スタンカ・ズラテバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

スタンカ・ズラテバ
女子 レスリング・フリースタイル
 ブルガリア
オリンピックのレスリング競技
2008 北京 72kg級
2012 ロンドン 72kg級
レスリング世界選手権
2006 広州 72kg級
2007 バクー 72kg級
2008 東京 72kg級
2010 モスクワ 72kg級
2011 イスタンブール 72kg級
2009 ヘアニング 72kg級
レスリングヨーロッパ選手権
2006 モスクワ 72kg級
2007 ソフィア 72kg級
2008 タンペレ 72kg級
2009 ヴィリニュス 72kg級
2010 バクー 72kg級
2014 ヴァンター 75kg級
2005 ヴァルナ 72kg級
2011 ドルトムント 72kg級

スタンカ・ズラテバ(Stanka Zlateva Hristova、ブルガリア語:Станка Златева Христова、1983年3月1日 - )は、ブルガリアスリヴェン州出身の元女子レスリング選手。

経歴[編集]

ズラテバは元々七種競技の選手だったが、レスリングに転向した。2004年アテネオリンピックでは予選敗退し出場12選手中最下位の12位だった。

2006年から元世界チャンピオンのシメオン・ステレフの指導を受け急成長し、2006年・2007年世界選手権を連覇。2006年の決勝では日本の浜口京子に故意と思われる頭突きを食らわせ勝利した(この試合で浜口は鼻骨3ヶ所、頬骨1ヶ所を骨折し全治1ヶ月の重傷を負い、後に国際レスリング連盟はこの反則行為を見逃した審判を降格処分している。)。2007年は2回戦で浜口と再び対戦し第2ピリオドで浜口の投げが認められず、逆に浜口の体を巻き返したズラテバだけに得点が入りビデオチェックもないという微妙な判定に助けられ勝利(後に国際レスリング連盟は誤審を認め、試合に関わったチェアマンらを処分している)。

2008年北京オリンピックでは決勝で王嬌中国)に敗れたものの銀メダルを獲得した。

2015年に現役を引退した。ズラテバは2016年、現役時代に世界選手権を辞退することと引き換えに現金を用意されたことがあるが、この申し出を断ったことがあることを明かした[1]

主な成績[編集]

  • 2001年世界選手権68kg級 7位
  • 2002年世界選手権67kg級 8位
  • 2003年世界選手権72kg級 4位
  • 2004年アテネオリンピック72kg級 12位
  • 2005年世界選手権72kg級 5位
  • 2006年世界選手権72kg級 優勝
  • 2007年世界選手権72kg級 優勝
  • 2008年北京オリンピック72kg級 銀メダル
  • 2012年ロンドンオリンピック72kg級 銀メダル

出典[編集]

外部リンク[編集]

Template:レスリング世界選手権チャンピオン - 女子フリースタイルヘビー級