アマール・スロエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アマール・スロエフ
基本情報
本名 アマール・スロエフ
(Amar Suloev)
通称 アルメニアン・デビル
最強皇帝の親衛隊
国籍 アルメニアの旗 アルメニア
生年月日 1976年1月7日(40歳)
出身地 カリーニン市
所属 レッドデビル・スポーツクラブ
身長 176cm
体重 84kg
階級 ウェルター級PRIDE
バックボーン キックボクシングレスリング
テンプレートを表示

アマール・スロエフAmar Suloev1976年1月7日 - )は、アルメニア男性総合格闘家カリーニン市出身。レッドデビル・スポーツクラブ所属。

伸びのある打撃を武器とし、堅実で冷静、かつ攻撃的な試合運びをするロシアのM-1で活躍する人気選手。右に曲がった鼻に顎まで覆う口髭という風貌の持ち主。

パウロ・フィリオディーン・リスター戦では髭を剃り、入場時にタキシードシルクハットを被って入場したこともある。

来歴[編集]

キックボクシンググレコローマンレスリングの経験を持つ。

2002年UFCに参戦するが、チャック・リデルフィル・バローニに連敗した。

2003年M-1 MFC岡見勇信と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2003年12月31日INOKI BOM-BA-YE 2003ディン・トーマスと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2004年7月19日PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の四-ディーン・リスターと対戦し、判定勝ち。

2005年4月3日PRIDE 武士道 -其の六-のミドル級グランプリ(-93kg)ラストワントーナメント1回戦でパウロ・フィリオ腕ひしぎ十字固めで一本負け。

2006年6月4日PRIDE 武士道 -其の十一-のウェルター級(-83kg)グランプリ1回戦で前年のGP準優勝者ムリーロ・ブスタマンチと対戦。ロシアンフックをヒットさせ、ブスタマンチを追い込み、判定で勝利。2回戦へ進出した。

2006年8月26日PRIDE 武士道 -其の十二-では、デニス・カーンと対戦。スタンドでは互角の勝負を展開するも、カウンターの右ストレートでダウンし、そのままスリーパーホールドで一本負け。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
31 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
24 12 8 3 1 0 0
7 2 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジェセック・バクズコ 1R TKO(打撃) M-1 Challenge 2: Russia 2008年4月3日
× チェール・ソネン 2R 3:33 TKO(マウントパンチ) BodogFight: Alvarez vs. Lee 2007年7月14日
アンディ・フォスター 1R 0:26 KO(パンチ) BodogFight: Clash of the Nations 2007年4月14日
キム・フン 1R 4:35 TKO(パンチ連打) M-1 MFC: Russia vs. Korea 2007年1月20日
× デニス・カーン 1R 4:10 スリーパーホールド PRIDE 武士道 -其の十二-
【ウェルター級グランプリ 2回戦】
2006年8月26日
ムリーロ・ブスタマンチ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の十一-
【ウェルター級グランプリ 1回戦】
2006年6月4日
ジェームス・ニコル 1R終了時 TKO(ドクターストップ) Cage Rage 16: Critical Condition 2006年4月22日
ダミアン・リシオ 1R 1:25 KO M-1 MFC: Russia vs. France 2005年11月3日
× パウロ・フィリオ 1R 4:22 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の六-
【ミドル級グランプリ ラストワントーナメント 1回戦】
2005年4月3日
ディーン・リスター 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
ディン・トーマス 1R 4:23 TKO(パウンド) INOKI BOM-BA-YE 2003 馬鹿になれ夢を持て 2003年12月31日
岡見勇信 1R 4:44 TKO(パウンド) M-1 MFC: Russia vs. The World 6 2003年10月10日
ジュリアン・ゴンザレス 1R 1:38 チョークスリーパー M-1 MFC: Russia vs. The World 4 2002年11月15日
ポール・カフーン 1R 1:03 膝十字固め 2H2H 5: Simply the Best 5 2002年10月13日
× フィル・バローニ 1R 2:55 TKO(マウントパンチ) UFC 37: High Impact 2002年5月10日
× チャック・リデル 5分3R終了 判定0-3 UFC 35: Throwdown 2002年1月11日
モイス・リンボン 1R 4:48 TKO(左足首負傷) 2H2H 3: Hotter Than Hot
【決勝】
2001年10月7日
ポール・カフーン 5分2R終了 判定(ポイント2-0) 2H2H 3: Hotter Than Hot
【準決勝】
2001年10月7日
パトリック・デ・ウィットー 1R 1:11 腕ひしぎ十字固め 2H2H 3: Hotter Than Hot
【1回戦】
2001年10月7日
ペドロ・オタービオ 3:40 KO(パンチ) M-1 MFC: Russia vs. The World 1 2001年4月27日
Valentin Siouljine 1R TKO Pancration Cup of Russia 1 2000年12月1日
アレクサンドル・マヨロフ 1R TKO Pancration Cup of Russia 1 2000年12月1日
Vagam Bodjukyan チョーク M-1 MFC: World Championship 2000 2000年11月11日
リック・ルートリブ チョーク M-1 MFC: World Championship 2000 2000年11月11日
アンドレイ・シモノフ 1R 1:47 チョークスリーパー World Vale Tudo Championship 11
【決勝】
2000年5月27日
アルベルト・プリマ 1R 1:25 ギブアップ(キック) World Vale Tudo Championship 11
【準決勝】
2000年5月27日
ルイス・アルベルト 1R 2:26 KO(キック) World Vale Tudo Championship 11
【1回戦】
2000年5月27日
エリック・オガノフ 1R 腕ひしぎ十字固め IAFC: Pankration World Championship 2000 1日目 2000年4月28日
× ダレル・ゴーラー 10分2R終了 判定 M-1 MFC: European Championship 2000 2000年4月9日
セルゲイ・ヤンコフスキー 不詳 Pancration Cup of North Caucasus 2000年3月5日
× アンドレイ・シモノフ 1R 6:08 腕ひしぎ十字固め M-1 MFC: World Championship 1999
【1回戦】
1999年4月9日

獲得タイトル[編集]

  • World Vale Tudo Championship 11 優勝(2000年)
  • 2H2H 3 優勝(2001年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]