程度だったが、ベストアクトの1つに挙げられた。ドハーティは、「日本にいた時はアルカディアにいるようだった」とコメント[8]

セカンドシングル「アップ・ザ・ブラケット」を9月30日にリリースし、全英29位を記録。続いて10月21日に、1stアルバム『リバティーンズ宣言』をリリース。全英で最高35位どまりだったが世界中の音楽誌から高い評価を得た。NMEアワーズで「ベスト・ニュー・バンド」に選ばれた。バラーがアルビオン・ルームズから独立していく[12]

2003年4月、日本ツアーを敢行した。約2週間の滞在期間の中で、10回のギグを行うという過密なスケジュールのせいもあってか、札幌公演ではドハーティが2曲目で機材を全て破壊する事件を起こす[10]。ギター1本とツイン・ヴォーカルで札幌の公演を終えた[13]

メンバー間の関係悪化[編集]

『リバティーンズ宣言』のレコーディングとリリース後のツアー中、ドハーティのドラッグ使用量が大幅に増加していき、他のメンバーとの関係が悪くなっていく。バンドは気難しくなり、パフォーマンスの中にも緊張状態が見て取れるようになった。

2003年5月、ニューヨークで『Babyshambles Sessions』のレコーディングを行う。 バンドへの決意の印として、ドハーティとバラーは腕にタトゥー "Libertine" を入れた。しかし、バラーはドハーティのドラッグとその関係者に嫌気がさし、セッションを途中でやめ、ドハーティはひとりでレコーディングを終えた。セッションはヘレン・スーと呼ばれるファンに与えられ、インターネットで無料公開された(ドハーティが命令したとされている)。

イギリスに戻ると2人の関係はさらに悪くなり、ドハーティはひとりでゲリラ・ギグを行うようになった。バーナード・バトラーをプロデューサーに迎えて「ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン」のレコーディングを行うが、ドハーティとバトラーの関係がうまくいかず、ドハーティはめったにレコーディングに現れなかった。

バラーの誕生日が近づいてきた時、ドハーティはバラーとの間の緊張を和らげようと、誕生日を祝う特別なギグを企画した。しかし、バラーはすでに他の友人が開いてくれたパーティへ出席しており、ギグに行くことができなかった。ギグでは、ひとり演奏するドハーティが残された。

バラーがシークレット・ギグに現れなかった後、ドハーティはバンドのヨーロッパ・ツアーへの出発時間に姿を現さなかった[14]。ドハーティはこの時、裏切られたと感じ、バラーと接触するのを拒んでいた。バンドはニックという代わりのギタリストを迎え、ドハーティ抜きでツアーを敢行した。ドイツのライブでは、ザ・クーパー・テンプル・クロースのディズ・ハモンドがボーカルとしてバンドをサポートした[10]。途中ドハーティがパリのギグから合流しようとするが、ドラッグ問題を理由にバンドへ戻ることを拒否される[15]。その間、ドハーティはベイビーシャンブルズとして活動を続けた。7月、バンドはフジ・ロック・フェスティバル出演のために日本へ向かった。バンドが日本に滞在中、怒り取り乱したドハーティがバラーのフラットに機材等を盗みに侵入し、逮捕されるという事件を起こした[16][17]

混乱の中、シングル「ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン」がリリースされる。ドハーティ逮捕の話題もあいまって全英11位にまで登りつめた。ドハーティの代役にアンソニー・ロッソマンドを迎えてレディング・フェスティバルに出演。9月、ドハーティが住居侵入罪で、2か月の実刑に処せられる。ドハーティの保証人にバラーがならなかったことに、ファンが非難を浴びせた。

『リバティーンズ革命』〜活動停止[編集]

ドハーティ釈放の日、バラーが門の前まで迎えに行き、2人は熱い抱擁を交わした。この晩、来ないと思われていたハッサールとパウエルも加わり、チャタムのクラブ「タップ・アンド・ティン」でドハーティ復活記念のギグを行った[18]。NMEギグ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる[12]。2003年12月の中頃、ロンドン・フォーラムで3日連続ギグを行い、全てソールド・アウトとなった。最終日の夜には、大勢のファンがステージへ上がってきた[19][20]。続けて2004年3月、UKツアーを行う。

バニーに代わり、クリエイション・レコーズ創立者のアラン・マッギーがマネージャーとなった(のちにアラン・マッギーは、ダーティ・プリティ・シングスのマネージャーになった)。2ndアルバム制作のためにバーナード・バトラーとスタジオ入りするが、ドハーティとバトラーの関係がうまくいかず、すぐにやめてしまう。前年に公式リリースされたのは「ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン」だけであったにもかかわらず、NMEアワーズでベスト・ブリティッシュ・バンドに選ばれた。授賞式で「ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン」を披露。また、式でドハーティとバラーは、ジークフリート・サスーンの詩「Suicide in the Trenches」を共に暗唱した[21]

ミック・ジョーンズがプロデューサーに復帰し、スタジオ入りする。しかし、ドハーティのドラッグ癖が戻り、バラーとの関係が張り詰めたものになる。レコーディング初日に2人は大喧嘩をし、2人を喧嘩から引き離すためにセキュリティーが雇われた[22]。ドハーティはリバティーンズの傍ら、友人のウルフマンとコラボレートし、シングル「フォー・ラヴァーズ」をリリース。全英7位を記録。バラーは、ウルフマンとドハーティのドラッグ癖を快く思わなかったが、B面にギターで参加した。アルバムのレコーディングを終えるとドハーティはミキシングとアフレコを他の者に任せて、スタジオから去ってしまう。ドハーティがまともな状態ではなく、レコーディングできたのはわずか10日間であった[23]。2004年5月14日、ドハーティはドラッグ中毒を絶つため、プライオリーへ入る[24][25]。しかし、すぐにドハーティはプライオリーから抜け出し[26]、1度戻るが、1週間後の6月7日に再び抜け出した[27]

この間、バラーはウエスト・エンドで開く予定のクラブナイト「ダーティ・プリティ・シングス」の準備をしていた[28]。ドハーティは、プライオリーを2回目に抜け出した日に、クラブナイトのオープニング・パーティーへ顔を出した。バンドメンバーに薬物治療のためタイワット・タムクラボークへリハビリに行く決意を語った[29]。この晩、楽器を周りから借りながら短いセットのギグを行った[30][31]。そして、これがリバティーンズ全員揃っての最後のパフォーマンスとなった。

リハビリは再び失敗に終わり、ドハーティは寺院を3日間で去り、ドラッグを求めてバンコクへ向かった[32]。契約上、これ以上ギグをキャンセルするわけにはいかないバンドは、再びロッソマンドを代役に迎え活動を再開。6月17日、ドハーティがイングランドへ帰国したその日に、刃物の不法所持で逮捕される[33]。9月1日、ドハーティはロンドンの裁判所に出廷し、無実を主張。4か月の実刑になる可能性があったが、執行猶予12か月になり実刑を免れた[34]。バラーは、ドハーティをすぐにはバンドへ戻さなかったが、「ドハーティがドラッグ問題を解決すれば、すぐにでもバンドへの復帰を歓迎する」という声明文を出す[35]。しかし、ドハーティは新しく始めたベイビーシャンブルズとしてツアーを敢行、成功し、バンドとの和解の可能性を遠ざけた[36]

2004年7月、フジ・ロック・フェスティバル出演のために、薬物問題が解決しないドハーティ抜きで日本へ向かった。8月、サマーソニックに飛び入り出演。コメディ・ステージでのライブであったが多くの観客を集めた。

2ndアルバムからの1stシングル「キャント・スタンド・ミー・ナウ」をリリースし、全英2位を記録。末に満を持して2ndアルバム『リバティーンズ革命』をリリースし、全英1位を記録。11月、ラストシングル「ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー・ラッズ」をリリースし、全英9位を記録。バンドは最後の日本公演を行い、全国7か所を周った。

12月17日、ドハーティ不在のままパリで最後のギグを行った。無期限活動停止(事実上の解散)を宣言し、活動にピリオドを打つ[37]

2005年2月、NMEアワーズで2年連続でベスト・ブリティッシュ・バンドに選ばれた。授賞式でバラーは「ピートに会えなかったのは残念。キスして仲直りするはずだったのに」と、コメント。

その後、ドハーティはベイビーシャンブルズ、バラーとパウエルはダーティ・プリティ・シングス、ハッサールはイエティでそれぞれ活動している。

再結成[編集]

ドハーティとバラーの2人は、リバティーンズ解散後、数か月間連絡を絶っていた。しかし、2005年4月18日午後11時30分頃、2人は北部ロンドン・ハイゲイトのザ・ブーガールー・バーで再会した。この再会は友好的なものと言われている。2人が再会したのは、ドハーティがタイへ行く直前に会って以来、約10か月ぶりであった。2人は最初神経質になっていたが、抱擁で互いを迎え合い、ソファーに座って会話をした。[38][39]

次の再会は、2006年7月18日、カムデンのダブリン・キャッスル・パブで行われた[40][41]

NMEアワーズ2007で、ドハーティとバラーは再会し、バーへ行く前にテーブルでしばらく話をした[42]。2人が会うのはダブリン・キャッスルの時以来だったが、本当にうまくやっている様子だったとNMEは報告している[43]

2007年4月12日、ハックニー・エンパイア劇場でドハーティのソロ・パフォーマンスにバラーが参加。その場でドハーティとバラーによるリユニオンが行われ、「タイム・フォー・ヒーローズ」など、リバティーンズのトラックが合計13曲演奏された。コンサートが終わりバックステージの窓から即興ギグも行われ、外で待ち構えていたファンを熱狂させた[44]

しかし、ドハーティ、バラー共に共演は1回限りだと発言している。バラーはダーティ・プリティ・シングスのニューアルバムに専念しているとインタビューに答えた。一方、ドハーティはソロ・アコースティック・アルバムに加え、ニューアルバム制作の為にスタジオへ入ることを明らかにした。[45][46]

2007年6月、ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』40周年記念カヴァー・アルバムのために、ドハーティとバラーが「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」をレコーディングした。2人が一緒にレコーディングするのは、2004年4月以来であった。[47][48]

グラストンベリー・フェスティバルの日曜日のドハーティのソロ・アコースティック・ショーにバラーが参加するのではないかという噂が流れた。ベイビーシャンブルズ、ダーティ・プリティ・シングス共に、土曜日のステージへは出演したが、日曜日の共演は行われなかった。しかし、ドハーティはリバティーンズのトラックでアコースティック・ショーをスタートさせるなど、思いがけないセットを披露した。[49]

ドハーティとバラーが、ロンドンのドンマー・ウエアハウスのためにロックンロール・ミュージカルをコラボレーションする予定だと報道された[50]。しかし、のちにバラーは、ドハーティと新曲を制作しているという噂を否定した[51]

2008年7月のインタビューで、バラーはリバティーンズについて「やりかけの仕事」と話した。また、ドハーティと一緒にいた時の純粋さを忘れることができないとも話した。リバティーンズ再結成の質問には「たぶん」と答えている。[52][53]

2008年9月17日、ドハーティはカムデンのプリンス・オブ・ウェールズ・パブでプライベート・ギグを行っていた。終盤に差し掛かったところ、かつてのバンドメイトのギグに参加するために、バラーがセキュリティに導かれてステージへ上がった。このリユニオンは突発的に行われたものと思われる。「ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン」や「タイム・フォー・ヒーローズ」、オアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」などを演奏した。2人が公で一緒に演奏するのは2007年4月のリユニオン以来であった。また、バラーは新しくタトゥー「let's put our futures behind us」を前腕に入れたことを話した。[54][55]

2008年10月1日、カール・バラー率いるダーティ・プリティ・シングスが2週間のUKツアーの後、解散することが発表された。声明によると、バンドは新しいことを始める時期がきたということ。しかし、新しいこととは、リバティーンズのことではないと付け加えている。[56][57]

2009年2月、ドハーティはレディング・フェスティバルから数億円で再結成のオファーを受けていたことを明かした。しかしながら、バラーが乗り気でなかったため断っていた。[58]バラーはインタビューに「バンドを解散し自由になれたばかりで、再結成のことで頭をいっぱいにするのは嫌だ。今はダメだ。」と答えている[59]

2009年2月、NMEアワーズでのインタビューで、バラーは2人はまだリバティーンズのままであると答えている。ドハーティは、2010年にはバラーを説得できるとの予想を話した。また、バラーはソロ・アルバムをリリースする可能性を仄めかした。[60][61]

2009年5月15日、ロンドンのリズム・ファクトリーで、バラー、ドハーティ、パウエルの3人がライブを行った。これは生前バンドが世話になっていたジョニー・セダッシーの追悼イベントであった。ハッサールは参加せず、ベイビーシャンブルズのドリュー・マコーネルが代役を務めた。演奏された曲は「ホワット・ア・ウェイスター」「アップ・ザ・ブラケット」「キャント・スタンド・ミー・ナウ」など。[62][63]

音楽性[編集]

ドハーティとバラーは異なった音楽的影響を受けてきた。ドハーティは主にザ・ジャムザ・スミスチャス・アンド・デイヴ、ジ・オンリーワンズから、バラーはヴェルヴェット・アンダーグラウンド[64]ジャンゴ・ラインハルトザ・クラッシュドアーズから影響を受けている。本では、ドハーティはウィリアム・ブレイクエミリー・ディキンソントーマス・チャタートンなどを好み、バラーはサキエドワード時代の機知に富んだものを好んだ。

レコーディングは、かなりローファイに行われた。ミキシングアフレコは最小限に抑えられ、最終的にレコーディングされた音は生に近く、洗練されていないものとなった。リバティーンズの登場により、それまでアメリカ一辺倒だったUKチャートへ、多くのイギリス新人バンドが現れるようになった[22]ザ・ビュー[65]ザ・ピジョン・ディテクティヴズ[66]ザ・メトロス[67]など、後進のバンドへ影響を与えている。

来日公演 [編集]

  • 2002年

8/17,8/18 大阪/東京 SUMMER SONIC '02


  • 2003年

"THE LIBERTINES JAPAN TOUR 2003"

4/8  名古屋 CLUB QUEATTRO

4/9  心斎橋 CLUB QUATTRO

4/10 福岡 DRUM LOGOS

4/11 京都 CLUB METRO

4/13 新宿 LIQUID ROOM

4/14 新宿 LIQUID ROOM

4/15 原宿アストロホール /MO'SOME TONEBENDER

4/16 仙台 CLUB JUNK BOX

4/17 札幌 PENNY LANE 24


7/25 FUJI ROCK FESTIVAL'03(ピートは不参加)


  • 2004年(全公演ピートは不参加)

8/1 FUJI ROCK FESTIVAL'04

8/3 SHIBUYA-AX


“THE LIBERTINES JAPAN TOUR 2004”

11/24 広島 CLUB QUATTRO

11/25 福岡 Zepp Fukuoka

11/27 名古屋 CLUB DIAMOND HALL

11/29 東京 Zepp Tokyo

12/1 川崎 CLUB CITTA'

12/2 大阪 なんばHatch

12/3 京都 CLUB METRO

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売年 タイトル UKチャート
2002年 リバティーンズ宣言 (Up The Bracket) 35
2004年 リバティーンズ革命 (The Libertines) 1
2007年 ベスト・オブ・ザ・リバティーンズ〜TIME FOR HEROES
(Time for Heroes - The Best of The Libertines)
23
2015年 リバティーンズ再臨 (Anthems for Doomed Youth)

シングル[編集]

発売年 タイトル UKチャート
2002年 ホワット・ア・ウェイスター (What A Waster) 37
アップ・ザ・ブラケット (Up The Bracket) 29
2003年 タイム・フォー・ヒーローズ (Time For Heroes) 20
ドント・ルック・バック・イントゥ・ザ・サン
(Don't Look Back Into The Sun)
11
2004年 キャント・スタンド・ミー・ナウ (Can't Stand Me Now) 2
ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー・ラッズ
(What Became Of The Likely Lads)
9

脚注[編集]

  1. ^ リバティーンズ、再結成ギグ
  2. ^ カール・バラー、ザ・リバティーンズに「未来はない」と断言
  3. ^ リバティーンズ、最優秀ヘッドライナーに Barks 2014年12月3日
  4. ^ a b Pete Doherty meets Paul McCartney」 guardian.co.uk、2007年10月14日。
  5. ^ Toby L 「The Libertines - Various, UK, Throughout 2002」 rockfeedback.com、2004年2月9日。
  6. ^ カール、ピートとの共同生活を語る」 BARKS、2006年9月27日。
  7. ^ Free Williamsburg 「Free Williamsburg」 2004年9月。
  8. ^ a b The Libertines - bounce.com 連載」 bounce.com、2002年12月19日。
  9. ^ The Libertines Interview」 BBC New、2002年10月28日。
  10. ^ a b c Biography」 RESERVOIR RECORDS。
  11. ^ The Libertines M.ジョーンズがデビュー作をプロデュース」 VIBE、2002年8月23日。
  12. ^ a b ピーター・ドハーティ ライヴ伝説」 2007年11月。
  13. ^ ピーター・ドハーティ 目撃談」 2007年10月。
  14. ^ The Libertines ピート脱走で解散の危機!?」 VIBE、2003年6月19日。
  15. ^ ザ・リバティーンズ、ドハーティ脱退? バンド存続の危機!?」 BARKS、2003年6月27日。
  16. ^ ザ・リバティーンズのピーター、住居侵入窃盗罪で逮捕」 BARKS、2003年7月30日。
  17. ^ The Libertines 窃盗の罪で服役していたピートが釈放される」 VIBE、2003年10月9日。
  18. ^ 刑期を終えたピーターがザ・リバティーンズに復帰」 BARKS、2003年10月10日。
  19. ^ Masters and commanders」 The Observer、2003年12月21日。
  20. ^ The Libertines ロンドンでの3日間連続コンサートに幕を閉じる」 VIBE、2003年12月22日。
  21. ^ The Libertines ピートがラジオで詩の朗読を披露!」 VIBE、2005年02月28日。
  22. ^ a b 妹沢奈美 「『リバティーンズ革命』日本盤ライナーノーツ」
  23. ^ The Libertines - bounce.com インタビュー」 bounce.com、2004年9月24日。
  24. ^ Peter Doherty Admitted To The Priory」 xfm.co.uk、2004年5月17日。
  25. ^ The Libertines ピートが薬物中毒克服のためリハビリ・センターに入所」 VIBE、2004年5月18日。
  26. ^ Pete Libertines leaves drug rehab」 NME.com、2004年5月24日。
  27. ^ The Libertines ピート、またもや失踪」 VIBE、2004年6月8日。
  28. ^ The Libertines クラブ・イベントに助っ人を交えて登場!」 VIBE、2004年6月7日。
  29. ^ ピート、早くもリバティーンズに復活」 BARKS、2004年6月9日。
  30. ^ Pete rejoins The Libertines」 NME.com、2004年6月8日。
  31. ^ The Libertines ピートがバンドに復帰!」 VIBE、2004年6月9日。
  32. ^ リバティーンズのピート、早くもリハビリを拒絶」 BARKS、2004年6月15日。
  33. ^ ザ・リバティーンズのピート、凶器所有で逮捕」 BARKS、2004年6月21日。
  34. ^ リバティーンズのピート、実刑を免れる」 BARKS、2004年9月2日。
  35. ^ リバティーンズ、ピート抜きでショウを続行」 BARKS、2004年7月1日。
  36. ^ リバティーンズのピート、ソロでUKツアーを」 BARKS、2004年7月21日。
  37. ^ カール、リバティーンズの将来について語る」 BARKS、2005年1月6日。
  38. ^ Libertines Reunion」 NME.com、2005年4月18日。
  39. ^ リバティーンズ、カールとピートが再会」 BARKS、2005年4月20日。
  40. ^ リバティーンズ、カールとピートがパブで再会」 BARKS、2006年7月21日。
  41. ^ Libertines reunion」 NME.com、2006年7月20日。
  42. ^ カール、ピートと共演のきっかけを語る」 BARKS、2007年4月17日。
  43. ^ NME 2007年3月10日、page 39
  44. ^ ついに、ピートとカールがステージで共演」 BARKS、2007年4月16日。
  45. ^ The Libertines speak about reunion」 NME.com、2007年4月25日。
  46. ^ ピート&カール、『リバティーンズの再結成はない』」 BARKS、2007年4月26日。
  47. ^ Libertines Pete and Carl reunite for Beatles recording」 NME.com、2007年6月15日。
  48. ^ カールとピート、『Sgt. Pepper's』でデュエット」 BARKS、2007年6月18日。
  49. ^ カール、グラストンでピートとの共演はないが結婚?」 BARKS、2007年6月25 日。
  50. ^ ピートとカール、ミュージカルを制作」 BARKS、2008年3月4日。
  51. ^ Pete Doherty and Carl Barat 'not working together again'」 NME.com、2008年6月3日。
  52. ^ Carl Barat: 'The Libertines have unfinished business'」 NME.com、2008年7月6日。
  53. ^ リバティーンズに再結成の光!」 TSUTAYA online、2008年07月08日。
  54. ^ MTV UK: Pete & Carl Together Again
  55. ^ 元ザ・リバティーンズのピート・ドハーティーとカール・バラー、ロンドンでライブ共演」 RO69、2008年9月20日。
  56. ^ Dirty Pretty Things Official Announcement」 Dirty Pretty Things | Official website、2008年10月1日。
  57. ^ ダーティ・プリティ・シングス、解散」 BARKS、2008年10月2日。
  58. ^ ザ・リバティーンズ、レディングから再結成の依頼を受ける」 BARKS、2009年2月11日。
  59. ^ カール『リバティーンズの再結成より俳優への道』」 BARKS、2009年2月13日。
  60. ^ ピート・ドハーティ、『リバティーンズ再結成は2010年』?!」 RO69、2009年3月2日。
  61. ^ ピート・ドハーティ『リバティーンズを再結成するようカールを説得する』」 BARKS、2009年2月27日。
  62. ^ リバティーンズ、再結成(のようなもの)」 BARKS、2009年5月20日。
  63. ^ ザ・リバティーンズ再結成? カール・バラー、今後のライブ予定を語る」 RO69、2009年5月20日。
  64. ^ リバティーンズ節健在! 抜群のメロディと切なさの2nd登場!」 BARKS、2004年8月31日。
  65. ^ HARD TO EXPLAIN
  66. ^ マンスリープッシュ」 VIBE、2007年5月18日。
  67. ^ インタビュー」 VIBE、2008年8月26日。

外部リンク[編集]