須田匡昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
須田 匡昇
基本情報
本名 須田 匡昇
通称 修斗 PRIDE制圧の刺客
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-07-24) 1973年7月24日(46歳)
出身地 兵庫県洲本市
所属 CLUB J
身長 180cm
体重 83kg
階級 ミドル級
バックボーン 柔道サンボ
テンプレートを表示

須田 匡昇(すだ まさのり、1973年7月24日 - )は、日本男性総合格闘家兵庫県洲本市出身。CLUB J所属。柳学園高等学校国際武道大学出身。柔道三段。元修斗世界ミドル級王者[1]

来歴[編集]

1998年3月28日、フランスで開催されたGolden Trophy 1998でオヘリアン・デュアルテと対戦し、跳びつき腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。Golden Trophyに初めて出場した日本人となった[2]

1998年8月29日、修斗ライトヘビー級(-83kg)チャンピオンシップで王者エリック・パーソンに挑戦し、マウントパンチでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2002年1月12日、修斗ライトヘビー級王座決定戦でランス・ギブソンと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

2002年12月8日、DEEP初参戦となったDEEP2001 7th IMPACTで長南亮と対戦し、2-1の判定勝ちを収めた[4]

2003年5月10日、ハワイで行われた修斗世界ライトヘビー級・SuperBrawlミドル級王座統一戦でイーゲン井上と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座統一と初防衛に成功した。

2003年9月15日、DEEPミドル級(-82kg)タイトルマッチで王者上山龍紀に挑戦し、1-0の判定ドローで王座獲得に失敗した[5]

2004年7月9日、ハワイで行われた修斗世界ライトヘビー級王座防衛戦でダスティン・デニスと対戦し、1-0の判定ドローで2度目の防衛に成功した。

2005年4月9日、ハワイで行われたSuperBrawlミドル級タイトルマッチでファラニコ・ヴァイタレと対戦し、1R左ストレートでKO負けを喫し王座陥落した。

2005年9月25日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の九-のウェルター級(-83kg)トーナメント1回戦でムリーロ・ブスタマンチと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2006年2月17日、修斗代々木大会で引退(引退式のみ)。同時にコミッショナーの浦田昇に修斗世界ライトヘビー級王座の返還とライセンスの返上を申し出た[6][7]。2006年2月26日付けで引退[6]

2006年7月8日、総合格闘技大会「Move On Kings!」に「SUDA」のリングネームで出場し、瓜田幸造と総合格闘技ルールのエキシビションマッチを行った[8]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 2 14 6 0 3 0
11 3 5 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ムリーロ・ブスタマンチ 1R 3:20 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の九-
【ウェルター級トーナメント 1回戦】
2005年9月25日
× ファラニコ・ヴァイタレ 1R 4:07 KO(左ストレート) SuperBrawl 39: Destiny
【SuperBrawlミドル級タイトルマッチ】
2005年4月29日
ブライアン・エバーソール 3R 2:59 スリーパーホールド 修斗 2005年1月29日
ダスティン・デニス 5分3R終了 判定1-0 Shooto Hawaii: Soljah Fight Night
【修斗世界ライトヘビー級チャンピオンシップ】
2004年7月9日
シャノン・"ザ・キャノン"・リッチ 1R 1:02 三角絞め SuperBrawl 32
【SuperBrawlミドル級タイトルマッチ】
2003年12月5日
上山龍紀 5分3R終了 判定1-0 DEEP 12th IMPACT in OHTAKU
【DEEPミドル級タイトルマッチ】
2003年9月15日
イーゲン井上 1R 0:27 TKO(右フック→パウンド) SuperBrawl 29
修斗世界ライトヘビー級・SuperBrawlミドル級王座統一戦
2003年5月9日
長南亮 5分3R終了 判定2-1 DEEP2001 7th IMPACT in DIFFER ARIAKE 2002年12月8日
ロナルド・ジューン 5分3R終了 判定2-0 修斗 TREASURE HUNT 07 2002年6月29日
ランス・ギブソン 5分3R終了 判定3-0 修斗
【修斗ライトヘビー級王座決定戦】
2002年1月12日
ラリー・パパドポロス 5分3R終了 判定1-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP in OSAKA 2001年8月26日
× パトリック・フォーティー 5分1R終了 判定 Golden Trophy 2001 2001年3月1日
× 郷野聡寛 5分3R終了 判定0-3 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年11月12日
× ランス・ギブソン 5分3R終了 判定0-2 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年7月16日
佐々木有生 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年4月2日
マルタイン・デ・ヨング 2R 4:44 TKO(マウントパンチ) 修斗 the Renaxis 1999 in Osaka 1999年10月29日
× ブランドン・リー・ヒンクル 1R 5:26 TKO(蹴り上げ) VALE TUDO JAPAN '98 1998年10月25日
× エリック・パーソン 3R 4:48 TKO(マウントパンチ) 修斗 Las Grandes Viajes 5
【修斗ライトヘビー級チャンピオンシップ】
1998年8月29日
オヘリアン・デュアルテ 2R 跳びつき腕ひしぎ十字固め Golden Trophy 1998 1998年3月28日
川口健次 3R 1:08 腕ひしぎ十字固め 修斗 Las Grandes Viajes 2 1998年3月1日
レイ・クーパー 1R 1:55 腕ひしぎ十字固め 修斗 Las Grandes Viajes 1998年1月17日
林俊介 1R 1:51 ヒールホールド ザ・トーナメント・オブ・J '97
【中量級 決勝】
1997年12月20日
竹内出 1R 1:53 アンクルホールド ザ・トーナメント・オブ・J '97
【中量級 準決勝】
1997年12月20日
鈴木光浩 3分2R終了 判定3-0 ザ・トーナメント・オブ・J '97
【中量級 1回戦】
1997年12月20日
草柳和宏 5分3R終了 判定3-0 修斗 III Reconquista 1997年8月27日
× 菊田早苗 1R 3:59 腕ひしぎ十字固め ザ・トーナメント・オブ・J '97
【重量級 決勝】
1997年7月27日
辻嘉一 1R 0:21 ヒールホールド ザ・トーナメント・オブ・J '97
【重量級 準決勝】
1997年7月27日
桜井隆多 1R 4:25 腕ひしぎ十字固め ザ・トーナメント・オブ・J '97
【重量級 1回戦】
1997年7月27日
× 藤原正人 1R 2:15 腕ひしぎ三角固め 修斗 1996年10月4日
× 郷野聡寛 4R 0:33 スリーパーホールド フリーファイト川崎 1996年7月28日
× 菊田早苗 1R 1:15 ヒールホールド ザ・トーナメント・オブ・J '96
【決勝】
1996年3月30日
村上一成 2R 1:46 腕ひしぎ十字固め ザ・トーナメント・オブ・J '96
【準決勝】
1996年3月30日
立石祐三 1R 1:51 腕ひしぎ十字固め ザ・トーナメント・オブ・J '96
【2回戦】
1996年3月30日
大塚裕一 1R 1:20 腕ひしぎ十字固め ザ・トーナメント・オブ・J '96
【1回戦】
1996年3月30日
大杉勇 2R 2:57 腕ひしぎ十字固め 修斗 1996年3月5日
芳賀元太 1R 1:02 腕ひしぎ十字固め 修斗 1996年1月20日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
エリック・パーソン
第3代修斗世界ミドル級王者

2002年1月12日 - 2006年2月26日

空位
次タイトル獲得者
山下志功