柳田英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
柳田 英明
個人情報
フルネーム やなぎだ ひであき
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1947-01-01) 1947年1月1日(71歳)
日本の旗 日本
秋田県南秋田郡八郎潟町
居住地 日本の旗 日本
秋田県南秋田郡八郎潟町
身長 159㎝
体重 57㎏
スポーツ
競技 レスリング

柳田 英明(やなぎだ ひであき、男性、1947年1月1日 - )は、日本レスリング選手。

人物[編集]

1947年1月1日秋田県南秋田郡八郎潟町出身。秋田商業高校明治大学を経て大都リッチランドに就職。

フリースタイル57㎏級では全日本レスリング選手権大会で1969年から1972年まで4年連続優勝を果たし[1]1970年アジア競技大会タイバンコク)、レスリング世界選手権では1970年、1971年と2年連続優勝を果たすなど、1964年東京オリンピックフェザー級金メダリストの渡辺長武を彷彿とさせる圧倒的な強さから「アニマル二世」の異名を付けられた[2]

1972年ミュンヘンオリンピックフリー57kg級に出場、ミュンヘンでは減量に苦しみ、試合前の3日間をジュースを飲むだけという状況で本番に臨み、7試合を全勝して金メダルを獲得した。オリンピックの試合会場のウォーミングアップ場で大イビキをかいて眠りこけ、外国選手がその度胸の良さに恐れをなしたという[2]。柳田の活躍を見ようと地元の関係者や住民たちが大勢駆けつけ、金メダルを獲得した直後、実家の床が抜けたという逸話もある[3]

現役引退後は故郷の八郎潟町へ帰り、レスリング教室を開いて後進の指導にあたっている。故郷の後輩でもある佐藤満に「日本体育大学へ進学しなさい」と勧めたのも柳田であった[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]