田中路教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 路教
基本情報
本名 田中 路教
通称 半ケツ王子[1]
のりピー
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-10-04) 1990年10月4日(27歳)
出身地 神奈川県横浜市
所属 リバーサルジム横浜グランドスラム
→フリーランス
チーム・アルファメール・ジャパン
身長 165cm
体重 61kg
リーチ 171cm
階級 バンタム級
バックボーン 柔道
テンプレートを表示

田中 路教(たなか みちのり、1990年10月4日 - )は、日本男性総合格闘家神奈川県横浜市出身。チーム・アルファメール・ジャパン所属。元PXCバンタム級王者。

来歴[編集]

K-1PRIDEなどに影響されて、小学生の頃から格闘家になる事を夢見ていたという[2]。中学2年生の頃から柔道を始め、横須賀学院高校在学時には柔道部に所属。柔道を5年間経験した[3]。高校卒業前から総合格闘技の練習を始めた。

2009年3月8日、ブラジリアン柔術の大会「reversaling!!!」に出場。柔術経験2ヶ月ながらも白帯のペナ級とアブソルート級(無差別級)で優勝。師の勝村周一朗からは「2年後にはコイツが活躍していますから、覚えておいてください!」と太鼓判を押された。

2010年全日本アマチュア修斗選手権フェザー級(-60kg)で優勝[4]。プロに転向後は修斗で5連勝を挙げ、2011年の修斗フェザー級新人王に選ばれた。

2012年11月17日、アメリカ合衆国の総合格闘技団体PXCと契約を交わし、PXC 34でラッセル・ドーンに3R一本勝ち。海外戦初戦にして初勝利を挙げた。

2013年5月18日、PXC 37でPXCバンタム級王者クリサント・ピットピットンゲと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

UFC[編集]

2014年2月2日、自身のtwitterでUFCと契約した事を発表[6]。同時に5年間所属してきたリバーサルジム横浜グランドスラムを離脱し、フリーとして活動していく事を表明した[7]

2014年6月14日、UFC 174でローランド・デロームと対戦し、判定勝ち。UFC初戦を白星で飾った。

2014年9月20日、日本開催となったUFC Fight Night: Hunt vs. Nelsonカン・ギョンホと対戦し、僅差の判定負け。プロキャリア初黒星となった。この試合はファイト・オブ・ザ・ナイトに選ばれたが、試合後、薬物検査において禁止薬物に指定されているエフェドリンプソイドエフェドリンの陽性反応が出た事で、9か月の試合出場停止処分を科された[8]。田中はこの陽性反応について自身のブログで、「身に覚えのない事だったので摂取した物を一つ一つ調べたところ、花粉症対策で飲んだ漢方薬『小青竜湯』にエフェドリンが含まれていた。自分の考えの甘さと知識の無さがこのような結果を招いてしまった」と説明している[9]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 0 5 6 0 0 0
3 0 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヒカルド・ラモス 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Bermudez vs. Korean Zombie 2017年2月4日
× ハニ・ヤヒーラ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Cyborg vs. Lansberg 2016年9月24日
ジョー・ソト 5分3R終了 判定2-1 UFC 195: Lawler vs. Condit 2016年1月2日
× カン・ギョンホ 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Hunt vs. Nelson 2014年9月20日
ローランド・デローム 5分3R終了 判定3-0 UFC 174: Johnson vs. Bagautinov 2014年6月14日
カイル・アグオン 5分5R終了 判定3-0 PXC 40
【PXCバンタム級タイトルマッチ】
2013年10月25日
クリサント・ピットピットンゲ 5分5R終了 判定3-0 PXC 37
【PXCバンタム級タイトルマッチ】
2013年5月16日
ケレイブ・ヴェロートン 2R 2:39 三角絞め PXC 36 2013年3月8日
ラッセル・ドーン 3R 2:09 スリーパーホールド PXC 34 2012年11月17日
チェ・ジョンフン 1R 3:29 スリーパーホールド 修斗 2012年3月10日
石原夜叉坊 5分2R終了 判定3-0 修斗 THE ROOKIE TOURNAMENT 2011 FINAL
【新人王決定トーナメント フェザー級 決勝】
2011年12月18日
小蒼卓也 1R 3:09 三角絞め 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.7
【新人王決定トーナメント フェザー級 準決勝】
2011年8月6日
六本木洋 2R 1:29 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTO GIG SAITAMA 03 〜斗うことの誇り。
【新人王決定トーナメント フェザー級 1回戦】
2011年4月10日
HAMAJI 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 13 〜どうにもとまらない!!!〜 2010年10月16日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
井田悟 ポイント4-2 DEEP X 05 2010年2月6日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 柔道 黒帯二段
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • 修斗 新人王MVP(2011年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]