ヘンリー・セフード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘンリー・セフード
Henry Cejudo smiling.jpg
2018年
本名ヘンリー・カルロス・セフード
(Henry Carlos Cejudo)
生年月日 (1987-02-09) 1987年2月9日(34歳) [1]
出身地カリフォルニア州ロサンゼルス[1]
通称ザ・メッセンジャー
(The Messenger)
トリプル・C
(Triple C)
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長163 cm (5 ft 4 in)
体重61 kg (134 lb)
階級フライ級
バンタム級
リーチ163 cm (64 in)
スタイルレスリング
スタンスオーソドックス
拠点アリゾナ州フェニックス
チームファイト・レディー
トレーナーエリック・アルバラシン
ランク松濤館空手 (黄帯)
現役期間2013年 - 2020年
総合格闘技記録
試合数18
勝利16
ノックアウト8
タップアウト1
判定7
敗戦2
ノックアウト1
判定1
ウェブサイトhttp://www.henry-cejudo.com/
総合格闘技記録 - SHERDOG

ヘンリー・セフードHenry Cejudo1987年2月9日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家、元レスリング選手。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。ファイト・レディー所属。元UFC世界バンタム級王者。元UFC世界フライ級王者。UFC史上7人目の二階級制覇王者。UFC史上4人目の二階級同時王者。オリンピック金メダリスト初のUFC世界王者。北京オリンピック男子フリースタイル55kg級金メダリスト。ヘンリー・セジュードとも表記される。

オリンピック金メダルを獲得し、UFCでも二階級制覇を達成したことから「トリプル・C (Triple C ※CはChampの略)」とも呼ばれる[2]

レスリング時代のセフード(2005年)

来歴[編集]

両親がメキシコからの不法移民の家庭に第6子としてロサンゼルスで生まれ、母子家庭で育てられた。幼い頃はサンノゼラスクルーセスフェニックスと各地を移り住みながら貧しい生活をしていた。兄の影響でレスリングを始め、高校時代はアリゾナ州で2度、コロラド州で2度州王者になり、ジュニアの世界大会でも2位になった。卒業後は大学には進学せずコロラドスプリングスのオリンピック・トレーニング・センターに招待されフリースタイルレスリングに専念した[3]アマチュアボクシングではアリゾナ州のゴールデングローブで優勝している[1]

レスリング[編集]

2008年北京オリンピックに出場し、男子フリースタイル55kg級決勝で松永共広を破りアメリカレスリング史上最年少となる21歳で金メダルを獲得[4][5]。北京オリンピック直後の2009年に1度引退するも、2つ目の金メダル獲得を目指して2011年に現役に復帰。2012年ロンドンオリンピックは予選で敗退した[6]

2013年1月30日、総合格闘技に転向を発表。3月2日に総合格闘技デビュー戦を行いTKO勝ちを収めた。

UFC[編集]

2014年7月25日、UFCと契約。マーク・シュルツケビン・ジャクソンに続くUFCと契約した3人目のレスリングオリンピック金メダリストとなった。

2014年8月30日のUFC 177スコット・ヨルゲンセンと対戦予定であったが、減量中に体調不良となり、欠場した。

2014年12月13日、UFC初参戦となったUFC on FOX 13でダスティン・キムラと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2015年3月14日、UFC 185でフライ級ランキング10位のクリス・カリアソと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2015年6月13日、UFC 188でフライ級ランキング13位のチコ・カムスと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2015年11月21日、UFC Fight Night: Magny vs. Gastelumでフライ級ランキング3位のジュシー・フォルミーガと対戦し、2-1の判定勝ち。

2016年4月23日、UFC 197のUFC世界フライ級タイトルマッチで王者デメトリアス・ジョンソンに挑戦し、ボディへの膝蹴りでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2016年8月、リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン24でジョセフ・ベナビデスと共にそれぞれのチームのコーチを務めた。

2016年12月3日、The Ultimate Fighter 24 Finaleでフライ級ランキング1位のジョセフ・ベナビデスと対戦し、1-2の判定負け。

2017年9月9日、UFC 215でフライ級ランキング5位のウィルソン・ヘイスと対戦し、パウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年12月2日、UFC 218でフライ級ランキング4位のセルジオ・ペティスと対戦し、3-0の判定勝ち。

UFCフライ級世界王座獲得[編集]

2018年8月4日、UFC 227のUFC世界フライ級タイトルマッチで王者デメトリアス・ジョンソンに2年3カ月ぶりに挑戦し、何度もテイクダウンを奪い、2-1の5R判定勝ちでリベンジを果たし、王座獲得に成功。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。また、オリンピック金メダリストでUFC王座獲得に成功した初めての選手となった。

2019年1月19日、UFC Fight Night: Cejudo vs. DillashawのUFC世界フライ級タイトルマッチで一階級上のUFC世界バンタム級王者TJ・ディラショーの挑戦を受け、開始直後に右フックでダウンを奪い、パウンドでTKO勝ちを収め、王座の初防衛に成功。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

UFCバンタム級世界王座獲得・二階級制覇[編集]

2019年6月8日、UFC 238で一階級上のUFC世界バンタム級王座決定戦でバンタム級ランキング1位のマルロン・モラエスと対戦。序盤は打撃で劣勢に立たされるも、徐々に巻き返して3RにパウンドでTKO勝ちを収め、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞。フライ級に続いてバンタム級王座の獲得に成功し、ランディ・クートゥアBJ・ペンコナー・マクレガージョルジュ・サンピエールダニエル・コーミエアマンダ・ヌネスに続いてUFC史上7人目となる二階級制覇を達成した。また、二階級の王座を同時に保持したのは、コナー・マクレガー、ダニエル・コーミエ、アマンダ・ヌネスに続いてUFC史上4人目となった。

2019年12月19日にバンタム級に専念するためフライ級王座の返上を表明。2020年2月29日のUFC Fight Night: Benavidez vs. Figueiredoで正式に王座を返上した[7]

2020年5月9日、UFC 249のUFC世界バンタム級タイトルマッチで元UFC世界バンタム級王者ドミニク・クルーズと対戦し、2R終盤に右膝蹴りでダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。王座の初防衛に成功し、試合後インタビューでは総合格闘技からの引退を示唆した。

2020年5月24日、バンタム級王座を返上し現役引退を発表[8]

ファイトスタイル[編集]

オリンピック金メダリストという肩書き通り、高いテイクダウンディフェンス能力を誇る反面、テイクダウンの成功率は35%前後とあまり高くない[9]。レスリング時代よりカウンターレスリングを得意とし[10]クリンチの攻防から相手を崩して倒し、上のポジションを取って相手のスタミナを削るレスラーらしい巧さをみせる。2016年に連敗を喫してからはトレーニングに空手を取り入れる。それにより打撃の精度と威力が向上し、連敗を喫する以前はUFCでの4勝全てが判定勝利であったが、連敗後は6勝のうち4勝がTKO勝利と戦績面でも打撃力の向上が窺える。

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 8 1 7 0 0 0
2 1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ドミニク・クルーズ 2R 4:58 TKO(右膝蹴り→パウンド) UFC 249: Ferguson vs. Gaethje
【UFC世界バンタム級タイトルマッチ】
2020年5月9日
マルロン・モラエス 3R 4:51 TKO(パウンド) UFC 238: Cejudo vs. Moraes
【UFC世界バンタム級王座決定戦】
2019年6月8日
TJ・ディラショー 1R 0:32 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Cejudo vs. Dillashaw
【UFC世界フライ級タイトルマッチ】
2019年1月19日
デメトリアス・ジョンソン 5分5R終了 判定2-1 UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2
【UFC世界フライ級タイトルマッチ】
2018年8月4日
セルジオ・ペティス 5分3R終了 判定3-0 UFC 218: Holloway vs. Aldo 2 2017年12月2日
ウィルソン・ヘイス 2R 0:25 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 215: Nunes vs. Shevchenko 2 2017年9月9日
× ジョセフ・ベナビデス 5分3R終了 判定1-2 The Ultimate Fighter 24 Finale 2016年12月3日
× デメトリアス・ジョンソン 1R 2:49 TKO(ボディへの膝蹴り→パウンド) UFC 197: Jones vs. St. Preux
【UFC世界フライ級タイトルマッチ】
2016年4月23日
ジュシー・フォルミーガ 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Magny vs. Gastelum 2015年11月21日
チコ・カムス 5分3R終了 判定3-0 UFC 188: Velasquez vs. Werdum 2015年6月13日
クリス・カリアソ 5分3R終了 判定3-0 UFC 185: Pettis vs. dos Anjos 2015年3月14日
ダスティン・キムラ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 13: dos Santos vs. Miocic 2014年12月13日
イライアス・ガルシア 5分3R終了 判定3-0 Legacy Fighting Championship 27 2014年1月31日
ライアン・ホリス 5分3R終了 判定3-0 Legacy Fighting Championship 24 2013年10月11日
ミゲリート・マルティ 1R 1:43 TKO(パンチ連打) Gladiator Challenge: American Dream 2013年5月18日
アンソニー・セッション 1R 4:23 TKO(パンチ連打) WFF 10: Cejudo vs. Session
【WFFバンタム級王座決定戦】
2013年4月19日
ショーン・ヘンリー・バーネット 1R 4:55 TKO(パンチ連打) Gladiator Challenge: Battleground 2013年3月24日
マイケル・ポー 1R 1:25 ギブアップ(パンチ連打) WFF: Pascua Yaqui Fights 4 2013年3月2日

獲得タイトル[編集]

  • レスリングパンアメリカン選手権 男子フリースタイル55kg級 優勝(2006年)
  • パンアメリカン競技大会 レスリング 男子フリースタイル55kg級 優勝(2007年)
  • レスリングパンアメリカン選手権 男子フリースタイル55kg級 優勝(2007年)
  • レスリングパンアメリカン選手権 男子フリースタイル55kg級 優勝(2008年)
  • 北京オリンピック レスリング 男子フリースタイル55kg級 優勝(2008年)
  • サンキスト・キッズ・インターナショナル・オープン 男子フリースタイル55kg級 優勝(2011年)
  • 第2代UFC世界フライ級王座(2018年)
  • 第7代UFC世界バンタム級王座(2019年)

表彰[編集]

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(3回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
デメトリアス・ジョンソン
第2代UFC世界フライ級王者

2018年8月4日 - 2020年2月29日

次王者
N/A
空位
前タイトル保持者
TJ・ディラショー
第7代UFCバンタム級王者

2019年6月8日 - 現在

次王者
N/A