2008年北京オリンピックのソフトボール競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2008年北京オリンピックソフトボール競技は、豊台ソフトボール場2008年8月12日から8月21日までの競技日程で実施された。

概要[編集]

本大会で正式競技となってから4回目の開催となった。世界選手権上位国や大陸予選などを勝ち上がった8ヶ国が参加し、予選リーグ7日間(8月12日 - 8月18日)と決勝トーナメント2日間(8月20日 - 8月21日)の日程で行われた。

2005年7月IOC総会で2012年ロンドンオリンピックで本競技の正式競技からの除外が決まり、2016年以降に復活しなければこの大会が五輪で最後のソフトボール競技ということになった。このため、各国とも「最後の金メダル」を目指して死闘を繰り広げた。

そして決勝では、日本アメリカを降して金メダルを獲得した。アメリカは過去3大会で全て金メダルを獲得しており、今大会でも優勝候補の筆頭で、決勝まで圧倒的な強さで勝ちあがってきていた。そのような状況のなかでの敗戦は、アメリカ本国では衝撃が大きく「北京オリンピック最大の衝撃のひとつ」と報じられた[1]。なお、このアメリカの敗戦でオリンピックにおける公式戦の連勝記録も22でストップした[2]。一方の日本は準決勝3位決定戦決勝戦上野由岐子が3試合通じて1人で投げ抜きその球数は413にも及んだ(そのうちの4球は故意四球によるものである)。日本の一部の新聞紙では、1958年の日本シリーズにおける稲尾和久にちなんだ「神様、仏様、上野様」の見出しが躍った。そして1976年モントリオールオリンピックでのバレーボール以来、32年ぶり3回目の女子団体種目での金メダル獲得となった。

表彰式終了後、アメリカ、日本、オーストラリアの選手たちはボールで「2016」の文字をつくり、肩を組んで「Back softball!!」と何度も声をあげ、2016年のオリンピックでの正式競技復活を願った[3]。しかし、2016年リオデジャネイロオリンピックでは野球とともに復活は叶うことはなかった。

参加国[編集]

出場国・地域 出場権獲得
中国 中国 (CHN) 開催国、世界選手権4位
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 世界選手権優勝
日本 日本 (JPN) 世界選手権準優勝
オーストラリア オーストラリア (AUS) 世界選手権3位
カナダ カナダ (CAN) 世界選手権5位
チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ (TPE) アジア・オセアニア地区最終予選優勝
オランダ オランダ (NED) ヨーロッパ・アフリカ地区最終予選優勝
ベネズエラ ベネズエラ (VEN) 北中南米地区最終予選優勝

大会形式[編集]

競技は初めに総当りの予選リーグを行い、上位4チームが決勝トーナメントに進む。決勝トーナメントではページシステム方式を採用し、予選リーグ1位と2位による準決勝と予選リーグ3位と4位による準決勝を行い、予選リーグ1位と2位の勝者が決勝へ進出、敗者は予選リーグ3位と4位の勝者と3位決定戦を行う。この3位決定戦の勝者が決勝へ進出し、敗者は3位となる。

試合日程[編集]

予選リーグ[編集]

8月12日
第1試合(09:30) チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ vs カナダ カナダ
第2試合(12:00) ベネズエラ ベネズエラ vs アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
第3試合(17:00) オランダ オランダ vs 中国 中国
第4試合(19:30) 日本 日本 vs オーストラリア オーストラリア
8月13日
第5試合(09:30) ベネズエラ ベネズエラ vs 中国 中国
第6試合(12:00) アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 vs オーストラリア オーストラリア
第7試合(17:00) チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ vs 日本 日本
第8試合(19:30) オランダ オランダ vs カナダ カナダ
8月14日
第9試合(09:30) 中国 中国 vs オーストラリア オーストラリア
第10試合(12:00) カナダ カナダ vs アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 ※降雨サスペンデッドゲーム
第11試合(17:00) 日本 日本 vs オランダ オランダ
第12試合(19:30) チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ vs ベネズエラ ベネズエラ
8月15日
第13試合(09:30) 中国 中国 vs カナダ カナダ
第14試合(12:00) 日本 日本 vs アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
第10試合(14:45) カナダ カナダ vs アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
第15試合(17:00) チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ vs オーストラリア オーストラリア
第16試合(19:30) ベネズエラ ベネズエラ vs オランダ オランダ
8月16日
第17試合(09:30) 中国 中国 vs 日本 日本
第18試合(12:00) アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 vs チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ
第19試合(17:00) オランダ オランダ vs オーストラリア オーストラリア
第20試合(19:30) カナダ カナダ vs ベネズエラ ベネズエラ
8月17日
第21試合(09:30) 中国 中国 vs チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ
第22試合(12:00) 日本 日本 vs ベネズエラ ベネズエラ
第23試合(17:00) カナダ カナダ vs オーストラリア オーストラリア
第24試合(19:30) アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 vs オランダ オランダ
8月18日
第25試合(09:30) オランダ オランダ vs チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ
第26試合(12:00) アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 vs 中国 中国
第27試合(17:00) カナダ カナダ vs 日本 日本
第28試合(19:30) ベネズエラ ベネズエラ vs オーストラリア オーストラリア

決勝トーナメント[編集]

8月20日(準決勝・3位決定戦)
第29試合(09:30) アメリカ合衆国 アメリカ合衆国(予選1位) vs 日本 日本(予選2位)
第30試合(12:00) オーストラリア オーストラリア(予選3位) vs カナダ カナダ(予選4位)
第31試合(17:00) 日本 日本(第29試合の敗者) vs オーストラリア オーストラリア(第30試合の勝者)
8月21日(決勝)
第32試合(18:30) アメリカ合衆国 アメリカ合衆国(第29試合の勝者) vs 日本 日本(第31試合の勝者)

競技結果[編集]

予選リーグ[編集]

上位4チームが決勝トーナメントに進出。

順位 国・地域 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 オーストラリアの旗 カナダの旗 チャイニーズタイペイの旗 中華人民共和国の旗 ベネズエラの旗 オランダの旗 勝敗 得点 失点 勝率
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 -
7-0

3-0

8-1

7-0

9-0

11-0

8-0
7勝0敗 53 1 1.000
2 日本 日本
0-7
-
4-3

6-0

2-1

3-0

5-2

3-0
6勝1敗 23 13 .857
3 オーストラリア オーストラリア
0-3

3-4
-
4-0

3-1

3-1

9-2

8-0
5勝2敗 30 11 .714
4 カナダ カナダ
1-8

0-6

0-4
-
6-1

1-0

0-2

9-2
3勝4敗 17 23 .571
5 チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ
0-7

1-2

1-3

1-6
-
2-1

3-0

2-4
2勝5敗 10 23 .286
6 中国 中国
0-9

0-3

1-3

0-1

1-2
-
7-1

10-2
2勝5敗 19 21 .286
7 ベネズエラ ベネズエラ
0-11

2-5

2-9

2-0

0-3

1-7
-
8-0
2勝5敗 15 35 .286
8 オランダ オランダ
0-8

0-3

0-8

2-9

4-2

2-10

0-8
- 1勝6敗 8 48 .143

決勝トーナメント[編集]

ページシステムチャート[編集]

準決勝3位決定戦決勝戦
      
 予選1位アメリカ合衆国 アメリカ合衆国4
 
 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国1
   
予選2位日本 日本1 
  
 
   日本 日本
予選3位オーストラリア オーストラリア5  
  
 オーストラリア オーストラリア3
   
予選4位カナダ カナダ3 
 日本 日本3
    
 
日本 日本4
  

準決勝[編集]

  • 第1試合(第29試合):8月20日
国・地域 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 6 0
日本 日本 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 3 0
  1. 延長9回
  • 第2試合(第30試合):8月20日
国・地域 1 2 3 4 5 6 7 R H E
オーストラリア オーストラリア 0 1 1 1 0 2 0 5 5 2
カナダ カナダ 0 0 3 0 0 0 0 3 4 2

3位決定戦[編集]

  • 実施日:8月20日
国・地域 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
オーストラリア オーストラリア 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 3 7 2
日本 日本 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 1x 4 11 1
  1. 延長12回サヨナラ

決勝[編集]

  • 実施日:8月21日
国・地域 1 2 3 4 5 6 7 R H E
日本 日本 0 0 1 1 0 0 1 3 5 0
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0 0 0 1 0 0 0 1 5 2

最終順位[編集]

順位 国・地域
1 日本 日本 (JPN)
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
3 オーストラリア オーストラリア (AUS)
4 カナダ カナダ (CAN)
5 チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ (TPE)
6 中国 中国 (CHN)
7 ベネズエラ ベネズエラ (VEN)
8 オランダ オランダ (NED)

競技結果[編集]

種目
女子 日本 日本 (JPN)
峰幸代
西山麗
三科真澄
狩野亜由美
藤本索子
廣瀬芽
伊藤幸子
山田恵里
染谷美佳
江本奈穂
上野由岐子
坂井寛子
乾絵美
佐藤理恵
馬渕智子
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
ジェシカ・メンドーサ
ラビアン・ジュン
クリストル・ブストス
キャット・オスターマン
テイリア・フラワーズ
ケリー・クレッチマン
モニカ・アボット
ヴィクトリア・ガリンドー
ケイトリン・ロウ
ジェニー・フィンチ
アンドレア・デュラン
ナターシャ・ワトリー
ステイシー・ヌーブマン
ローレン・ラピン
ローラ・バーグ
オーストラリア オーストラリア (AUS)
ダニエル・スチュワート
メラニー・ロッシュ
ナタリー・ウォード
ターニャ・ハーディング
サンディー・ルイス
トレイシー・モズリー
ジャスティン・スメサルト
ケリー・ワイボーン
ステイシー・ポーター
カイリー・クロンク
ナタリー・ティトキューム
ケリー・ハーディー
ブリンダ・ライト
シモーヌ・モロー
ジョディー・ボワリング

国・地域別のメダル獲得数[編集]

順位 国・地域
1 日本 日本 (JPN) 1 0 0 1
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 0 1 0 1
3 オーストラリア オーストラリア (AUS) 0 0 1 1
合計 1 1 1 3

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]