乾絵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
ソフトボール
日本の旗 日本
ソフトボール
2004 アテネ 女子
2008 北京 女子

乾 絵美(いぬい えみ、1983年10月26日 - )は、兵庫県加古川市出身の元ソフトボール選手(捕手)。現役引退後の2020年から、女性および、トップレベルのソフトボール経験者としては日本プロ野球(NPB)で初めてのスカウトをオリックス・バファローズで務めている[1]

経歴[編集]

ソフトボール選手時代には、神戸常盤女子高等学校を経て、ルネサステクノロジ高崎事業所女子ソフトボール部に所属。ルネサスでは主将を務めた。

オリンピックのソフトボール競技では、日本代表チームの一員として、2004年のアテネ大会で銅メダル、2008年の北京大会で金メダルを獲得。両大会では同じくルネサスに所属する上野由岐子とバッテリーを組んだ。2008年の秋に紫綬褒章を受章した[2]が、翌2009年限りで現役を引退した。

2010年から、オリックス・バファローズが運営する少年野球教室「オリックス・ベースボール・アカデミー」のコーチに就任。2020年1月1日付で球団編成部のアマチュアスカウト(関西地区・静岡県担当)へ異動[1][3][4]してからは、コーチ時代の教え子(当時は小学生)だった来田涼斗[5]野口智哉[6]池田陵真[7]を担当している。ちなみに、オリックスはNPBのドラフト会議で、乾が最初に担当した来田を2020年に3巡目[8]、野口を2021年に2巡目[6]・池田を5巡目で指名[7]。3人とも、指名後に乾などとの交渉を経て入団に至った[9][7]2022年からは、中国・四国地区を担当。

脚注[編集]

  1. ^ a b オリックス、球界初の女性スカウトは北京五輪金メダリスト 人事異動発表”. デイリースポーツ (2019年12月26日). 2019年12月28日閲覧。
  2. ^ 紫綬褒章の受章者”. 47NEWS (2008年11月2日). 2015年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月7日閲覧。
  3. ^ オリックス、球界初の女性スカウト任命へ ソフト元日本代表”. 毎日新聞 (2019年12月26日). 2019年12月28日閲覧。
  4. ^ ソフト北京五輪金の乾絵美氏、球界初女性スカウトに”. 日刊スポーツ (2019年12月26日). 2019年12月28日閲覧。
  5. ^ オリックス3位来田「縁」乾スカウトは6年前コーチ”. 日刊スポーツ (2020年11月2日). 2020年11月2日閲覧。
  6. ^ a b オリックス2位の野口 球団との縁に感激 オリックスジュニア時代のコーチ乾氏が担当スカウト「恩を感じている」”. スポーツニッポン (2021年10月12日). 2021年10月12日閲覧。
  7. ^ a b c オリックス2位の野口 球団との縁に感激 オリックスジュニア時代のコーチ乾氏が担当スカウト「恩を感じている」”. スポーツニッポン (2021年10月12日). 2021年10月12日閲覧。
  8. ^ オリックスがドラフト5位・池田陵真と仮契約 目標は2年連続首位打者の吉田正尚”. BASEBALL KING (2021年11月26日). 2022年2月15日閲覧。
  9. ^ オリックス3位明石商・来田「トリプルスリー」目標”. 日刊スポーツ (2020年12月3日). 2020年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]