藤本索子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリンピック
ソフトボール
2008 女子

藤本 索子(ふじもと もとこ、1980年12月25日 - )は、福岡県太宰府市出身のソフトボール選手。

福岡県立三潴高等学校日本体育大学卒業。レオパレス21所属。ポジションは内野手。右投げ左打ち2003年2004年実業団ベストナイン賞、05・06・08日本代表。

2008年北京オリンピックソフトボール日本代表 金メダリスト。全試合に指名打者のポジションとしてフル出場。一進一退の苦しい試合の中、決定的な場面でヒットエンドランを成功させチームに貢献した。同年、紫綬褒章受章[1]

脚注[編集]

  1. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月2日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html 2013年1月25日閲覧。 

外部リンク[編集]