石原夜叉坊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石原夜叉坊
基本情報
本名 石原 暉仁
通称 夜叉坊
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-07-23) 1991年7月23日(25歳)
出身地 鹿児島県大島郡徳之島
所属 修斗GYMS直心会
チーム・アルファメール・ジャパン
身長 171cm
体重 66kg
リーチ 177cm
階級 バンタム級
フェザー級
バックボーン 修斗
テーマ曲 ライオンの子
(Spinna B-ill & The Cavemans)
テンプレートを表示

石原夜叉坊(いしはら やしゃぼう、1991年7月23日 - )は、日本男性総合格闘家。本名:石原 暉仁(いしはら てると)。鹿児島県大島郡出身。大阪府在住。チーム・アルファメール・ジャパン所属。

リングネームの「夜叉坊」とは、石原の地元徳之島の方言で「暴れん坊」「やんちゃ坊主」という意味である[1]

来歴[編集]

格闘技を経験するまでは野球を経験し、野球の名門樟南高校に推薦で進学する。2011年にプロ総合格闘家デビュー。格闘技を始めた理由は本人曰く「女性にチヤホヤされたいから」である。

2011年12月18日、修斗フェザー級(-60kg)新人王決定トーナメント決勝戦で田中路教と対戦し、判定負け。

2012年9月23日、修斗でジャングル伊藤と対戦。1Rに石原がテイクダウンを奪いかけた際、伊藤の体がリングから跳び出て、伊藤が負傷を訴えたため、テクニカルドローとなった。しかし、この試合内容が評価され、石原はこの試合を機に修斗クラスAに昇格した。

9月20日初の立ち技ルールに挑戦し、2RKO勝ち

Road to UFC: Japan[編集]

2015年リアリティ番組Road to UFC: Japan」に参加。ジョシュ・バーネット率いるチーム・バーネットに所属。フェザー級トーナメント1回戦で安藤達也と対戦し、2-0の判定勝ち。準決勝で西浦"ウィッキー"聡生と対戦し、2-1の判定勝ちを収め決勝進出を果たした。

2015年9月27日、UFC Fight Night: Barnett vs. NelsonのRoad to UFC: Japan決勝で廣田瑞人と対戦し、1-1の判定で引き分けたものの、UFCとの契約を勝ち取った。

UFC[編集]

2016年3月5日、UFC 196に試合3週間前という急なオファーを受けて出場。ジュリアン・エロサを2R、左フックでダウンを奪いパウンドアウト。UFC初勝利をKO勝ちで飾った。

2016年8月6日、UFC Fight Night: Rodriguez vs. Caceresでオラシオ・グティエレスと対戦し、左フックでダウンを奪うと、最後は立ち上がろうとした3点ポジションのグティエレスにパウンドを叩き込みKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年11月19日、UFC Fight Night: Mousasi vs. Hall 2でアルテム・ロボフと対戦。3Rに左フックでダウンを奪う場面があったが、相手の強打に屈し、判定0-3でUFC初黒星を喫した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 8 0 1 0 2 0
3 0 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× アルテム・ロボフ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Mousasi vs. Hall 2 2016年11月19日
オラシオ・グティエレス 1R 2:32 KO(左フック→パウンド) UFC Fight Night: Rodriguez vs. Caceres 2016年8月6日
ジュリアン・エロサ 2R 0:34 KO(左フック→パウンド) UFC 196: McGregor vs. Diaz 2016年3月5日
廣田瑞人 5分3R終了 判定1-1 UFC Fight Night: Barnett vs. Nelson
【Road to UFC: Japan 決勝】
2015年9月27日
ジョ・ジュンファン 2R 2:24 TKO(スタンドパンチ連打) VTJ 5th 2014年6月28日
× 佐々木憂流迦 2R 1:46 リアネイキドチョーク VTJ 4th 2014年2月23日
森興二 1R 2:12 KO(左フック) VTJ 2nd 2013年6月22日
ジャングル伊藤 1R 4:48 テクニカルドロー 修斗 BORDER -season4- 2nd 2012年9月23日
AKI 1R 0:19 KO(パウンド) 修斗 SHOOTO GIG WEST 14 2012年7月8日
チェ・ジュンブン 1R 1:03 KO(左ストレート) 修斗 BORDER -season4- first 2012年4月1日
× 田中路教 5分2R終了 判定0-3 修斗 THE ROOKIE TOURNAMENT 2011 FINAL
【新人王決定トーナメント フェザー級 決勝】
2011年12月18日
山本賢治 1R 0:16 KO(左ストレート) 修斗 BORDER -season3-「轟雷」
【新人王決定トーナメント フェザー級 準決勝】
2011年9月4日
角田成稔 1R 4:56 KO(パンチ) 修斗 SHOOTO GIG WEST 13
【新人王決定トーナメント フェザー級 2回戦】
2011年6月5日
Dr.takuya 5分2R終了 判定3-0 修斗 BORDER -season3-「春雷」
【新人王決定トーナメント フェザー級 1回戦】
2011年4月3日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 海人 3R終了+延長2R終了 判定0-2 S-cup世界トーナメント2014 2014年11月30日
キム・ヒュンチョル 2R終了時 TKO SHOOT BOXING 2014 act.4 2014年9月20日

表彰[編集]

  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

  1. ^ VTJ 4th(コメント欄) 石原夜叉坊の"暴れてやんよ"blog。 2014年2月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]