2008年北京オリンピックのレスリング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dremiel Byers and Jalmar Sjoberg.jpg

2008年北京オリンピックレスリング競技は、中国農業大学体育館で2008年8月12日から8月21日までの競技日程で実施された。

概要[編集]

男子は、グレコローマンスタイルおよびフリースタイルともに7種目、女子はフリースタイル4種目で争われた。

実施種目・日程[編集]

男子[編集]

  • グレコローマンスタイル55kg級(8月12日)
  • グレコローマンスタイル60kg級(8月12日)
  • グレコローマンスタイル66kg級(8月13日)
  • グレコローマンスタイル74kg級(8月13日)
  • グレコローマンスタイル84kg級(8月14日)
  • グレコローマンスタイル96kg級(8月14日)
  • グレコローマンスタイル120kg級(8月14日)
  • フリースタイル55kg級(8月19日)
  • フリースタイル60kg級(8月19日)
  • フリースタイル66kg級(8月20日)
  • フリースタイル74kg級(8月20日)
  • フリースタイル84kg級(8月21日)
  • フリースタイル96kg級(8月21日)
  • フリースタイル120kg級(8月21日)

女子[編集]

  • フリースタイル48kg級(8月16日)
  • フリースタイル55kg級(8月16日)
  • フリースタイル63kg級(8月17日)
  • フリースタイル72kg級(8月17日)

競技結果[編集]

男子[編集]

フリースタイル[編集]

階級
55kg級 アメリカ合衆国 ヘンリー・セジュード
アメリカ合衆国 (USA)
日本 松永共広
日本 (JPN)
ロシア ベシク・クドゥホフ
ロシア (RUS)
ブルガリア ラドスラフ・ベリコフ
ブルガリア (BUL)
60kg級[1] ロシア マブレット・バチロフ
ロシア (RUS)
日本 湯元健一
日本 (JPN)
イラン セヤドモラード・モハンマディ
イラン (IRI)
キルギス バザル・バザルグルエフ
キルギス (KGZ)
66kg級 トルコ ラマザン・シャヒン
トルコ (TUR)
ウクライナ アンドレイ・スタドニク
ウクライナ (UKR)
グルジア オタル・トゥシシビリ
グルジア (GEO)
インド スシル・クマール
インド (IND)
74kg級[2] ロシア ブバイサ・サイティエフ
ロシア (RUS)
ベラルーシ ムラト・ガイダロフ
ベラルーシ (BLR)
ブルガリア キリル・テルジエフ
ブルガリア (BUL)
ルーマニア ゲオルギツァ・シュテファン
ルーマニア (ROU)
84kg級 グルジア レバス・ミンドラシビリ
グルジア (GEO)
タジキスタン ユスプ・アブドサロモフ
タジキスタン (TJK)
ウクライナ タラス・デンコ
ウクライナ (UKR)
ロシア グレゴリー・ケトエフ
ロシア (RUS)
96kg級[3] ロシア シルバニ・ムラドフ
ロシア (RUS)
グルジア ゲオルギ・ゴグチェリーゼ
グルジア (GEO)
アゼルバイジャン ヘタグ・ガジュモフ
アゼルバイジャン (AZE)
キューバ マイケル・バティスタ
キューバ (CUB)
120kg級[4] ロシア バフティヤル・アフメドフ
ロシア (RUS)
スロバキア ダビッド・ムスルベス
スロバキア (SVK)
キューバ ディズニー・ロドリゲス
キューバ (CUB)
カザフスタン マリド・ムタリモフ
カザフスタン (KAZ)

グレコローマンスタイル[編集]

階級
55kg級 ロシア ナズリュ・マンキエフ
ロシア (RUS)
アゼルバイジャン ロフシャン・バイラモフ
アゼルバイジャン (AZE)
アルメニア ロマン・アモヤン
アルメニア (ARM)
韓国 朴殷哲
韓国 (KOR)
60kg級[5] ロシア イスラム・アルビエフ
ロシア (RUS)
カザフスタン ヌルバキト・テニスバエフ
カザフスタン (KAZ)
中国 盛江
中国 (CHN)
キルギス ルスラン・チウメンバエフ
キルギス (KGZ)
66kg級 フランス スティーブ・ゲノ
フランス (FRA)
キルギス カナトベク・バガリエフ
キルギス (KGZ)
ウクライナ アルメン・ワルダニャン
ウクライナ (UKR)
ベラルーシ ミハイル・シャミョナウ
ベラルーシ (BLR)
74kg級 グルジア マヌシャル・クリルクベリア
グルジア (GEO)
中国 常永祥
中国 (CHN)
フランス クリストフ・ゲノ
フランス (FRA)
ブルガリア ヤボル・ヤナキエフ
ブルガリア (BUL)
84kg級 イタリア アンドレア・ミングッツィ
イタリア (ITA)
ハンガリー フォドル・ゾルタン
ハンガリー (HUN)
トルコ ナズミ・アブルカ
トルコ (TUR)
失格[6]
96kg級[7] ロシア アスランベク・フシュトフ
ロシア (RUS)
ドイツ ミルコ・エングリッヒ
ドイツ (GER)
チェコ マレク・シュベツ
チェコ (CZE)
アメリカ合衆国 アダム・ウィーラー
アメリカ合衆国 (USA)
120kg級[8] キューバ ミハイン・ロペス
キューバ (CUB)
リトアニア ミンガウダス・ミズガイティス
リトアニア (LTU)
フランス ヤニック・シュチョパニア
フランス (FRA)
アルメニア ユーリ・パトリケフ
アルメニア (ARM)

女子[編集]

フリースタイル[編集]

階級
48kg級 カナダ キャロル・ハイン
カナダ (CAN)
日本 伊調千春
日本 (JPN)
アゼルバイジャン マリア・スタドニク
アゼルバイジャン (AZE)
ウクライナ イリーナ・メルレニ
ウクライナ (UKR)
55kg級 日本 吉田沙保里
日本 (JPN)
中国 許莉
中国 (CHN)
カナダ トーニャ・バービーク
カナダ (CAN)
コロンビア ハケリン・レンテリア
コロンビア (COL)
63kg級 日本 伊調馨
日本 (JPN)
ロシア アレーナ・カルタショワ
ロシア (RUS)
カザフスタン エレーナ・シャリギナ
カザフスタン (KAZ)
アメリカ合衆国 ランディ・ミラー
アメリカ合衆国 (USA)
72kg級 中国 王嬌
中国 (CHN)
ブルガリア スタンカ・ズラテバ
ブルガリア (BUL)
日本 浜口京子
日本 (JPN)
ポーランド アグニエシュカ・ウェシュチェク
ポーランド (POL)

国・地域別のメダル獲得数[編集]

順位 国・地域
1 ロシア ロシア (RUS) 6 3 2 11
2 日本 日本 (JPN) 2 2 2 6
3 ジョージア グルジア (GEO) 2 0 2 4
4 中国 中国 (CHN) 1 2 0 3
5 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 1 1 0 2
6 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 1 0 2 3
7 カナダ カナダ (CAN) 1 0 1 2
フランス フランス (FRA) 1 0 1 2
トルコ トルコ (TUR) 1 0 1 2
10 キューバ キューバ (CUB) 1 0 0 1
イタリア イタリア (ITA) 1 0 0 1
12 ウクライナ ウクライナ (UKR) 0 2 3 5
13 アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 0 2 2 4
14 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 0 1 4 5
15 ブルガリア ブルガリア (BUL) 0 1 3 4
16 キルギス キルギス (KGZ) 0 1 1 2
17 ドイツ ドイツ (GER) 0 1 0 1
ハンガリー ハンガリー (HUN) 0 1 0 1
タジキスタン タジキスタン (TJK) 0 1 0 1
20 アルメニア アルメニア (ARM) 0 0 2 2
ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 0 0 2 2
22 コロンビア コロンビア (COL) 0 0 1 1
韓国 韓国 (KOR) 0 0 1 1
リトアニア リトアニア (LTU) 0 0 1 1
ポーランド ポーランド (POL) 0 0 1 1
イラン イラン (IRI) 0 0 1 1
インド インド (IND) 0 0 1 1
スロバキア スロバキア (SVK) 0 0 1 1
合計 18 18 35 71

脚注[編集]

  1. ^ 2位となったウクライナ ワシル・フェドルイシン (UKR)のドーピング違反が発覚し、湯元健一以下繰り上がり。55-60kg men公式結果
  2. ^ 2位となったウズベキスタン ソスラン・ティギエフ (UZB)のドーピング違反が発覚し、ムラト・ガイダロフ以下繰り上がり。66-74kg men公式結果
  3. ^ 2位となったカザフスタン タイムラズ・ティギエフ (KAZ)のドーピング違反が発覚し、ゲオルギ・ゴグチェリーゼ以下繰り上がり。84-96kg men公式結果
  4. ^ 1位となったウズベキスタン アルトゥール・タイマゾフ (UZB)のドーピング違反が発覚し、バフティヤル・アフメドフ以下繰り上がり。96-120kg men公式結果
  5. ^ 2位となったアゼルバイジャン ビタリー・ラヒモフ (AZE)のドーピング違反が発覚し、ヌルバキト・テニスバエフ以下繰り上がり。55-60kg men公式結果
  6. ^ 3位となったスウェーデン アラ・アブラハミアン (SWE)は、表彰式において銅メダルを投げ捨てた行為により、IOCはアブラハミアンの失格及び銅メダルを剥奪した。(銅メダル投げつけスウェーデン選手失格、メダルはく奪読売新聞)
  7. ^ 3位となったカザフスタン アセト・マンベトフ (KAZ)のドーピング違反が発覚し、マレク・シュベツ以下繰り上がり。84-96kg men公式結果
  8. ^ 2位となったロシア ハッサン・バロエフ (RUS)のドーピング違反が発覚し、ミンガウダス・ミズガイティス以下繰り上がり。84-96kg men公式結果

外部リンク[編集]