戦極 〜第五陣〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戦極 〜第五陣〜
イベント詳細
シリーズ 戦極-SENGOKU-
主催 ワールドビクトリーロード
開催年月日 2008年9月28日
開催地 日本の旗 日本
東京都渋谷区
会場 国立代々木競技場第一体育館
開始時刻 午後3時
試合数 全8試合
放送局 スカイパーフェクTV!PPV
イベント時系列
戦極 〜第四陣〜 戦極 〜第五陣〜 戦極 〜第六陣〜

戦極 〜第五陣〜(せんごく だいごじん)は、日本総合格闘技団体「戦極」の大会の一つ。2008年9月28日東京都渋谷区国立代々木競技場第一体育館で開催された。

大会概要[編集]

戦極ミドル級(-83 kg)グランプリシリーズ2008が開幕し、1回戦4試合が行われた。

メインイベントではシャンジ・ヒベイロが総合格闘技デビューを果たし、プロレスリング・ノア杉浦貴にTKO勝ち。

トラビス・ビューと対戦予定であったホジャー・グレイシーは負傷により欠場となり、6月の北京オリンピック米国代表選考会の決勝で敗退したキング・モーと対戦した[1]

試合結果[編集]

第1試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ホルヘ・マスヴィダル vs. アメリカ合衆国の旗 ライアン・シュルツ ×
1R 1:57 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 國奥麒樹真 vs. 大韓民国の旗 クォン・アソル ×
3R終了 判定3-0
第3試合 ミドル級グランプリシリーズ2008 1回戦 5分3R
アフガニスタンの旗 シアー・バハドゥルザダ vs. ブラジルの旗 エヴァンゲリスタ・サイボーグ ×
1R 0:22 TKO(レフェリーストップ:左肘の負傷)
※バハドゥルザダがグランプリ準決勝進出。
第4試合 ミドル級グランプリシリーズ2008 1回戦 5分3R
ブラジルの旗 ジョルジ・サンチアゴ vs. アメリカ合衆国の旗 ローガン・クラーク ×
2R 3:35 肩固め
※サンチアゴがグランプリ準決勝進出。
第5試合 ミドル級グランプリシリーズ2008 1回戦 5分3R
日本の旗 中村和裕 vs. イングランドの旗 ポール・カフーン ×
3R終了 判定3-0
※中村がグランプリ準決勝進出。
第6試合 ミドル級グランプリシリーズ2008 1回戦 5分3R
日本の旗 佐々木有生 vs. 日本の旗 近藤有己 ×
2R 1:08 チョークスリーパー
※佐々木がグランプリ準決勝進出。
第7試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 キング・モー vs. アメリカ合衆国の旗 トラビス・ビュー ×
1R 2:11 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 シャンジ・ヒベイロ vs. 日本の旗 杉浦貴 ×
3R 4:18 TKO(レフェリーストップ:膝蹴り)

脚注[編集]

外部リンク[編集]