加藤凌平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 凌平 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-09-09) 1993年9月9日(24歳)
生誕地 日本の旗 日本 静岡県
故郷 日本の旗 日本 埼玉県草加市
身長 163 cm[1]
体重 54 kg[1]
得意種目 ゆか
所属 コナミスポーツクラブ
 
獲得メダル
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 団体総合
2012 ロンドン 団体総合
世界選手権
2015 グラスゴー 団体総合
2013 アントワープ 個人総合
2014 南寧 団体総合
2014 南寧 平行棒
ユニバーシアード
2013 カザン ゆか
2013 カザン 団体総合
2013 カザン 鉄棒
アジア体操競技選手権
2015 広島 団体総合
2015 広島 個人総合
テンプレートを表示

加藤 凌平(かとう りょうへい、1993年9月9日 - )は、日本体操競技選手

人物[編集]

静岡県生まれ、埼玉県草加市育ち。埼玉栄高等学校を卒業し順天堂大学へ進学。父親でロンドンオリンピック男子体操コーチの加藤裕之も元体操選手で1989年世界体操競技選手権代表[2][3]

2008年、国際大会(リューキンカップ)に初めて参加し、14~15 歳の部で個人1位。2011年にナショナル入りし、2011年世界体操競技選手権選考では高校生ながら日本代表補欠となった。2012年に初めて男子体操日本代表に選出され、2012年ロンドンオリンピック団体総合で銀メダル獲得に貢献。彩の国功労賞を受賞。帰国後は全日本学生体操競技選手権大会王者、翌2013年4月のワールドカップ東京大会で銀メダル獲得等、個人総合選手として急速に成長[4]

2013年5月、岩手県営体育館(盛岡市)で開催された東日本学生選手権において、つり輪演技直前のウォーミングアップで懸垂技の練習中、片方の輪とワイヤをつなぐ革製ベルトが切れた。片手でぶら下がる状態となった弾みで肩を負傷[5][6]。首や背中が交通事故のむち打ちのような症状に見舞われることとなった。事故の原因は器具の老朽化であり、このような事例は極めて稀で異例であったとのこと[7]

怪我を抱えながらも2013年NHK杯体操選手権で2位となり、2013年世界体操競技選手権に出場。個人総合では銀メダルを獲得、金メダルの内村航平と共に日本勢で1位2位を独占した[8]。またこの大会の予選にて披露した「D難度・後振り上がり脚上挙十字懸垂」の技が「カトウ」と命名された[9]

2014年5月、練習中に前年の事故による故障が再発。痛み止めの注射を打って試合に臨み[10]全日本体操競技選手権大会3位、NHK杯体操選手権3位につけて日本代表となった。2014年世界体操競技選手権では団体総合で銀メダルを獲得。個人総合では決勝進出を逃したが、種目別では平行棒で銅メダルを獲得した。

2015年は、アジア体操競技選手権広島市)では内村航平が不在の中、日本の団体総合優勝に貢献すると共に自らも個人総合を制覇する活躍を見せた[11]2015年世界体操競技選手権では怪我のため個人総合には出場せずも、日本の37年ぶりの団体優勝に貢献した。

2016年、順天堂大学を卒業し、コナミスポーツに入社した。

同年、リオデジャネイロオリンピックでは、団体総合の決勝でつり輪以外のすべてで演技し、金メダルを獲得[12]。個人総合ではぎりぎりまでメダル圏内に踏みとどまっていたが、最終種目の鉄棒で落下して11位となった。

8月14日、中国のニュースサイト・新浪(SINA)が発表した「小鮮肉トップ10」(イケメンランキング)で、第1位に選ばれている。11月、紫綬褒章を受章[13]彩の国スポーツ功労賞を受賞[14]

新川優愛とは同級生である[15]

CM出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “【体操】5種目出場の加藤、ミスなく貢献「こみ上げてくるものはあって幸せ」”. スポーツ報知. (2016年8月10日). http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160810-OHT1T50014.html 2016年8月11日閲覧。 
  2. ^ “加藤 男子最年少18歳で父との夢舞台出場果たす”. スポーツニッポン. (2012年5月6日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/05/06/kiji/K20120506003191281.html 
  3. ^ “「最大の味方は自分だぞ」加藤裕之 コーチの名言”. プレジデント. (2012年6月29日). http://president.jp/articles/-/6536 
  4. ^ 第44 回世界体操競技選手権大会(男子)プロフィール - 日本体操協会
  5. ^ “つり輪切れ、体操選手権中止 五輪代表の加藤選手負傷”. 共同通信. (2013年5月19日). http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051901001894.html 
  6. ^ “つり輪切れ大会中止 加藤肩痛める/体操”. 日刊スポーツ. (2013年5月19日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20130519-1129902.html 
  7. ^ “「20年使用も予算の都合で更新されず つり輪事故で緊急点検”. 岩手日報. (2013年5月21日). オリジナル2015年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150202174141/http://www.47news.jp/smp/news/201305/SM0521_932117.html 
  8. ^ “加藤凌平が世界体操2位で示した光明”. スポーツナビ. (2013年10月5日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/other/all/2013/columndtl/201310050002-spnavi 
  9. ^ 「カトウ」…続々新技命名/体操(2013年10月3日 日刊スポーツ 同10月5日閲覧)
  10. ^ “全日本体操選手権9日開幕 内村7連覇に挑む”. 中日新聞. (2014年5月8日). http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2014050801001674.html 
  11. ^ 加藤がけん引! 日本団体金メダル 鉄棒G難度決めガッツポーズも スポーツニッポン 2015年8月2日閲覧
  12. ^ 体操男子日本が3大会ぶり王座奪回!内村悲願の団体金メダル” (2016年8月9日). 2016年8月16日閲覧。
  13. ^ 秋の褒章、772人20団体の受章決まる 朝日新聞 2016年11月2日
  14. ^ “内村、桐生ら8人を埼玉県が表彰”. スポニチアネックス. (2016年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/30/kiji/K20161130013820760.html 2016年11月30日閲覧。 
  15. ^ “新川優愛 体操・加藤凌平との“熱愛”完全否定「タイプではないです」”. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000022-tospoweb-ent 
  16. ^ 三菱地所|さあ、世界を驚かせよう。体操ニッポンを応援しています。” (2014年8月29日). 2015年11月14日閲覧。
  17. ^ “内村航平&加藤凌平、リオ五輪の前にオフィスで“演技”を披露”. ORICON STYLE. (2016年6月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2073537/full/ 2016年6月17日閲覧。 

外部リンク[編集]