山下志功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下 志功
基本情報
本名 山下 志功
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-12-22) 1973年12月22日(44歳)
出身地 愛媛県伊予市
所属 パラエストラ札幌
身長 170cm
体重 88kg
階級 ライトヘビー級修斗
バックボーン 柔道柔術
テンプレートを表示

山下 志功(やました しこう、1973年12月22日 - )は、日本男性総合格闘家柔術家愛媛県伊予市出身。パラエストラ札幌所属。柔道四段。元修斗世界ライトヘビー級王者。

ゴールドジム・ノース東京のトレーナー(アルバイト)として長年勤務。看板トレーナーとなった。

来歴[ソースを編集]

北海道大学柔道部で七帝柔道を経験。中井祐樹の3学年下の後輩にあたる。北海道大学大学院博士課程を中退した。

1999年4月8日、大道塾「THE WARS V」で川口昭一郎とWARSジャケットルールで対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち[1]

1999年10月6日、プロ修斗デビュー。

2003年2月23日、修斗でダスティン・デニスと対戦。1R3分48秒、偶発的なバッティングにより左眉尻をカットしTKO負けとなったが、6月15日付けで「テクニカル判定によるドロー」と裁定が変更された[2]

2003年3月30日、アブダビコンバット日本予選88kg未満級に出場。1回戦で青木真也に勝利するなどして決勝に進出したが、岡見勇信に敗れた。

2003年5月4日、修斗でマルタイン・デ・ヨングと対戦し、2-1(29-27、29-27、28-29)の判定勝ちとなったが、相手側の提訴により8月3日付けで、「判定1-0(28-28、28-28、29-28)のテクニカル・ドロー」と裁定が変更された[3]

2004年7月16日、修斗でデビッド・ベルクヘーデンと対戦予定であったが、左肩亜脱臼により欠場となった[4]

2006年4月22日、AFCで行われた修斗世界ライトヘビー級(-83kg)王座決定戦で、ダスティン・デニスと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2007年7月15日、修斗世界ライトヘビー級チャンピオンシップでシアー・バハドゥルザダと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座陥落した。

2009年11月23日、修斗で行われた修斗 vs. パンクラスの対抗戦で和田拓也と対戦し、スリーパーホールドで一本負けを喫した。

戦績[ソースを編集]

総合格闘技[ソースを編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
10 1 3 5 1 3 0
5 0 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 和田拓也 3R 4:26 スリーパーホールド 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 3 2009年11月23日
× 宮澤元樹 5分3R終了 判定0-3 CAGE FORCE 07 2008年6月22日
× シアー・バハドゥルザダ 5分3R終了 判定0-3 修斗 BACK TO OUR ROOTS 04
【修斗世界ライトヘビー級チャンピオンシップ】
2007年7月15日
グラヴィダス・スマイリス 2R 3:21 反則(ロープ掴み) 修斗 2006年9月8日
ダスティン・デニス 5分3R終了 判定3-0 Absolute Fighting Championships 16
【修斗世界ライトヘビー級王座決定戦】
2006年4月22日
デビッド・ベルクヘーデン 5分3R終了 判定2-0 修斗 in 福岡 玄海沖地震被災地チャリティイベント 2005年4月23日
マルタイン・デ・ヨング 5分3R終了 判定1-0 修斗 2003年5月4日
ダスティン・デニス 1R 3:48 テクニカル判定 修斗 2003年2月23日
スコット・ヘンジー 5分3R終了 判定 HOOKnSHOOT: Relentless 2002年5月25日
北川純 5分2R終了 判定2-0 修斗 TREASURE HUNT 05 2002年3月15日
× カーティス・スタウト 5分2R終了 判定0-3 HOOKnSHOOT: Kings 1 2001年11月17日
レオポルド・セラオン 5分3R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年9月2日
桜井隆多 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG EAST Vol.3 2001年6月14日
ジェレミー・ベネット 2R 2:36 ギブアップ(マウントパンチ) 修斗 WANNA SHOOTO 2001 2001年4月8日
マチアス・リチオ 1R 1:18 腕ひしぎ十字固め 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年10月9日
× 竹内出 5分2R終了 判定0-3 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年1月14日
茨木良太 1R 2:15 腕ひしぎ十字固め 修斗 下北沢修斗劇場 第5弾 Shooter's Ambition 1999年10月6日
川口昭一郎 3R 0:34 腕ひしぎ十字固め 大道塾 格闘空手 DREAM 1999 THE WARS V
【WARSジャケットルール】
1999年4月8日

グラップリング[ソースを編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ターシス・フンフェリー ポイント0-9 スーパーチャレンジ・グラップリング
【1回戦】
2007年12月8日
× 岡見勇信 ポイント0-8 ADCC 2007日本予選
【88kg未満級 準決勝】
2007年4月15日


獲得タイトル[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

空位
前タイトル保持者
須田匡昇
第4代修斗世界ライトヘビー級王者

2006年4月22日 - 2007年7月15日

次王者
シアー・バハドゥルザダ