大谷由里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 由里子(おおたに ゆりこ、旧姓・松岡、1963年2月21日 - )は、フリープロデューサー奈良県出身。 昭和の漫才ブームの後、「伝説の女マネージャー」として知られている人物。

来歴[編集]

1985年京都ノートルダム女子大学卒業後、吉本興業へ入社。横山やすしのマネージャーとなる。 マネージャー時代、「スター爆笑Q&A」に泥酔して出演した横山に激怒し、セット裏でビンタを食らわす逸話で著名となり、現在でも語り草となっている。1988年に結婚のため、退職。翌年出産。結婚祝いにやすしから「贈り物は印象の強いものが思い出に残るやろ!」という想いから、緑色の冷蔵庫をプレゼントされる。1990年にフリーのプロデューサーとして活動再開。クラヤ三星堂の新規事業プロジェクトのスタッフとなる。1991年にプラニングオフィス「有限会社SMS」を設立し、1994年に有限会社を株式会社に変更する。1998年には吉本興業とジョイントで「よしもとリーダーズカレッジ」を立ち上げ、2000年には吉本興業とプロデューサー契約締結し、吉本に契約社員として復帰。2003年に吉本興業を退社し、有限会社志縁塾(本社大阪市)を設立。人材教育を中心に会社・学校・官庁関係に対して営業を開始する。2006年、拠点を東京都中央区へ移転。

リーダーズカレッジ」は、1997年より継続して実施されている。2018年の開催校は、東京・大阪・福岡。2018年度の大阪校では、NHKサービスセンター梅田校の正式なプログラムとして展開。2018年9月1日(土)には、心斎橋大丸劇場にて「劇」を通してチームビルディングを学ぶという「ユニークなプログラム」の成果・発表会が行われた。(聴衆は、200名)

著書[編集]

  • 『吉本興業女マネージャー奮戦記「そんなアホな!」』(立東舎)
  • 『オンナの敵はオンナ~男たちにも知ってほしい、働く女たちの現実~』(きずな出版)
  • 『元気セラピー』 (KKロングセラーズ)
  • 『また会いたいと思われる人になる』(WAVE出版)
  • 『はじめて講師を頼まれたら読む本~最新版~』(KADOKAWA)
  • 『はなし上手な人のアドリブの技術』(KADOKAWA)
  • 『講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本~DVD付き~』(KADOKAWA)
  • 『吉本流 切り返し術 ああ言えば、こう言う!』(朝日文庫)
  • 『他人を元気にすると自分も元気になれる魔法のルール』(マイナビ出版)
  • 『ごきげんで生きる48の方法』(朝日新聞出版)
  • 『「出会い力」の磨き方』 (PHP研究所)
  • 『1通のクレームから必ずヒット商品が生まれる』 (アメーバブックス)
  • 『会社って何やねん!?』(時事通信社)
  • 『「仕事」、「子供」、『両立』ってどうやんねん?』 講談社
  • 『元気をつくる「吉本流」コーチング』ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 『あなたを幸せにする魔法の質問』 (主婦の友社)
  • 『20代夢のカンヅメ』 (ザ・マサダ)
  • 『元気が出るセオリー』 (廣済堂出版)
  • 『よけいなひと言ハンドブック』(中経出版)
  • 『その言葉、口に出す前に3つ数えなさい』(中経出版)
  • 『オンナのキメ! 言葉』(全日出版)
  • 『弱ったときこそ浪速女の底力』(書肆侃侃房)

大谷由里子を演じた女優[編集]

  • 高橋由美子 『俺は浪花の漫才師 笑わせまっせ泣かせまっせ!波瀾万丈の51年を生きた最後の芸人』(TBS)

関係人物[編集]

外部リンク[編集]