ガストロンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガストロンジャー
エレファントカシマシシングル
初出アルバム『good morning
B面 soul resuce
リリース
ジャンル ロック
レーベル 東芝EMI
プロデュース 宮本浩次
根岸孝旨
チャート最高順位
エレファントカシマシ シングル 年表
真夜中のヒーロー
1999年
ガストロンジャー
(1999年)
so many people
2000年
テンプレートを表示

ガストロンジャー」は、エレファントカシマシの22ndシングル

内容[編集]

  • 東芝EMIへ移籍後最初の作品となる。
  • 黒船来航、太平洋戦争高度経済成長を経て、発展を遂げた日本と宮本浩次が自分の本流を取り戻した事を歌詞にしている。
  • これまでのポップス路線とは違い、バンド初期の荒々しいロック調(ただしサウンド自体はデジタルな感触が加わっている)をバックに、宮本自身の現代の日本・現状に関しての思いを語り続ける楽曲となっており、歌唱部分はほとんどない。宮本いわく「ラップブームだから」。
  • 当初、NHKポップジャム』にて収録される予定だったが、歌詞の一部「人の良さそうな変な奴がのせられて偉くなっちゃって」の部分を、当時の首相・小渕恵三を皮肉った解釈と思わせるとの理由で別の曲での収録となったが、結局収録は行われなかった。渋谷陽一NHKFMの番組であるワールドロックナウにて、「この曲を放送したかったのだが、NHKでは放送禁止となった。」と発言している。
  • 「ガストロンジャー」という言葉は宮本の造語で意味はなく、本人は「ガガガガガガッーという感じで」とインタビューで述べている。

収録曲[編集]

  • 全曲、作詞・作曲:宮本浩次
  • 編曲:宮本浩次,根岸孝旨
  1. ガストロンジャー (5'25")
  2. soul rescue (4'48")
    アルバム未収録曲。