2008年北京オリンピックの卓球競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2008年北京オリンピック卓球競技は、北京大学体育館で2008年8月14日から8月23日までの競技日程で実施された。

概要[編集]

前回大会まで実施されていた男女ダブルスに代わり、男女団体が行われた。男女団体は3人が1組となりダブルスとシングルスで争われた。

実施種目・決勝戦日程[編集]

  • 男子シングルス -(8月23日決勝)
  • 男子 団 体  -(8月18日決勝)
  • 女子シングルス -(8月22日決勝)
  • 女子 団 体  -(8月17日決勝)

競技結果[編集]

階級
男子シングル 中国 馬琳
中国 (CHN)
中国 王皓
中国 (CHN)
中国 王励勤
中国 (CHN)
男子団体 中国 中国
馬琳
王皓
王励勤
ドイツ ドイツ
ティモ・ボル
ドミトリー・オフチャロフ
クリスティアン・ズース
韓国 韓国
呉尚垠
柳承敏
尹在栄
女子シングルス 中国 張怡寧
中国 (CHN)
中国 王楠
中国 (CHN)
中国 郭躍
中国 (CHN)
女子団体 中国 中国
郭躍
王楠
張怡寧
シンガポール シンガポール
馮天薇
リ・ジャウェイ
王越古
韓国 韓国
唐汭序
金暻娥
朴美英

各国メダル数[編集]

ランキングは「金メダル獲得数の順」→「金メダル獲得数が同じ場合は銀メダル獲得数の順」→「銀メダル獲得数が同じ場合は銅メダル獲得数の順」で決められている。従って、総獲得数の順とは必ずしも一致しないことがある。

国・地域
1 中国 中国 4 2 2 8
2 ドイツ ドイツ 0 1 0 1
シンガポール シンガポール 0 1 0 1
4 韓国 韓国 0 0 2 2

その他[編集]

2007年12月18日から19日に北京オリンピック団体戦の予行イベントとして2007グッドラック北京国際大会が開催された。形式は3名による4シングルス1ダブルスの試合方式。男子はトーナメント戦、女子はリーグ方式がとられた。 男子は中国、韓国、香港、ヨーロッパ選抜(サムソノフ、アポロニア、ガシナ)が出場。女子は中国、香港、シンガポール、ヨーロッパ選抜(ボロシュ、ウー・ジャデュオ、バーデル)が出場。 男子は中国が優勝(馬龍陳玘]、郝帥)、2位韓国。 女子は中国が優勝、2位香港だった。[1]

なお、男子は2日後のITTFトーナメントオブチャンピオンズを優先し主力を派遣しなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 卓球Report2008年2月号36ページ。

外部リンク[編集]