宮澤元樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮澤 元樹
基本情報
本名 宮澤 元樹
通称 未完の怪物
明治大学 和術慧舟学部
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-04-23) 1985年4月23日(33歳)
出身地 東京都渋谷区
所属 和術慧舟會東京本部
身長 180cm
体重 82kg
階級 ウェルター級
バックボーン 柔道
テンプレートを表示

宮澤 元樹(みやざわ もとき、1985年4月23日 - )は、日本男性総合格闘家東京都渋谷区出身。和術慧舟會東京本部所属。明治大学政治経済学部卒業[1]

来歴[編集]

中学時から柔道を始め、高校2年時に和術慧舟會に入門した。

2005年7月3日、パンクラス主催「第3回プロ・アマオープン・キャッチレスリングトーナメント」100kg未満級(4人エントリー)に出場し、優勝を果たした。

2005年8月28日、DEMOLITIONでプロデビュー。

2008年6月22日、CAGE FORCE 07で元修斗世界ライトヘビー級(-83kg)王者山下志功と対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年7月21日、DREAM初参戦となったDREAM.5弘中邦佳と対戦し、左瞼カットによるドクターストップでTKO負け。

2010年8月22日、SRC初参戦となったSRC14のSRCウェルター級グランプリのリザーブマッチで佐藤拓也と対戦し、0-3の判定負けを喫した[2]

2011年8月26日、DEEP初参戦となったDEEP 55 IMPACTで北崎鎮と対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
10 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
7 3 3 1 0 0 0
3 1 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
北崎鎮 2R 3:36 チョークスリーパー DEEP 55 IMPACT 2011年8月26日
× 佐藤拓也 5分3R終了 判定0-3 SRC14
【ウェルター級グランプリシリーズ2010 リザーブマッチ】
2010年8月22日
× 石川英司 5分3R終了 判定0-3 CAGE FORCE 2010年4月11日
長岡弘樹 1R 3:20 チョークスリーパー CAGE FORCE 10 2009年4月25日
岩瀬茂俊 3R 1:47 TKO(ドクターストップ) CAGE FORCE 09 2008年12月6日
× 弘中邦佳 1R 8:57 TKO(ドクターストップ) DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 2008年7月21日
山下志功 5分3R終了 判定3-0 CAGE FORCE 07 2008年6月22日
マテウス・イリエ・ネキオ 2R 1:03 チョークスリーパー DEMOLITION 2007年8月19日
安永雄太 1R 1:10 TKO(パウンド) DEMOLITION 2006年12月10日
花田和弘 2R 4:46 TKO(バックマウントパンチ) DEMOLITION 2005年8月28日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
荒井勇二 1R 2:13 チョークスリーパー DEEP X 05 2010年2月6日
× マルキーニョス・ソウザ 4分2R+2分1R終了 ポイント7-42 DEEP X 04 2009年7月11日
久保浩二 2:08 三角絞め 第3回プロ・アマオープン・キャッチレスリングトーナメント
【100kg未満級 決勝】
2005年7月3日
鶴巻伸洋 4:13 チョークスリーパー 第3回プロ・アマオープン・キャッチレスリングトーナメント
【100kg未満級 準決勝】
2005年7月3日

獲得タイトル[編集]

  • パンクラス 第3回プロ・アマオープン・キャッチレスリングトーナメント 100kg未満級 優勝(2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 「CFウェルター級のベルトが欲しい!」『格闘技通信』No.458、2009年6月号、ベースボール・マガジン社、pp.72-73
  2. ^ 【SRC戦極】三崎和雄、激闘の末に王者サンチアゴに敗れる…郷野もまさかの敗北(2) GBR 2010年8月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]