レオン・エドワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レオン・エドワーズ
本名 レオン・エドワーズ
(Leon Edwards)
生年月日 (1991-08-25) 1991年8月25日(29歳)
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
キングストン
通称 ロッキー
(Rocky)
居住 イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ミッドランズ州バーミンガム
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 183 cm (6 ft 0 in)
体重 77 kg (170 lb)
階級 ミドル級
ウェルター級
リーチ 188 cm (74 in)
スタンス サウスポー
チーム アルティメット・トレーニング・センター
→チーム・レネゲードBJJ & MMA
ランク ブラジリアン柔術 (紫帯)
現役期間 2011年 -
総合格闘技記録
試合数 21
勝利 18
ノックアウト 6
タップアウト 3
判定 9
敗戦 3
判定 2
失格 1
アマチュア総合格闘技記録
試合数 1
勝利 1
敗戦 0
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG

レオン・エドワーズLeon Edwards1991年8月25日 - )は、イギリス男性総合格闘家ジャマイカキングストン出身。ウェスト・ミッドランズ州バーミンガム在住。チーム・レネゲードBJJ & MMA所属。UFC世界ウェルター級ランキング3位[1]

来歴[編集]

ジャマイカキングストンで生まれ、6歳頃にイギリスへ移住した[2]。17歳から格闘技のトレーニングを始め、2011年にプロデビュー[3]

2014年5月5日、BAMMA 15の英国ウェルター級タイトルマッチで王者のウェイン・マーリーと対戦し、3Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。王座獲得に成功した。

2014年9月13日、BAMMA 16の英国ウェルター級タイトルマッチで挑戦者のショーン・テイラーと対戦し、3Rに左ストレートでKO勝ち。初防衛に成功した。

UFC[編集]

2014年11月8日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Shogun vs. St. Preuxでクラウディオ・シウバと対戦し、1-2の判定負け。

2015年4月11日、UFC Fight Night: Gonzaga vs. Cro Cop 2でセス・バジンスキーと対戦し、試合開始直後に左フックでダウンを奪い、わずか8秒でKO勝ち[4]。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年12月19日、UFC on FOX 17カマル・ウスマンと対戦し、0-3の判定負け。

2018年6月23日、UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwardsでウェルター級ランキング11位のドナルド・セラーニと対戦し、3-0の判定勝ち。

2019年3月16日、UFC Fight Night: Till vs. Masvidalでウェルター級ランキング13位のグンナー・ネルソンと対戦し、2-1の判定勝ち。試合後のバックステージでホルヘ・マスヴィダルと乱闘騒ぎを起こし、顔面を殴られて左目の下をカットする怪我を負った[5]

2019年7月20日、UFC on ESPN: dos Anjos vs. Edwardsでウェルター級ランキング4位のハファエル・ドス・アンジョスと対戦し、3-0の5R判定勝ち。8連勝となった。

2020年3月21日、イギリスで開催予定だったUFC Fight Night: Woodley vs. Edwardsでタイロン・ウッドリーとの対戦が決定していたが、新型コロナウイルス感染拡大による影響で大会が中止になった。

2020年10月22日、UFCがオファーした、カマル・ウスマンコルビー・コヴィントンジェフ・ニール、カムザット・チマエフらとの対戦をエドワーズが断ったとして、UFCのランキングから削除されるが[6]、翌日に2020年12月19日にカムザット・チマエフと対戦することが発表され、エドワーズはランキングに復帰した[7][8]

人物・エピソード[編集]

  • 同じく総合格闘家のファビアン・エドワーズは実弟。
  • ニックネームの「ロッキー」は、学生時代に、友人が喧嘩に明け暮れていたエドワーズを見て付けたのに由来している。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 6 3 9 0 0 0
3 0 0 2 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ハファエル・ドス・アンジョス 5分5R終了 判定3-0 UFC on ESPN 4: dos Anjos vs. Edwards 2019年7月20日
グンナー・ネルソン 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Till vs. Masvidal 2019年3月16日
ドナルド・セラーニ 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Cowboy vs. Edwards 2018年6月23日
ペーター・ソボッタ 3R 4:59 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Werdum vs. Volkov 2018年3月17日
ブライアン・バーバリーナ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Volkov vs. Struve 2017年9月2日
ビセンテ・ルケ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Manuwa vs. Anderson 2017年3月18日
アルバート・トゥメノフ 3R 3:01 リアネイキドチョーク UFC 204: Bisping vs. Henderson 2 2016年10月8日
ドミニク・ウォータース 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Overeem vs. Arlovski 2016年5月8日
× カマル・ウスマン 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 17: dos Anjos vs. Cowboy 2 2015年12月19日
パヴェル・パヴラク 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Bisping vs. Leites 2015年7月18日
セス・バジンスキー 1R 0:08 KO(左フック→パウンド) UFC Fight Night: Gonzaga vs. Cro Cop 2 2015年4月11日
× クラウディオ・シウバ 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Shogun vs. St. Preux 2014年11月8日
ショーン・テイラー 3R 3:30 KO(左ストレート) BAMMA 16: Daley vs. da Rocha
【BAMMA英国ウェルター級タイトルマッチ】
2014年9月13日
ウェイン・マーリー 3R 3:13 リアネイキドチョーク BAMMA 15: Thompson vs. Selmani
【BAMMA英国ウェルター級タイトルマッチ】
2014年5月5日
ウェンドル・ルイス 1R 1:20 KO(パンチ連打) BAMMA 14: Daley vs. da Silva 2013年12月14日
アダム・ボウシフ 1R 2:10 肩固め BAMMA 13: Nunes vs. Jones 2013年9月13日
ジョナサン・ビルトン 2R 1:11 TKO(膝蹴り) BAMMA 11: Marshman vs. Foupa-Pokam 2012年12月1日
クレイグ・ホワイト 5分2R終了 負傷判定 Strength And Honour 14 2012年11月3日
× デルロイ・マクドウェル 3R 2:40 失格(反則の膝蹴り) Fight UK 6 2012年2月25日
パヴェル・ツヴァイフカ 5分3R終了 判定3-0 Fight UK 5 2011年11月19日
ダミアン・ズロニッキ 1R 2:15 TKO(パンチ連打) Fight UK 4 2011年6月5日

獲得タイトル[編集]

  • 第3代BAMMA英国ウェルター級王座(2014年)

表彰[編集]

  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]