ブライアン・オルテガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブライアン・オルテガ
Brian Ortega 2018 (cropped).jpg
2018年
本名 ブライアン・マーティン・オルテガ
(Brian Martin Ortega)
生年月日 (1991-02-21) 1991年2月21日(29歳)
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
通称 Tシティ
(T-City)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メキシコの旗 メキシコ
身長 175 cm (5 ft 9 in)
体重 65.7 kg (145 lb)
階級 フェザー級
リーチ 175 cm (69 in)
拠点 カリフォルニア州トーランス
チーム ブラック・ハウス
→ブラックベルト・サーフィン
グレイシー柔術アカデミー
ハンティントンビーチ・アルティメット・トレーニングセンター
ランク ブラジリアン柔術 (黒帯)
現役期間 2010年 -
総合格闘技記録
試合数 16
勝利 15
ノックアウト 3
タップアウト 7
判定 5
敗戦 1
ノックアウト 1
総合格闘技記録 - SHERDOG

ブライアン・オルテガBrian Ortega1991年2月21日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州ロサンゼルス出身。グレイシー柔術アカデミー/ハンティントンビーチ・アルティメット・トレーニングセンター/ブラックベルト・サーフィン所属。2020年9月現在、UFC世界フェザー級ランキング2位[1]。元RFAフェザー級王者。

来歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスメキシコからの不法移民の両親のもとに生まれ、ロサンゼルス港湾地区のプロジェクト(低所得者用公営住宅)で育った[2][3]。周囲では当時ギャングの活動が盛んであり、治安の悪い環境の中でオルテガ自身もストリートファイトに明け暮れ、何度か警察の世話になっている[2][4]

5歳からムエタイとキックボクシングのジムへ通う。13歳の時からトーランスのグレイシー柔術アカデミーに通い、ヘナー・グレイシーホリオン・グレイシーの次男)の指導を受けた[4]。15歳になるとアマチュア総合格闘技の試合に出場するようになり、17歳の頃からはボクシングを習い始めた[3]

2010年、19歳でプロ総合格闘技デビュー[5]

2013年12月、ヘナーからグレイシー柔術黒帯を授与された[6]

2014年1月24日、RFAフェザー級王座決定戦でキオニ・コクと対戦し、2-1の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[7]

UFC[編集]

2014年7月26日、UFC初参戦となったUFC on FOX 12でマイク・デ・ラ・トーレと対戦し、スタンド状態からリアネイキドチョークを極め、試合開始99秒で一本勝ちを収めたが[8]、試合後の薬物検査でドロスタノロンの陽性反応が検出されたため、カリフォルニア州アスレチック・コミッションから9ヶ月間の出場停止処分を受け、試合結果もノーコンテストに変更された[9]

2015年6月6日、UFC Fight Night: Boetsch vs. Hendersonチアゴ・タバレスと対戦し、マウントパンチで3RTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年7月29日、UFC 214でフェザー級ランキング9位のヘナート・モイカノと対戦。キャリア無敗同士の一戦となったが、3Rにギロチンチョークで一本勝ちを収め、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年12月9日、UFC Fight Night: Swanson vs. Ortegaでフェザー級ランキング4位のカブ・スワンソンと対戦し、2Rにギロチンチョークで一本勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトとパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを同時受賞した。

2018年3月3日、UFC 222でフェザー級ランキング2位のフランク・エドガーと対戦し、右アッパーで1RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年12月8日、UFC 231のUFC世界フェザー級タイトルマッチで王者マックス・ホロウェイに挑戦。ホロウェイの連打を耐え凌ぎ、終始打ち合いを繰り広げるも、4R終了時に左目が塞がりドクターストップでTKO負け。王座獲得に失敗し、キャリア初黒星となったものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2020年10月18日、約1年10か月ぶりの復帰戦となったUFC Fight Night: Ortega vs. The Korean Zombieでフェザー級ランキング4位のジョン・チャンソンと対戦し、スタンドの攻防で終始優勢に立って3-0の5R判定勝ち。アレクサンダー・ヴォルカノフスキーの持つUFC世界フェザー級王座への挑戦権を獲得した。

ファイトスタイル[編集]

グレイシー柔術黒帯の事績に裏打ちされた極めの強さと、巧みなボクシングテクニックを合わせ持ったファイター[10][11]。スタンドのボクシングでダメージを蓄積させてからフィニッシュに持ち込む展開を得意としている[11]。ジャッジのポイントを意識したグラウンドコントロールよりも関節技で極めることを重視しており、現代MMAでは珍しく、相手の下のポジションを取ることも厭わない[4]

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
17 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 3 7 5 0 0 1
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アレクサンダー・ヴォルカノフスキー UFC 260: Miocic vs. Ngannou 2
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2021年3月27日
ジョン・チャンソン 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Ortega vs. The Korean Zombie 2020年10月18日
× マックス・ホロウェイ 4R終了時 TKO(ドクターストップ) UFC 231: Holloway vs. Ortega
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2018年12月8日
フランク・エドガー 1R 4:44 KO(右アッパー→パウンド) UFC 222: Cyborg vs. Kunitskaya 2018年3月3日
カブ・スワンソン 2R 3:22 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Swanson vs. Ortega 2017年12月9日
ヘナート・モイカノ 3R 2:59 ギロチンチョーク UFC 214: Cormier vs. Jones 2 2017年7月29日
クレイ・グイダ 3R 4:40 KO(右膝蹴り) UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2 2016年6月4日
ディエゴ・ブランダオン 3R 1:37 三角絞め UFC 195: Lawler vs. Condit 2016年1月2日
チアゴ・タバレス 3R 4:10 TKO(マウントパンチ) UFC Fight Night: Boetsch vs. Henderson 2015年6月6日
マイク・デ・ラ・トーレ ノーコンテスト(薬物検査失格) UFC on FOX 12: Lawler vs. Brown 2014年7月26日
キオニ・コク 5分5R終了 判定2-1 RFA 12: Oretga vs. Koch
【RFAフェザー級王座決定戦】
2014年1月24日
ジョーダン・リナルディ 3R 2:29 三角絞め RFA 9: Munhoz vs. Curran 2013年8月16日
トーマス・ギーモン 1R 4:02 三角絞め Respect in the Cage 20
【RTCフェザー級タイトルマッチ】
2013年5月4日
カルロス・ガルセス 5分5R終了 判定3-0 Respect in the Cage 10
【RTCフェザー級王座決定戦】
2011年3月12日
クリス・メルカド 5分3R終了 判定3-0 Respect in the Cage 9 2011年1月15日
ヴィンセント・マルティネス 1R 1:54 リアネイキドチョーク Respect in the Cage 5 2010年7月24日
ブレイディ・ハリソン 3分3R終了 判定3-0 Gladiator Challenge: Bad Behavior 2010年6月27日
ジョン・サクソン 1R 1:48 三角絞め Gladiator Challenge: Maximum Force 2010年4月25日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • グレイシー柔術 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(4回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(2回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]